NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE 5.18 の ISO インストール。(ESXi のネステッド環境)

Nutanix CE 2020.09.16(Nutanix CE 5.18)は、インストーラが USB イメージから、ISO イメージ ファイルに変更されました。今回は ESXi 上の VM(ネステッド環境)でインストールしてみます。

ただし、現時点ではインストール ドキュメントが更新されていないようなので、設定値などは前バージョンまでの経験をもとにしています。

手順は下記のような流れです。

今回の Nutanix CE VM を作成したネストの外側(物理)環境は、下記のような構成です。

  • 物理 CPU は、4 論理コア(2コアで Hyper-Threading 有効)
  • 物理メモリは、64GB
  • ESXi 6.7 U3 / vCenter 6.7 U3
  • データストア: ローカル SSD に作成した VMFS

ISO イメージ ファイルの入手

インストーラの ISO イメージ ファイルは、NEXT コミュニティのサイトからダウンロードします。なお、このサイトでは NEXT アカウントでのログインが必要です。

https://next.nutanix.com/discussion-forum-14/download-community-edition-5-18-38417

ダウンロードするファイルは「ce-2020.09.16.iso」です。 

Nutanix CE VM の作成

今回はネステッド環境に構築するので、ESXi 上に、Nutanix CE をインストールする VM を作成します。

VM の作成

まず、AHV のベースとなる Linux ディストリビューションにあわせて、「CentOS 7 (64bit)」の VM をデフォルト設定で作成しておきます。

VM の設定変更

作成した VM の設定を調整していきます。

  • CPU 数は 4 に変更し、「ハードウェア アシストによる仮想化をゲスト OS に公開」を ON にします。
  • メモリは 22GB にします。(前バージョンまでの CE 利用経験上、最小要件の16GBでは少なすぎるので少し多めにした)

f:id:gowatana:20201006222502p:plain

ハードディスクは、合計 3つ(16GB、200GB、500GB)作成しておきます。これは、シン プロビジョニング でも大丈夫です。

そして、各ハードディスクは「仮想デバイス ノード」を、SCSI コントローラではなく「SATA コントローラ 0」に変更します。

f:id:gowatana:20201006223158p:plain

ちなみに、SATA コントローラに変更していないと、インストール直後に下記のようなエラーになってしまいます。

f:id:gowatana:20201006223408p:plain

ISO イメージ ファイルの接続

Nutanix CE の ISO イメージ ファイルをデータストアにアップロードしておき、VM の CD/DVD ドライブに接続しておきます。

ISO イメージ ファイルでのインストール

VM をパワーオンして、コンソールを開きます。

この環境では VMware Workstation がインストールされているため、Workstation から vCenter に接続されていますが、通常は Web コンソールか Remote Console から VM の画面を開きます。

VM をパワーオンすると、ISO ブートによりそのままインストーラが起動されます。デフォルトでは下記のような状態となります。

f:id:gowatana:20201006213157p:plain

今回は下記の構成にして、「Next Page」に進みます。

  • Hypervisor は、AHV(ちなみに ESXi も選択可能になった)
  • ディスクの用途は、とりあえず認識したまま。(Hypervisor Boot → 16GB の sda、CVM boot → 500GB の sdc)
  • Host(AHV)の IP アドレス、サブネット マスク、デフォルト ゲートウェイを入力。
  • CVM の IP アドレス、サブネット マスク、デフォルト ゲートウェイを入力。
  • 「Create single-node cluster?」は ON にして、DNS サーバのアドレスを入力。

f:id:gowatana:20201006213741p:plain

CE EULA を読んだうえで(下までスクロールしておかないと次の画面でエラーになるので)、「I accept ~」を ON にして、「Start」で Enter キーを押します。

f:id:gowatana:20201006214809p:plain

インストール処理が開始されるので、しばらく待ちます。

処理が終了すると、下記のようにメッセージが表示されるので、VM から ISO イメージを外したうえで、「Y」を入力して Enter キーを押します。

f:id:gowatana:20201006215049p:plain

再起動され、AHV が起動します。今回はなぜか(メニューの選択に反して)シングル ノード クラスタが作成されなかったので、このあと Nutanix クラスタを作成します。

f:id:gowatana:20201006215247p:plain

Nutanix クラスタの作成

CVM に SSH ログインして、cluster create コマンドで Nutanix クラスタを作成します。この時の CVM のログイン アカウントは下記です。

  • ユーザ: nutanix
  • パスワード: nutanix/4u

CVM では、下記のようにコマンドを実行して Nutanix クラスタを作成します。

CVM$ cluster -s <CVM の IP アドレス> create

今回の環境では下記のように実行します。そしてしばらく待ちます。

CVM$ cluster -s 192.168.20.42 create

Prism へのログイン

Nutanix クラスタの作成が成功すると、Prism(Prism Element)にアクセスできるようになります。(ここからは、従来の Nutanix CE の初回ログインと同様です)

Web ブラウザから、「https://<CVM の IP アドレス>:9440」にアクセス(そしてブラウザの証明書エラーは無視)すると、Prism のログイン画面が表示されます。

初回ログインのアカウントは下記です。

  • ユーザ: admin
  • パスワード: nutanix/4u

f:id:gowatana:20201006220202p:plain

画面に従い、admin ユーザのパスワードを変更します。

f:id:gowatana:20201006220528p:plain

画面に従い、Nutanx CE のダウンロードでも使用した NEXT アカウントでログインします。ログインに失敗する場合は、CVM の DNS サーバ設定(/etc/resolv.conf ファイル)などが正しいか確認します。

f:id:gowatana:20201006220630p:plain

これで、Prism にログインできるはずです。

f:id:gowatana:20201006220927p:plain

VMware Tools のインストール

ESXi でのネステッド環境なので、Nutanix CE の AHV(CVM ではなく)に VMware Tools をインストールしておくと便利です。

AHV は CentOS ベースなので、open-vm-tools をインストールします。DNS サーバの設定ずみで、インターネット接続ができる環境であれば、yum コマンドでインストールできます。

AHV# yum install -y open-vm-tools
AHV# systemctl start vmtoolsd

以上。

©2019 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。