NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

ESXi で Nested Nutanix CE を構成してみる。(ce-2020.09.16-stable ESXi 版)

この投稿は Nutanix Advent Calendar 2020 の12月9日分です。

Nutanix CE 5.18 から、ハイパーバイザーとしてAHV だけでなく ESXi が選択できるようになりました。そこで ESXi 上のネステッド ハイパーバイザーとして ESXi 版 Nutanix CE を構築してみます。

目次

これまでの AHV 版での環境構築については、こちらもどうぞ。

今回の環境

具体的な構成については本文も参照のこと・・・

  • Nutanix CE: 5.18(ce-2020.09.16-stable)
  • 物理 ESXi: ESXi 6.7 U3。vCenter Server 6.7 U3 から管理操作しています。
  • Nutanix CE のハイパーバイザー: ESXi 7.0 GA (Build 15843807)
  • Web サーバ: Oracle Linux 7

インストーラの入手

Nutanix CE は、Nutanix Community の Webサイトから、ESXi は My VMware からダウンロードしておきます。どちらもユーザ登録が必要です。

Nutanix Community: Download Community Edition
https://next.nutanix.com/discussion-forum-14/download-community-edition-38417

My VMware: VMware vSphere Hypervisor (ESXi) 7.0.0
https://my.vmware.com/jp/web/vmware/downloads/details?downloadGroup=ESXI700&productId=974&rPId=56743

今回は、あえて最新ではない ESXi 7.0 (U1 ではない)を利用しています。使用する ESXi の ISO イメージ ファイルは、VMware-VMvisor-Installer-7.0.0-15843807.x86_64.iso です。

Web サーバの構築(ESXi インストーラ 用)

Nutanix CE のインストーラで、ESXi のダウンロード URL を指定することになるので、適当な Linux サーバなどで、Web サーバを用意して、ESXi を配置しておきます。

なお今回は Oracle Linux 7 を利用していますが、RHEL7 や CentOS7 でも同様です。

# yum install -y httpd
# rm -f /etc/httpd/conf.d/welcome.conf
# systemctl enable httpd
# systemctl start httpd
# firewall-cmd --add-port=80/tcp
# firewall-cmd --add-port=80/tcp --permanent

一応、サービス起動を確認してきます。

# systemctl is-active httpd
active

ISO イメージ ファイルは、SCP や SFTP などで、/var/www/html ディレクトリ直下に配置しておきます。インストーラで URL の入力があるため、ファイル名を短く「esxi70.iso」にしておきます。

# mv /var/www/html/VMware-VMvisor-Installer-7.0.0-15843807.x86_64.iso /var/www/html/esxi70.iso

Web サーバから ISO ファイルがダウンロードできることを確認しておきます。今回用意した Web サーバの IP アドレスは 192.168.20.200 なので、URL が http://192.168.20.200/esxi70.iso になります。

[root@lab-web-02 ~]# curl -OL http://192.168.20.200/esxi70.iso
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100  350M  100  350M    0     0  93.6M      0  0:00:03  0:00:03 --:--:-- 93.6M
[root@lab-web-02 ~]# ls
esxi70.iso

Web ブラウザからも、ISO イメージ ファイルにアクセスできるか確認しておくとよいかなと思います。

f:id:gowatana:20201209092425p:plain

物理 ESXi (ネストの外側)の準備

利用する物理マシンについて

物理 ESXi と vCenter Server は、すでに用意されていた vSphere 6.7 U3 環境を利用しています。今回インストールする Nutanix CE では ESXi 7.0 を利用するため、登録する vCenter 7.0(以降のバージョン)は別途必要になります。

今回利用した物理 ESXi ホストのスペックです。(ただし、リソース消費は、ほとんど同居している別 VM によるものです)

f:id:gowatana:20201209083554p:plain

データストアについて

Nutanix CE VM はシン プロビジョニングで作成するので、インストールをためしたり UI 確認をするだけであれば、データストアは 100GB 程度あれば十分です。ただ、HDD ではなく SSD が必須かなと思います。

ちなみに vCenter 6.7 の vSphere Client などでは、データストア容量を超える仮想ディスク作成をしようとするとエラーになってしまいます。その場合は、PowerCLI など別の方法からであれば作成できたりします。

PowerCLI> Get-VM "VM の名前" | New-HardDisk -Datastore "データストア名" -CapacityGB 500 -StorageFormat Thin

ESXi VM の作成

Nutanix CE をインストールする VM を作成します。

vCPU

何度かインストール失敗した経緯から、vCPU 数は 8にしています。ただ、成功ケースを見ると 4 vCPU でも大丈夫かもしれません。

物理マシン側では、ここで設定する vCPU 数の論理コア(Hyper-Threading のスレッド)が必要になります。

「ハードウェア アシストによる仮想化をゲスト OS に公開」を有効にしておきます。

メモリ容量

CVM とユーザ VM が起動できるように、AHV 版での経験測で、今回は 22GB にしています。

仮想ディスク

仮想ディスクは 3つ作成しておきます。

  • ハイパーバイザー インストール先: 40GB(もう少し多くてもよい)
  • データ用1: 200GB
  • データ用2、CVM boot: 500GB

仮想 SATA コントローラ

「新規デバイスを追加」から、「SATA」コントローラを追加しておきます。

f:id:gowatana:20201209135344p:plain

ハイパーバイザー インストール先以外の仮想ディスク(今回は 200GB と 500GB)は、SATA コントローラ接続にしておきます。

200 GB の仮想ディスクです。

f:id:gowatana:20201209084721p:plain

500GB の仮想ディスクです。

f:id:gowatana:20201209085013p:plain

詳細パラメータ

インストーラから仮想ディスクの ID を認識できるように、VM にパラメータを追加します。

VM の「設定の編集」→「仮想マシン オプション」→「詳細」→詳細パラメータの「設定の編集」を開きます。

f:id:gowatana:20201209092539p:plain

 「設定パラメータの追加」で、下記を追加します。

  • 名前: disk.EnableUUID
  • 値: true

f:id:gowatana:20201209092620p:plain

起動オプション

ファームウェアは「BIOS」にしておきます。

VM の「設定の編集」→「仮想マシン オプション」→「起動オプション」→「ファームウェア」で、「BIOS」を選択しておきます。

f:id:gowatana:20201209084532p:plain

仮想 CD/DVD ドライブ

Nutanix CE のインストーラをデータストアに配置したものを選択しておきます。そして「パワーオン時に接続」を有効にしておきます。

f:id:gowatana:20201209085249p:plain

vNIC とポートグループ

vNIC は、1つだけ作成しておけば Nutanix CE をインストールできます。ポートグループでは「無差別モード」と、「偽装転送」を有効(承諾)にしておきます。

f:id:gowatana:20201209093003p:plain

Nutanix CE のインストール

VM の起動 ~ インストール開始

VM をパワーオンすると、ISO イメージ ファイルからブートされて、インストーラが起動します。下記のようにパラメータを入力してから「Next Page」で次に進みます。

  • Select Hypervisor: ESXi を選択。
  • ISO URL: ESXi の ISO イメージを配置した Web サーバの URL を入力。
  • Disk Selection: hypervisor boot(H)、CVM boot(C)、data(D)を選択。
    たいていデフォルトで大丈夫だと思いますが、「Serial」が表示されていない場合は VM で仮想 SATA コントローラを選択して、disk.EnableUUID 設定してあるか確認します。
  • Host IP Address / Host Subnet Mask / Host Gateway: ESXi に設定するネットワーク情報を入力。
  • CVM IP Address / CVM Subnet Mask / CVM Gateway: CVM に設定するネットワーク情報を入力。
  • Create single-node cluster? / DNS Server: Nutanix CE インストールと同時に Nutanix クラスタを作成します。DNS Server 設定は、CVM がインターネット アクセスする際の名前解決で参照ものなので、Google Public DNS など(たとえば 8.8.8.8)でも大丈夫です。

f:id:gowatana:20201209093149p:plain

EULA を下まで読んで(Page Down キーなどでスクロールして)、「I accept the end user license agreement.」にチェックを入れてから「Start」します。

f:id:gowatana:20201209094336p:plain

VM の再起動

インストール処理が終了すると再起動要求があるので、ISO イメージを取り外してから再起動します。

f:id:gowatana:20201209085830p:plain

ISO イメージを取り出すため、VM の CD/DVD ドライブを「クライアント デバイス」などに変更します。

f:id:gowatana:20201209085921p:plain

このとき、CD-ROM ドア ロックの質問が出る(VM にオレンジのアイコンが付く)場合は、速やかに質問に応答します。(VM が静止してしまっているので)

f:id:gowatana:20201209085957p:plain

「はい」で回答します。

f:id:gowatana:20201209090028p:plain

そして、Nutanix CE インストーラの再起動確認では「Y」と Enter キーで再起動します。

f:id:gowatana:20201209123705p:plain

ESXi が起動しない場合の対処

再起動後に ESXi が起動しない場合は、VM 起動時の F2 キー(もしくは VM の「設定の編集」→「仮想マシン オプション」にある「次回起動時に、強制的に BIOS セットアップ画面に入る」)で PhoenixBIOS Setup Utility を起動して、ブート デバイス設定を変更します。

「Boot」メニューで下記のように、ハイパーバイザーのインストール先としたディスクが最上位となるように調整します。「+」と「-」キーで移動できますが、英語キーボード配列になっていると思うので「-」キーが使いやすいかなと思います。

今回の環境では、「Hard Drive」→「VMware Virtual SCSI Hard Drive (0:0) 」を一番上に移動しています。

f:id:gowatana:20201209124008p:plain

F10 キーで、保存してから終了します。

f:id:gowatana:20201209124357p:plain

これで、ESXi が起動するはずです。

f:id:gowatana:20201209124653p:plain

ESXi 起動直後は、Host Client にアクセスすると「Installing...」といったメッセージが表示されています。しばらく待つと、自動的に ESXi が再起動されて CVM の設定や Nutanix クラスタの作成などが自動実行されます。

f:id:gowatana:20201209124904p:plain

しばらく待って、あらためて Host Cient の画面にアクセスすると、通常のログイン画面が表示されます。

デフォルトの root パスワードは「nutanix/4u」が設定されています。

f:id:gowatana:20201209125012p:plain

初回ログイン時には、カスタマ エクスペリエンス改善プログラム(CEIP)への参加確認があります。これはチェック On / Off どちらでも大丈夫です。

f:id:gowatana:20201209125059p:plain

ESXi の Host Client にログインできました。

f:id:gowatana:20201209125225p:plain

CVM (NTNX-~-CVM)が起動されています。CVM が存在しない、または起動していないという場合は、インストール処理の途中か、失敗しています。たとえば、仮想ディスクで SATA コントローラを使用していないと、CVM が登録されなかったりします。

f:id:gowatana:20201209125357p:plain

Prism への初回ログイン

インストール時の single-node cluster 作成が成功していれば、Prism にアクセスできるようになっています。Web ブラウザから、CVM の IP アドレス宛にアクセスします。このとき、HTTP / 80 番ポート宛にアクセスすると、自動的に HTTPS の URL にリダイレクトされます。

初期ログインアカウントは、ユーザが「admin」、パスワードが「nutanix/4u」です。

f:id:gowatana:20201209125522p:plain

パスワード変更を要求されるので、新しいパスワードを設定します。

f:id:gowatana:20201209125809p:plain

そして、admin ユーザ / 新しいパスワードでログインします。

f:id:gowatana:20201209125938p:plain

NEXT アカウント(Nutanix Community のアカウント)でのログイン確認があります。これは、Nutanix CE をダウンロードした際の ユーザ / パスワードでログインします。インストール時に指定した DNS サーバは、このときの認証確認で必要になっています。

f:id:gowatana:20201209130110p:plain

Prism にログインできました。Hyeprvisor が ESXi になっています。

f:id:gowatana:20201209130228p:plain

ストレージ コンテナの作成

Nutanix の分散ストレージ ファブリックを、ESXi の NFS データストアとして利用するために、ストレージ コンテナを作成します。

「Storage」メニュー → 「Table」→「Storage Container」→「+ Storage Container」から、ストレージ コンテナを作成します。

ストレージ コンテナの名前(NFS データストアの名前になる)を入力してから、「Mount on all ESXi hosts」を選択して「Save」をクリックします。

f:id:gowatana:20201209130607p:plain

ストレージ コンテナ(今回は「ctr-01」)が作成されました。

f:id:gowatana:20201209130920p:plain

ESXi では、この NFS データストアがローカルスイッチ経由でマウントされます。NFS サーバの接続先 IP アドレスは、環境に関わらず必ず「192.168.5.2」になります。
ESXi の Host Client は複数台ホストがある環境にむけた機能(共有データストアなど)を操作するようにできていないので、SSH から NFS データストア接続を確認してみました。

f:id:gowatana:20201209131153p:plain

本来は Nutanix 環境でも、ESXi は vCenter Server から管理します。ここから先は、まずvCenter に ESXi を登録してから、検証 / デモ を進めるとよいかなと思います。

以上。

©2020 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。