NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE 5.18 で Karbon を有効化してみる。(作成したクラスタの様子見編)

Nutanix CE 5.18 + Prism Central の Karbon で Kubernetes クラスタを作成しました。せっかくなので、クラスタの様子を記録しておきます。

この環境での Karbon の有効化とクラスタ作成についての様子は下記です。

Prism Central - Karbon から見た Kubernetes クラスタ

現在の Karbn の Web UI は、Prism Central に組み込まれています。

今回作成したクラスタは「dev-k8s-01」という名前です。作成されたクラスタの名前をクリックすると、関連する情報が確認できます。

f:id:gowatana:20201208215808p:plain

Summary では、クラスタへの接続時に必要な API Endpoint の IP アドレスが分かります。クラスタの状態やノード数なども確認することができます。

f:id:gowatana:20201208220448p:plain

Alart や Task の情報も確認できます。クラスタ作成時に指定したリソース割り当てが少ないと、作成は成功しても一部の Pod が起動できなかったりします。スペック低めの物理マシン1台ということもあり、Prometheus 関連の Pod 起動が失敗しています。

f:id:gowatana:20201208220737p:plain

Storage Class。

f:id:gowatana:20201208221115p:plain

Volumes。ちなみに Karbon によって作成されたクラスタは、デフォルトで Kubernetes による永続ボリュームとして Nutanix Volumes を利用できるように連携設定されます。

f:id:gowatana:20201208221138p:plain

Add-on。Logging の「Launch」をクリックすると・・・

f:id:gowatana:20201208221500p:plain

Prism Central とは別のブラウザ タブにて、組み込みの Kibana の画面が開きます。

f:id:gowatana:20201208221538p:plain

そして、ログを確認することができます。

f:id:gowatana:20201208221614p:plain

Nodes では、ノード種類ごとの情報が確認できます。「Development Cluster」として作成したので、今回は各種1ノードずつです。

Master。

f:id:gowatana:20201208222037p:plain

Worker。ちなみに Add Worker でノードを追加できますが、この環境では物理リソースの制限により 1ノードのみ・・・

f:id:gowatana:20201208221734p:plain

etcd。

f:id:gowatana:20201208221751p:plain

Prism Element から見た Kubernetes クラスタ

Prism Element では、Kubernetes ノードになっている VM を確認できます。master / worker / etcd の 3種類とも普通のユーザ VM です。

f:id:gowatana:20201208222331p:plain

Nutanix Volumes(Volume Group)。名前から、Kubernetes の PVC に紐づけられていることがわかります。これはゲスト OS の iSCSI Target から接続されています。(VM 接続ではなく)

f:id:gowatana:20201208223821p:plain

つづくかもしれない。

©2020 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。