NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE で IPAM 有効なネットワークを作成してみる。

Nutanix CE で、IPAM(IP アドレス管理)が有効な AHV ネットワークを作成してみます。ちなみに、AHV のネットワークは、Prism Element / Prism Central のどちらからでも作成できます。

今回の Nutanix CE は下記。

  • Nutanix CE 5.18(ce-2020.09.16-stable)
  • Prism Central pc.2020.09.16

今回の流れ。

Prism Element での AHV ネットワーク作成(IPAM 有効)

Prism Element では、「設定」や「仮想マシン」といったメニューから AHV のネットワークを作成できます。今回は「設定」メニューから作成します。

Prism Element の「設定」メニュー→「ネットワーク構成」→「仮想ネットワーク」を開いて、「ネットワーク作成」をクリックします。

f:id:gowatana:20201205233541p:plain

名前と、VLAN ID を入力して、「IP アドレス管理を可能にする」にチェックを入れます。

f:id:gowatana:20201205233755p:plain

下にスクロールして、ネットワーク アドレスと、ゲートウェイ アドレスを入力します。

「ドメイン設定の構成」では、DNS サーバの設定をすることもできます。

f:id:gowatana:20201205233917p:plain

さらに下にスクロールして、「プールを作成」では、DHCP サーバから払い出す IP アドレスのプールを作成できます。

f:id:gowatana:20201205234258p:plain

IP プールの追加では「開始アドレス」と「終了アドレス」を入力して、「送信」をクリックします。

f:id:gowatana:20201205234525p:plain

IP プールが作成されたことを確認して、「保存」をクリックします。

ちなみに、デフォルトでは DHCP サーバのアドレスがネットワークの末尾のアドレス(今回の例だと 192.168.7.254)になりますが、「DHCP サーバーのオーバーライド」で変更できます。

f:id:gowatana:20201205234653p:plain

ネットワークが作成されました。

f:id:gowatana:20201205234937p:plain

作成されたネットワークは、VM に Network Adaptor を追加する際に選択できるようになります。

f:id:gowatana:20201205235142p:plain

Prism Central での AHV ネットワーク作成

ネットワークは、Prism Central からでも作成できます。

「仮想インフラ」メニュー →「サブネット」を開きます。

f:id:gowatana:20201205235257p:plain

「ネットワーク設定」をクリックします。

f:id:gowatana:20201205235337p:plain

ネットワークを作成する Prism Element を選択して「OK」をクリックすると・・・

f:id:gowatana:20201205235446p:plain

Prism Element でネットワークを作成した画面と同様のものが表示されるので、さきほどと同様の手順を実施します。

f:id:gowatana:20201205235555p:plain

おまけ

この IPAM による DHCP 機能は、CVM が DHCP サーバとなり、AHV の仮想スイッチとの連携によって実現されています。そのため、IP アドレスを払い出せるのは、AHV 上の VM のみです。

以上。

 

 

©2021 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。