NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

acli で VM 削除自動化くん。

AHV

この投稿は、[4枚目]Nutanix Advent Calendar 2019 の 8日目です。 Nutanix CE に VM をたくさん作成したので、まとめて削除してみます。

Nutanix Flow で vNIC 遮断自動化くん。(Nutanix CE 編)

この投稿は、[4枚目]Nutanix Advent Calendar 2019 の 4日目です。 Nutanix CE + Prism Central で、Nutanix Flow で vNIC の通信を遮断してみます。 Nutanix Flow のもつ「Quarantine」(隔離、もしくは検疫といった意味)という機能を利用します。これは、…

acli で vNIC 追加自動化くん。(Test / Bash 編)

AHV

この投稿は、[4枚目]Nutanix Advent Calendar 2019 の 2日目です。 なんだこれ - What's This? 前日は Excel だったので、今日は Text ファイルと bash にしました。

Nutanix CE を Prism Central に登録する。(ncli 編)

Nutanix CE を、Prism Central に ncli で登録してみます。(ただし、一般的には Prism Element の Web コンソールから登録します。) 環境は下記です。 Nutanix バージョン: CE 2019.02.11-stable 今回の IP アドレス: 192.168.20.42 Prism Central バー…

Nutanix CE の Prism Central をセットアップする。(2019.02.28-stable)

Nutanix CE には、CE むけの Prism Central が提供されています。しかし、いわゆる 1-Click でのデプロイをためすと失敗してしまうので、工夫しつつセットアップしてみます。 今回のソフトウェア バージョンは下記です。 Nutanix CE: 2019.02.11-stable(物…

Nutanix Advent Calendarのすすめ。(Meetsup #47)

Nutanix Meetup #47 にて、今年のアドベントカレンダーのお誘いをしてきました。

Nutanix CE での VM 削除ずみスナップショットの操作。

Nutanix CE ではハイパーバイザで AHV を利用しており、VM 単位のスナップショットを取得できます。 今回は、VM を削除したときに残されたスナップショットを確認/操作してみます。なお今回の「スナップショット」は、Protection Domain(PD)スナップショ…

Nutanix .NEXT 2019 EU の気になったスライド。(自分むけ)

NEXT コミュニティの .NEXT Conference 2019 ページに、EU(コペンハーゲン)開催分のブレークアウト セッションのスライドが公開されました。タイトルが「NEXTEU2019」となっているものです。 このうち、いくつか自分むけのおすすめリンクを残しておこうと…

Nutanix CE で Windows Sysprep と応答ファイルで AD ドメイン参加してみる。(acli 編)

Nutanix AHV では、VM を作成/クローンするときに、カスタム スクリプトとして Sysprep の応答ファイルを指定することができます。 前回は、GUI(Prism)を利用して、カスタム スクリプトによる Windows ゲスト OS の AD(Active Directory)ドメイン参加を…

Nutanix CE で Windows Sysprep と応答ファイルで AD ドメイン参加してみる。(Prism 編)

Nutanix AHV では、VM を作成/クローンするときに、ゲスト OS の初回起動時に実行されるカスタムスクリプトを指定することができます。Linux の場合は cloud-init、Windows では、Sysprep と応答ファイルの仕組みが利用されています。 今回は、カスタム ス…

AHV の Image Service 登録で Linux DISK イメージが起動できない場合の対処例。

今回は、Image Service で ESXi から Nutanix CE / AHV に移行した Oracle Linux 7 (OL7)のブート トラブルの対処をしてみます。 AHV では、vDisk として VirtIO デバイスを利用します。そのため、VM 移行では、移行元でゲスト OS に virtio デバイスのド…

Nutanix CE での VG 統合。

Nutanix Volumes の 2つの Volume Group(VG)を、1つにまとめてみます。今回の Nutanix CE のバージョンは ce-2019.02.11-stable です。今回の VG は、Nutanix Volumes の Internal 接続(VM に直接接続)をしています。

Nutanix CE の AHV / CVM ホスト名を変更してみる。

デモ環境などで、AHV / CVM の名前をわかりやすいものに変更したい場合があり、Nutanix CE の AHV と CVM のホスト名を変更してみます。 今回は下記のように変更します。 CVM: NTNX-43457035-A-CVM → NTNX-CE-A-CVM AHV: NTNX-43457035-A → NTNX-CE-A Prism…

エンタープライズ空を飛ぶ。(Meetsup #42)

書籍第2弾発売記念 のNutanix Meetup #42 で登壇してきました。 私の担当した章は主に 2 ~ 5章で、AOS と AHV の基礎的な部分です。 執筆者的な目玉部分は下記のあたりです。

Nutanix CE の REST API v2 で VM のタイムゾーン設定を確認してみる。

Nutanix CE で、REST API から VM のタイムゾーン設定を確認してみます。AHV ではゲスト OS の種類(Windows / Linux)ごとに VM のタイムゾーン設定を変更するケースがあるので、その時の確認に利用できそうかなと思います。 今回は、Nutanix 外部の Linux …

Nutanix の日本語書籍 第2弾が発売されます。

もうすぐ Nutanix の書籍「Nutanix Enterprise Cloud クラウド発想のITインフラ技術」が発売されます。そこそこ読みごたえのある、エンジニア向けの、いまの Nutanix の総合解説書、のはずです。

Nutanix .NEXT 2019 アナハイムのおすすめスライド。(自分むけ)

Nutanix .NEXT 2019 アナハイムのブレークアウトセッションのスライドが公開されました。 自分むけのおすすめスライドのリンクを残しておこうと思います。

Nutanix CE の Linux ゲスト OS のタイムゾーン設定。

AHV

Nutanix CE の AHV はシステムクロックが UTC で、ユーザ VM の「VMのハードウェアクロック」は、起動した時点では AHV のもつ時間を基準に時刻設定されます。このVMのハードウェアクロックには hwclock_timezone というタイムゾーン設定があります。 Prism …

Nutanix AHV におけるスナップショット & バックアップ。

Nutanix Meetup #37 での、AHV でのスナップショットとバックアップの話です。下記のような内容です。 今回の「スナップショット」や「バックアップ」の対象となる、AHV の VM と vDisk の関係について。(ついでに VMとvDiskのiSCSI接続の様子も) Nutanix …

Nutanix Test Drive にログインして日本語にしてみる。

Nutanix の Test Drive が新しくなりました。 Google Cloud Platform で稼働しています。 www.nutanix.com とりあえずログインして、日本語にしてみます。

ある日の NTC の昼休み。(Meetsup #35)

昼休みに、日本の Nutanix Community Meetup #35 のライトニングトーク(LT)むけに、2018年12月の自分の Nutanix CE / AHV 関連のアドベントカレンダー投稿を、ある程度関連ある順番で並べてみました。

Nutanix AHV の VM からディスク イメージを作成する。(Python)

Nutanix AHV の VM から、イメージサービスに Disk イメージを登録してみます。前回は Bash スクリプトだったので、今回は Nutanix REST API v2 + Python です。今回も、Nutanix CE は ce-2018.05.01-stable を利用しています。

Nutanix AHV の VM からディスク イメージを作成する。(Bash)

Nutanix CE / AHV では、VM の vDisk からディスクイメージを作成する場合には、Prism にメニューがないため、CVM の acli コマンドを利用することになります。そこで、VM からディスク イメージを作成する簡易スクリプトを作成してみました。 vDisk が 2つ…

Nutanix AHV の VM Snapshot を Ansible で取得してみる。

Nutanix RAST API v2 を利用して、Ansible で AHV の VM スナップショットを取得してみます。今回の Nutanix CE バージョンも ce-2018.05.01-stable です。 Ansible の uri モジュールを利用します。uri - Interacts with webservices — Ansible Documentati…

Nutanix CE / AHV に Terraform で VM 作成してみる。

Nutanix CE / AHV に、Terraform で VM を作成してみます。Terraform の Nutanix Provider を利用します。Nutanix CE は ce-2018.05.01-stable を利用しています。 www.terraform.io

Nutanix Guest Tools をインストールしてみる。(ce-2018.05.01-stable / Linux 編)

Nutanix CE ce-2018.05.01-stable の Nutanix Guest Tools を Linux VM にインストールしてみます。 以前の投稿のときとは異なり、最近の NGT では python-setuptools がインストールされていなくても、インストールできます。

Nutanix AHV での簡易 VM バックアップ / リストア。

仮想化基盤では、VM への作業の直前にスナップショットを取得しておき、作業が正常に完了できたらそのスナップショット削除する、という運用をすることがあります。 Nutanix AHV の VM で、VM スナップショットでのバックアップ / リストア を試してみます。…

Nutanix AHV で VM を別ストレージ コンテナに移動してみる。

Nutanix AHV で、VM を別のストレージ コンテナに移動をしてみます。 今回のシナリオは下記です。 Nutanix CE ce-2018.05.01-stable の AHV 対象 VMは、vm01 vDisk は 1つだけ。VM に接続しているアドレスは scsi.0 移動するストレージ コンテナは st-contai…

Nutanix CE むけ acli 踏み台を構築してみる。

Nutanix CE / AHV で acli を利用するときに、通常は CVM に SSH ログインすることになります。自宅ラボ運用を便利にすべく、Linux サーバで acli 踏み台を構築してみました。 まず、SSH 鍵認証で CVM にアクセスできるようにしておきます。 これでパスワー…

Nutanix CVM / AHV への SSH 鍵認証。

Nutanix CE の CVM / AHV に、SSH 鍵認証でログインしてみます。今回もバージョンは ce-2018.05.01-stable です。 ログイン元は、Linux の踏み台サーバを想定しています。 SSH 鍵の生成 まず、SSH で利用するために鍵ファイルのペアを生成します。 [gowatana…

©2019 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。