NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

AHV の OpenFlow ルール表示を工夫してみる。

Nutanix CE の AHV では、ネットワーク関連の機能で Open vSwitch ブリッジの OpenFlow ルールが利用されています。

Open vSwitch の OpenFlow ルールは、ovs-ofctl dump-flows コマンドで確認できますが、デフォルトでは Stats 情報も表示されます。

[root@NTNX-1345a952-A ~]# ovs-ofctl dump-flows br0
 cookie=0x0, duration=679.433s, table=0, n_packets=0, n_bytes=0, priority=42,dl_type=0x9000 actions=drop
 cookie=0x0, duration=679.433s, table=0, n_packets=52, n_bytes=3800, priority=41,in_port="br0.u" actions=resubmit(,3)
 cookie=0x0, duration=703.505s, table=0, n_packets=231204, n_bytes=535866215, priority=0 actions=NORMAL
 cookie=0x0, duration=679.433s, table=0, n_packets=3731512, n_bytes=7947552515, priority=40 actions=resubmit(,3)
 cookie=0x0, duration=679.433s, table=3, n_packets=20, n_bytes=840, priority=1,arp,in_port="br0.u" actions=NORMAL,output:"br0-arp"
 cookie=0x0, duration=679.433s, table=3, n_packets=0, n_bytes=0, priority=1,udp,in_port="br0.u",tp_dst=67 actions=NORMAL,output:"br0-arp"
 cookie=0x0, duration=679.433s, table=3, n_packets=6, n_bytes=2169, priority=1,udp,tp_dst=68 actions=NORMAL,output:"br0-arp"
 cookie=0x0, duration=679.433s, table=3, n_packets=3731538, n_bytes=7947553306, priority=0 actions=NORMAL

そこで、Stats 情報を省略する「--no-stats」 オプションを使用すると、すこしルールの内容を確認しやすくなります。

続きを読む

Nutanix AHV で vNIC の一覧を取得してみる。(Python)

Nutanix AHV のネットワークや仮想スイッチの様子を確認しているときに、特定時点での vNIC の名前を記録しておきたいことがあります。そこで、Nutanix REST API を利用して vNIC の一覧を取得するスクリプトを作成してみました。

  • 今回のスクリプト
  • 今回の実行環境
  • スクリプトの実行例
続きを読む

Nutanix AHV vNIC での tap の名前付与の様子。

今回は、Nutanix AHV の vNIC で、tap の名前が自動付与される様子を確認してみます。

Nutanix AHV の VM に作成される vNIC には、対応する tap デバイスが作成されます。

tap デバイスの名前は、AHV ホストごとに一意の名前になっています。

そこで、Nutanix CE 2020.09.16 の Nutanix クラスタで、tap の様子を確認してみます。

続きを読む

Nutanix CE の Open vSwitch ブリッジ チェーンを整形出力してみる。

Nutanix AHV では、Open vSwitch で多段のブリッジ チェーンが構成されています。ぱっと見ると様子がわかりにくいので、bash スクリプトでチェーンの確認しやすいように、ブリッジとポートを並び替えてみます。

ちょっと古い投稿ですが、AHV のブリッジ チェーンの様子は下記のような感じです。

今回の内容です。

  • スクリプトの用意
  • スクリプトの実行
  • AHV 実機以外でのスクリプト実行
続きを読む

Nutanix CE の SCMA(Security Configuration Management Automation)の様子。

Nutanix AOS には、SCMA(Security Configuration Management Automation)という自動的にセキュリティ設定を修正する機能が実装されています。

Nutanix CE にも商用版 Nutanix と同様に SCMA が実装されているので、様子を見てみます。今回の環境は、Nutanix CE 2020.09.16 です。

今回の内容です。

  • SCMA について
  • CVM の SCMA の様子
  • AHV の SCMA の様子
続きを読む

Nutanix バイブルの AOS 6.1 対応について。(Nutanix Meetup 22.05)

Nutanix Meetup Online 22.05 にて、最近の Nutanix バイブルと、その日本語版について紹介しました。

nutanix.connpass.com

今回の内容です。

  • 現行の Nutanix Bible について
    • The Nutanix Bible v2.0
    • The Nutanix Bible v2.0 Classic UI / Classic Edition
    • Nutanix バイブル(日本語版)
  • 日本語版 Nutanix バイブル更新の様子
    • 日本語版バイブル更新の様子(基本パターン)
  • Nutanix Bible の、これまでの大きなイベント
  • 日本語版(翻訳)の最近のトレンド
  • 直近の Nutanix バイブルの主な更新
  • AOS 6.1 新機能関連の更新について
  • 最後に
  • 録画
続きを読む

Nutanix Ansible Collection v1.0 をインストールしてみる。

最近、Nutanix 公式の Ansible Collectin がリリースされたので、Linux にインストールしてみます。Ansible Collectin の名前は「nutanix.ncp」です。

今回の内容です。

  • Nutanix と Ansible モジュール
  • Ansible 実行環境の準備
  • Ansible Collectin(nutanix.ncp)のインストール
  • VM の作成
続きを読む

Nutanix PowerShell Cmdlets v2.0 をコンテナにしてみる。

Nutanix PowerShell Cmdlets v2.0 を、Docker / Podman などで利用できるコンテナにしてみます。

今回の内容です。

  • 今回の環境
  • コンテナ イメージの作成
    • Dockerfile
    • Podman でのビルド
  • コンテナの起動
    • 対話モードでの実行
    • スクリプトの実行
  • (おまけ)Docker Hub から実行
続きを読む

Nutanix PowerShell Cmdlets v2.0 でコマンドレットの Prefix を設定してみる。

Nutanix PowerShell Cmdlets v2.0(Nutanix.Cli)には、Get-Cluster や Get-VM といったコマンドレットが含まれています。これらは、VMware PowerCLI や Hyper-V PowerShell モジュールをインストールしてある環境だと、同名コマンドレットなので競合します。

ちなみに、Cmdlets v1 では、だいたいコマンドレットの名詞部分が NTNX や Nutanix といった名前で始まるので競合しませんでした。

そこで今回は、Nutanix Cmdlet v2.0 でコマンドレットの Prefix を設定してみます。

今回の内容です。

  • 今回の環境
  • コマンドレット競合の様子
  • コマンドレットへの Prefix 指定
続きを読む

Nutanix PowerShell Cmdlets v2.0 で実行したタスクの結果を確認してみる。

Nutanix PowerShell Cmdlets v2.0 で、コマンドレットの実行によるタスクのステータスを確認してみます。これは、その場での成功確認だけでなく、スクリプトでコマンドレットの実行完了を待って後続処理を進めるような場合に利用できます。

今回の実行環境は前回と同様です。

続きを読む
©2021 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。