NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE の Prism 日本語化について。

Nutanix CE は、デフォルトだと英語表示なので、日本語に変更してみます。今回の Nutanix CE バージョンは、2019.11.22 です。

ユーザの言語変更

Prism の言語は、ユーザごとに設定することになります。Nutanix クラスタを作成した時点では admin ユーザのみなので、ここでは admin でログインしています。

Prism の「Settings」メニューを開きます。

f:id:gowatana:20200315220225p:plain

「Language Settings」で、「日本語 (Japanese)」を選択して、「Save」します。このとき、Region は自動的に Language にあわせて「Japan」になります。

f:id:gowatana:20200315220758p:plain

Prism の画面がリフレッシュされると、日本語になります。

f:id:gowatana:20200315221112p:plain

ユーザ作成時の言語設定

Prism には、admin 以外のローカルユーザを追加作成できます。言語設定は、ユーザ作成時に指定することもできます。

ユーザを作成するには、「設定」→「ローカルユーザー管理」で、「新ユーザ」をクリックします。

f:id:gowatana:20200315221410p:plain

「ユーザの作成」画面で、作成するユーザのパラメータを入力しつつ、「言語」で「ja-JP」を選択して保存します。

f:id:gowatana:20200315221617p:plain

今回は、「gowatana」ユーザを作成してみました。

f:id:gowatana:20200315221902p:plain

いったん admin ユーザから「サインアウト」して・・・

f:id:gowatana:20200315222041p:plain

作成したユーザでログインすると・・・

f:id:gowatana:20200315222446p:plain

ja-JP 設定で作成したユーザであれば Prism が日本語表示になっているはずです。

f:id:gowatana:20200315222917p:plain

以上。

 



©2019 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。