NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE を ncli で初期設定してみる。

Nutanix CE のクラスタ作成後の設定は、Prism から実施できます。しかしここでは、あえて CLI で実施してみます。

Nutainx HCI を操作する主要な CLI として ncli と acli があります。どちらも CVM にログインすると実行できる CLI ですが、それぞれ担当範囲が異なります。

  • ncli → おもに Nutanix クラスターの部分。
  • acli → おもに AHV(ハイパーバイザ)の設定。

今回は、ncli の部分です。

前提

Nutanix クラスタを作成ずみ(インストーラでシングルノード クラスタ作成しておくか、cluster create の実行ずみ)の状態の CVM でコマンド実行します。

Nutanix CE セットアップ全体の流れは、こちらをどうぞ。

cluster create コマンドでのクラスタ作成については、こちらをどうぞ。

ncli の実行方法

ncli は、CVM に nutanix ユーザでログインして「ncli」コマンドで起動します。

  • そのままオプションなどを続けて「ncli ~」と実行することができる。
  • 「nci」とだけ実行すると「<ncli>」プロンプトになり、対話形式で実行できる。

対話形式では、TAB キーによるコマンド補完ができるため、サブコマンドやオプションがわからない場合には、対話モードで調べながら作業することができます。また、SSH で CVM に接続している場合は、ncli を対話形式で実行するとタイムアウトによる自動切断を避けることができ、おちついて操作したい場合は対話モードが便利です。

一方、「ncli ~」といった形式は、シェルスクリプト などから ncli を実行する場合などに利用できます。

対話モードを実行すると、下記のような感じになります。

f:id:gowatana:20200315113146p:plain

ただし今回は、非対話のモード(ncli ~)で実行していきます。

Nutanix クラスタ名の設定

クラスタに名前を付けることで、複数のクラスタがある場合などに識別しやすくなります。たとえば、クラスタからのアラートメールの件名にも、クラスタ名が記載されたりします。

Nutanix クラスタの設定の多くは、ncli cluster get-params で確認できます。

nutanix@NTNX-f2bcd887-A-CVM:192.168.20.42:~$ ncli cluster get-params

    Cluster Id                : 0005a031-a5c4-d367-5eff-1803733aa4f7::6845216361723634935
    Cluster Uuid              : 0005a031-a5c4-d367-5eff-1803733aa4f7
    Cluster Name              : Unnamed
    Cluster Version           : 2019.11.22
    Cluster Full Version      : el7.3-release-ce-2019.11.22-stable-71e4b09532462bda07317f35f148aed9fbdc74b0
    External IP address       :
    Node Count                : 1
    Block Count               : 1
    Shadow Clones Status      : Enabled
    Has Self Encrypting Disk  : no
    Cluster Masquerading I... :
    Cluster Masquerading PORT :
    Is registered to PC       : false
    Is LTS                    : false
    External Data Services... :
    Support Verbosity Level   : BASIC_COREDUMP
    Lock Down Status          : Disabled
    Password Remote Login ... : Enabled
    Timezone                  : UTC
    On-Disk Dedup             : Disabled
    NCC Version               : ncc-3.9.0
    Common Criteria Mode      : Disabled
    Degraded Node Monitoring  : Enabled

デフォルトは、Unnamed です。

nutanix@NTNX-f2bcd887-A-CVM:192.168.20.42:~$ ncli cluster get-params | grep 'Cluster Name'
    Cluster Name              : Unnamed

クラスタ名を変更します。ncli cluster edit-params を実行すると、設定変更後の情報も表示されます。

nutanix@NTNX-f2bcd887-A-CVM:192.168.20.42:~$ ncli cluster edit-params new-name=lab-nxce-02

    Cluster Id                : 0005a031-a5c4-d367-5eff-1803733aa4f7::6845216361723634935
    Cluster Uuid              : 0005a031-a5c4-d367-5eff-1803733aa4f7
    Cluster Name              : lab-nxce-02
    Cluster Version           : 2019.11.22
    Cluster Full Version      : el7.3-release-ce-2019.11.22-stable-71e4b09532462bda07317f35f148aed9fbdc74b0
    External IP address       :
    Node Count                : 1
    Block Count               : 1
    Shadow Clones Status      : Enabled
    Has Self Encrypting Disk  : no
    Cluster Masquerading I... :
    Cluster Masquerading PORT :
    Is registered to PC       : false
    Is LTS                    : false
    External Data Services... :
    Support Verbosity Level   : BASIC_COREDUMP
    Lock Down Status          : Disabled
    Password Remote Login ... : Enabled
    Timezone                  : UTC
    On-Disk Dedup             : Disabled
    NCC Version               : ncc-3.9.0
    Common Criteria Mode      : Disabled
    Degraded Node Monitoring  : Enabled

Nutanix クラスタ VIP アドレスの設定

VIP アドレスを指定して Prism にアクセスすると、クラスタを構成する CVM のどれかにうまいぐあいに接続できるようになります。ちなみに、VIP でなく 各 CVM の IP アドレスを指定しても、Prism にはアクセスできます。

Nutanix クラスタの VIP 設定も、ncli cluster get-params で確認できます。この Nutanix クラスタでは、VIP が未設定です。

nutanix@NTNX-f2bcd887-A-CVM:192.168.20.42:~$ ncli cluster get-params | grep 'External IP address'
    External IP address       :

VIP アドレスを設定します。

nutanix@NTNX-f2bcd887-A-CVM:192.168.20.42:~$ ncli cluster edit-params external-ip-address=192.168.20.40

    Cluster Id                : 0005a031-a5c4-d367-5eff-1803733aa4f7::6845216361723634935
    Cluster Uuid              : 0005a031-a5c4-d367-5eff-1803733aa4f7
    Cluster Name              : lab-nxce-02
    Cluster Version           : 2019.11.22
    Cluster Full Version      : el7.3-release-ce-2019.11.22-stable-71e4b09532462bda07317f35f148aed9fbdc74b0
    External IP address       : 192.168.20.40
    Node Count                : 1
    Block Count               : 1
    Shadow Clones Status      : Enabled
    Has Self Encrypting Disk  : no
    Cluster Masquerading I... :
    Cluster Masquerading PORT :
    Is registered to PC       : false
    Is LTS                    : false
    External Data Services... :
    Support Verbosity Level   : BASIC_COREDUMP
    Lock Down Status          : Disabled
    Password Remote Login ... : Enabled
    Timezone                  : UTC
    On-Disk Dedup             : Disabled
    NCC Version               : ncc-3.9.0
    Common Criteria Mode      : Disabled
    Degraded Node Monitoring  : Enabled

DNS サーバの設定

DNS の名前解決は、Prism に初回ログインするときや、ソフトウェア アップデートをインターネット経由でダウンロードする際に必要になります。DNS サーバの初期設定は、クラスター作成時の指定によります。

DNS サーバは、ncli cluster get-name-servers で確認できます。このクラスタでは 8.8.8.8 と 8.8.4.4 が指定されています。

nutanix@NTNX-f2bcd887-A-CVM:192.168.20.42:~$ ncli cluster get-name-servers

    Name Servers              : 8.8.8.8, 8.8.4.4

別の DNS サーバに、設定変更します。この環境では DNS サーバを参照する機能を利用していないタイミングなので、削除 → 再登録します。

DNS サーバを削除します。

nutanix@NTNX-f2bcd887-A-CVM:192.168.20.42:~$ ncli cluster remove-from-name-servers servers=8.8.8.8

    Name Servers              : 8.8.4.4
nutanix@NTNX-f2bcd887-A-CVM:192.168.20.42:~$ ncli cluster remove-from-name-servers servers=8.8.4.4

    Name Servers              :

代わりの DNS サーバを 2つ登録します。

nutanix@NTNX-f2bcd887-A-CVM:192.168.20.42:~$ ncli cluster add-to-name-servers servers=192.168.1.101

    Name Servers              : 192.168.1.101
nutanix@NTNX-f2bcd887-A-CVM:192.168.20.42:~$ ncli cluster add-to-name-servers servers=192.168.1.102

    Name Servers              : 192.168.1.101, 192.168.1.102

NTP サーバの設定

時刻同期のための設定です。このクラスタでは、2つ NTP サーバが設定されています。

nutanix@NTNX-f2bcd887-A-CVM:192.168.20.42:~$ ncli cluster get-ntp-servers

    NTP Servers               : 1.pool.ntp.org, 0.pool.ntp.org

設定変更するため、既存の NTP サーバを削除します。

nutanix@NTNX-f2bcd887-A-CVM:192.168.20.42:~$ ncli cluster remove-from-ntp-servers servers=0.pool.ntp.org

    NTP Servers               : 1.pool.ntp.org
nutanix@NTNX-f2bcd887-A-CVM:192.168.20.42:~$ ncli cluster remove-from-ntp-servers servers=1.pool.ntp.org

    NTP Servers               :

NTP サーバを 2つ登録します。

nutanix@NTNX-f2bcd887-A-CVM:192.168.20.42:~$ ncli cluster add-to-ntp-servers servers=192.168.1.101

    NTP Servers               : 192.168.1.101
nutanix@NTNX-f2bcd887-A-CVM:192.168.20.42:~$ ncli cluster add-to-ntp-servers servers=192.168.1.102

    NTP Servers               : 192.168.1.101, 192.168.1.102

ストレージ プールの確認

Nutanix 環境でローカル ディスクを利用するうえで、まずストレージ プールというものを作成して、そこにストレージ コンテナを作成します。

Nutanix クラスターを作成すると、ストレージ プールは自動的に作成されます。

「Storage」→「Table」→「Storage Pool」で、ストレージ プールを確認できます。

f:id:gowatana:20200315113843p:plain

通常は ストレージ プールを追加/再作成することはないので、ここでは情報確認だけしておきます。

nutanix@NTNX-f2bcd887-A-CVM:192.168.20.42:~$ ncli storagepool list

    Id                        : 0005a031-a5c4-d367-5eff-1803733aa4f7::3
    Uuid                      : 93c15051-a3e4-4ee8-b466-fb1d5120b427
    Name                      : default-storage-pool-33013026607952
    Disk Count                : 2
    Disk Ids                  : 0005a031-a5c4-d367-5eff-1803733aa4f7::11, 0005a031-a5c4-d367-5eff-1803733aa4f7::12
    Capacity (Physical)       : 644.88 GiB (692,431,684,502 bytes)
    Used (Physical)           : 80.72 MiB (84,639,744 bytes)
    Free (Physical)           : 644.8 GiB (692,347,044,758 bytes)

ストレージ コンテナの確認

Nutanix クラスターを作成すると、ストレージ コンテナも自動的に作成されます。

「Storage」→「Table」→「Storage Pool」で、ストレージ コンテナを確認できます。

f:id:gowatana:20200315114439p:plain

デフォルトのストレージ コンテナは、3つ作成されます。

  • default-container-~
  • NutanixManagementShare
  • SelfServiceContainer

ここでは情報確認だけしておきます。ncli でも、ストレージ コンテナが3つ作成されていることがわかります。

nutanix@NTNX-f2bcd887-A-CVM:192.168.20.42:~$ ncli storage-container list | grep '  Name'
    Name                      : default-container-33013026607952
    Name                      : NutanixManagementShare
    Name                      : SelfServiceContainer

全体。

nutanix@NTNX-f2bcd887-A-CVM:192.168.20.42:~$ ncli storage-container list

    Id                        : 0005a031-a5c4-d367-5eff-1803733aa4f7::4
    Uuid                      : 0cb6be2b-0900-4772-abb4-76cba1bafd03
    Name                      : default-container-33013026607952
    Storage Pool Id           : 0005a031-a5c4-d367-5eff-1803733aa4f7::3
    Storage Pool Uuid         : 93c15051-a3e4-4ee8-b466-fb1d5120b427
    Free Space (Logical)      : 644.8 GiB (692,347,044,758 bytes)
    Used Space (Logical)      : 0 bytes
    Allowed Max Capacity      : 644.8 GiB (692,347,044,758 bytes)
    Used by other Containers  : 80.72 MiB (84,639,744 bytes)
    Explicit Reservation      : 0 bytes
    Thick Provisioned         : 0 bytes
    Replication Factor        : 1
    Oplog Replication Factor  : 1
    NFS Whitelist Inherited   : true
    Container NFS Whitelist   :
    VStore Name(s)            : default-container-33013026607952
    Random I/O Pri Order      : SSD-PCIe, SSD-SATA, DAS-SATA
    Sequential I/O Pri Order  : SSD-PCIe, SSD-SATA, DAS-SATA
    Compression               : off
    Fingerprint On Write      : off
    On-Disk Dedup             : off
    Erasure Code              : off
    Software Encryption       : off

    Id                        : 0005a031-a5c4-d367-5eff-1803733aa4f7::5
    Uuid                      : b5442f43-0c48-4fbd-abd0-bca4b6a49aa2
    Name                      : NutanixManagementShare
    Storage Pool Id           : 0005a031-a5c4-d367-5eff-1803733aa4f7::3
    Storage Pool Uuid         : 93c15051-a3e4-4ee8-b466-fb1d5120b427
    Free Space (Logical)      : 644.8 GiB (692,347,044,758 bytes)
    Used Space (Logical)      : 80.72 MiB (84,639,744 bytes)
    Allowed Max Capacity      : 644.88 GiB (692,431,684,502 bytes)
    Used by other Containers  : 0 bytes
    Explicit Reservation      : 0 bytes
    Thick Provisioned         : 0 bytes
    Replication Factor        : 1
    Oplog Replication Factor  : 1
    NFS Whitelist Inherited   : true
    Container NFS Whitelist   :
    VStore Name(s)            : NutanixManagementShare
    Random I/O Pri Order      : SSD-PCIe, SSD-SATA, DAS-SATA
    Sequential I/O Pri Order  : SSD-PCIe, SSD-SATA, DAS-SATA
    Compression               : on
    Fingerprint On Write      : off
    On-Disk Dedup             : off
    Erasure Code              : off
    Software Encryption       : off

    Id                        : 0005a031-a5c4-d367-5eff-1803733aa4f7::759
    Uuid                      : f1e8ec39-f281-46c2-a223-42e8a13700ae
    Name                      : SelfServiceContainer
    Storage Pool Id           : 0005a031-a5c4-d367-5eff-1803733aa4f7::3
    Storage Pool Uuid         : 93c15051-a3e4-4ee8-b466-fb1d5120b427
    Free Space (Logical)      : 644.8 GiB (692,347,044,758 bytes)
    Used Space (Logical)      : 0 bytes
    Allowed Max Capacity      : 644.8 GiB (692,347,044,758 bytes)
    Used by other Containers  : 80.72 MiB (84,639,744 bytes)
    Explicit Reservation      : 0 bytes
    Thick Provisioned         : 0 bytes
    Replication Factor        : 1
    Oplog Replication Factor  : 1
    NFS Whitelist Inherited   : true
    Container NFS Whitelist   :
    VStore Name(s)            : SelfServiceContainer
    Random I/O Pri Order      : SSD-PCIe, SSD-SATA, DAS-SATA
    Sequential I/O Pri Order  : SSD-PCIe, SSD-SATA, DAS-SATA
    Compression               : off
    Fingerprint On Write      : off
    On-Disk Dedup             : off
    Erasure Code              : off
    Software Encryption       : off

つづく。

©2019 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。