NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE の Prism Central をセットアップする。(on ESXi 編)

この投稿は、Nutanix Advent Calendar 2019(2枚目)の 12日目です。

Nutanix CE むけの Prism Central は、Nutanix CE の AHV 上に展開するようにできています。しかし、多くのリソースが必要な Nutanix CE 上に Prism Central を稼働させるためには、ハイスペックな物理マシンが必要になります。

そこで、今回は Nutanix CE むけ Prism Central を、Nutanix CE の外(ESXi 上)で稼働させてみます。

Prism Central のイメージファイルの入手

Prism Central Deployment の .tar ファイルをダウンロードします。
(NEXT アカウントでのログインが必要)

この投稿時点での最新版は、ce-pc-deploy-2019.11.22.tar です。

https://next.nutanix.com/download-community-edition-15/download-getting-started-with-ce-5-11-24210

ファイルの展開 & 仮想ディスク イメージ変換(Linux など)

.tar ファイルを展開して、QCOW2 から VMDK ファイルに変換します。

適当な Linux にファイルを配置します。

[root@vm01 data]# cat /etc/oracle-release
Oracle Linux Server release 7.6
[root@vm01 data]# ls
ce-pc-deploy-2019.11.22.tar

ファイルを展開します

[root@vm01 data]# tar xvf ce-pc-deploy-2019.11.22.tar
2019.11.22-stable-pc-boot.qcow2
2019.11.22-stable-pc-home.qcow2

イメージ変換のため、qemu-img をインストールします。

[root@vm01 data]# yum install -y qemu-img

イメージファイルを変換します。(QCOW2 → VMDK)

[root@vm01 data]# qemu-img convert -f qcow2 -O vmdk 2019.11.22-stable-pc-boot.qcow2 2019.11.22-stable-pc-boot.vmdk
[root@vm01 data]# qemu-img convert -f qcow2 -O vmdk 2019.11.22-stable-pc-home.qcow2 2019.11.22-stable-pc-home.vmdk

イメージを、ESXi に転送します。今回は SSH で転送するので、あらかじめ ESXi では SSH サービスを有効化しておきます。今回の ESXi のアドレスは 192.168.1.248 です。データストア ds_ssd-nvme_01 を作成ずみです。

Boot

[root@vm01 data]# scp 2019.11.22-stable-pc-boot.vmdk 192.168.1.248:/vmfs/volumes/ds_ssd-nvme_01/
Password:
2019.11.22-stable-pc-boot.vmdk                100% 4288KB  55.1MB/s   00:00

Home

[root@vm01 data]# scp 2019.11.22-stable-pc-home.vmdk 192.168.1.248:/vmfs/volumes/ds_ssd-nvme_01/
Password:
2019.11.22-stable-pc-home.vmdk                100% 6706MB  37.6MB/s   02:58

仮想ディスク イメージ変換(ESXi にて)

ESXi に SSH ログインして、転送した VMDK ファイルを ESXi むけのThinプロビジョニングの VMDK に変換します。ついでに、ファイルを「pc」ディレクトリにまとめます。

# vmware -vl
VMware ESXi 6.7.0 build-14320388
VMware ESXi 6.7.0 Update 3
# cd /vmfs/volumes/ds_ssd-nvme_01/
# mkdir pc

Boot

# vmkfstools --clonevirtualdisk ./2019.11.22-stable-pc-boot.vmdk --diskformat thin ./pc/2019.11.22-stable-pc-boot_thin.vmdk
Destination disk format: VMFS thin-provisioned
Cloning disk './2019.11.22-stable-pc-boot.vmdk'...
Clone: 100% done.

Home

# vmkfstools --clonevirtualdisk ./2019.11.22-stable-pc-home.vmdk --diskformat thin ./pc/2019.11.22-stable-pc-home_thin.vmdk
Destination disk format: VMFS thin-provisioned
Cloning disk './2019.11.22-stable-pc-home.vmdk'...
Clone: 100% done.

これで、下記のようなファイルが作成されます。

# ls -1 ./pc/
2019.11.22-stable-pc-boot_thin-flat.vmdk
2019.11.22-stable-pc-boot_thin.vmdk
2019.11.22-stable-pc-home_thin-flat.vmdk
2019.11.22-stable-pc-home_thin.vmdk

ESXi での仮想マシン作成

vSphere Client / Host Client などから、ESXi 上に Prism Central の VM を作成します。

次のように設定します。

  • 互換性の選択: ESXi 6.7 以降(vmx-14)
  • ゲスト OS を選択: Linux、CentOS 6 (64 ビット)
  • vCPU:2(できれば 4)
  • メモリ: 16 GB
  • ネットワーク: 1つあれば OK。
  • (デフォルトの「新規ハード ディスク」は削除)
  • ハード ディスク#1: 「既存のハード ディスク」で boot の VMDK を追加。
  • ハード ディスク#2: 「既存のハード ディスク」で boot の VMDK を追加。
  • ハード ディスク#3: 新規ハードディスクを 500 GB(200 GB でも可)で追加。

vSphere Client (vCenter 経由)で VM 作成する場合は、下記のようになります。

f:id:gowatana:20191212224657p:plain

f:id:gowatana:20191212224712p:plain

Prism Central のセットアップ

VM を起動し、AHV の場合と同様に、Prism Central を手動セットアップします。
下記の投稿にある、「Prism Central VM へのログイン」以降の手順でセットアップができるはずです。

セットアップに成功すると、このバージョンの Prism Central だと下記のようになるはずです。XPlay などの新サービスも起動しています。

f:id:gowatana:20191212231327p:plain

以上。

©2019 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。