NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix Files の afs コマンド履歴の保存先について。

Nutanix Files の afs コマンドは、対話モードでの実行履歴をファイルに保存しています。

保存先は、~/.afs_history ファイルです。「~」はホーム ディレクトリを表すので、実際のパスは /home/nutanix/.afs_history です。

nutanix@NTNX-624676c4-A-CVM:192.168.20.52:~$ cat ~/.afs_history
info.fileservers
infra.stop test-fs-01
exit
infra.start test-fs-01
exit

.afs_history ファイルを削除すると、履歴も削除されます。ただし、このディレクトリのファイルはシステム ファイルとして保護されていて、nutanix ユーザでは削除できません。

nutanix@NTNX-624676c4-A-CVM:192.168.20.52:~$ rm -rf .afs_history
==> System files detected:
/home/nutanix/.afs_history

Operation not allowed. Deletion of system files will cause  cluster instability and potential data loss.

これは、rm の alias として設定されているラッパーによるもので、root ユーザや /bin/rm 実行であれば普通に削除できます。

nutanix@NTNX-624676c4-A-CVM:192.168.20.52:~$ alias rm
alias rm='source /usr/local/nutanix/bin/safe_rm/rm'

ほかにも、空のリダイレクト(>)でもファイル内容を削除できます。

nutanix@NTNX-624676c4-A-CVM:192.168.20.52:~$ > .afs_history
nutanix@NTNX-624676c4-A-CVM:192.168.20.52:~$ cat .afs_history

これで、afs コマンドの対話モードでの履歴がクリアされますが、なかなか必要になる場面は無いかもしれません。

以上。

©2021 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。