NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix Files の Quota Policy を ncli で作成してみる。(続編2)

Nutanix Files の SMB 共有フォルダに、ncli で Quota Policy を作成してみます。

前回は、SSH 経由の ncli から、Quota Policy を作成してみました。

今回はもう少し実行方法を工夫して、設定を記載したリスト ファイルを用意して、それをもとに Quota Policy を作成してみます。

今回の内容です。

Quota Policy リストファイルの用意

Quota Policy のパラメータを記載した CSV ファイルを用意しておきます。

今回は下記のように、2件のみのリストを用意しました。ユーザ名、容量(GB)、通知先のメールアドレスだけ記載してあります。

[gowatana@infra-jbox-01 ~]$ cat ./share01_quota_list.txt
tech01,2,tech01@ntnx.jp
tech02,2,tech02@ntnx.jp

 

リスト ファイルをもとに Quota Policy 作成

ファイル サーバーと、共有フォルダの UUID は、あらかじめ取得しておきました。

[gowatana@infra-jbox-01 ~]$ FS_UUID=0a1bef2b-099c-4f52-9c89-eac01bd204bb
[gowatana@infra-jbox-01 ~]$ SHARE_UUID=a03355aa-654b-4aa3-a4a5-6412614dcc58

 

下記のようなコマンド ラインで、リストを読み込みつつ、ncli で Quota Policy を作成してみます。

前回とは異なり、 ssh には「-n」オプションを追記しています。これにより、bash でのリスト ファイルの読み込みが  ssh で中断されないようにしています。このオプションを追記しない場合は、while read のループが 1回のみで終了してしまいます。

gist.github.com

あらかじめ、前回までに作成した Quota Policy は削除してあります。

そして、コマンド ラインを実行してみると下記のようになるはずです。Task UUID が 2つ戻されていることから、リストにある 2行分の Quota Policy 作成が実行されたことがわかります。

f:id:gowatana:20211213002458p:plain


Prism でも、Quota Policy が作成されたことが確認できるはずです。

f:id:gowatana:20211213002534p:plain

以上。

©2021 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。