NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE で Calm を有効化してみる。

Nutanix CE の Prism Central で、Nutanix Calm を有効化してみます。

今回の環境

Calm は Prism Central から操作します。Nutanix CE には、CE 専用の Prism Central が提供されています。

Nutanix CE による HCI は、シングル ノード構成にしています。そして、Prism Central もシングル ノード構成にしています。

  • Nutanix CE 2020.09.16: シングル ノード クラスタ構成。Nutanix Volumes を利用するため、事前に iSCSI データ サービス IP を設定しておきます。
  • Prism Central 2020.09.16: シングル ノード クラスタ構成。

Calm の有効化

※Prism Central は、日本語表示にしてあります。

Prism Central にログインして、メニュー ボタン →「サービス」→「Calm」→「アプリの有効化 オーケストレーション (Calm)」をクリックします。

f:id:gowatana:20210912225221p:plain

Calm を有効化できる状態であれば、「プリチェック成功」と表示されます。ちなみにこの表示は、少し待つと自動的に消えます。

f:id:gowatana:20210912225646p:plain

「アプリ管理の有効化」と「Enable Nutanix seeded blueprints」のチェックをオンにして、「保存」をクリックします。

Prism Central の VM のメモリが 4GB 追加されることが説明されています。

f:id:gowatana:20210912225816p:plain

しばらく待ちます・・・

ちなみに、Prism Central のメモリ追加は、ホット アドで実行されます。この環境では、Prism Central VM のメモリが 26GB → 30GB になりました。

f:id:gowatana:20210912230135p:plain

少し待ってブラウザを更新すると、Calm が有効化されているはずです。

f:id:gowatana:20210912230209p:plain

Prism Central の Calm の様子

Calm を有効化すると、Prism Central では 2つの Docker コンテナ(epsilon、nucalm)が起動されます。

nutanix@NTNX-192-168-20-15-A-PCVM:~$ docker ps
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND                  CREATED              STATUS                             PORTS               NAMES
c06f92ee3f35        epsilon:latest      "/bin/sh -c /home/ep…"   42 seconds ago       Up 31 seconds (health: starting)                       epsilon
974f31802781        nucalm:latest       "/bin/sh -c /home/ca…"   About a minute ago   Up 58 seconds (health: starting)                       nucalm

Prism Element を確認すると、Nutanix Volumes の Volume Group が自動作成されています。

f:id:gowatana:20210912230922p:plain

この Volume Group は、Prism Central VM が iSCSI イニシエータで接続しています。

nutanix@NTNX-192-168-20-15-A-PCVM:~$ cat /etc/iscsi/initiatorname.iscsi
InitiatorName=iqn.1994-05.com.redhat:bbe2303c4430
nutanix@NTNX-192-168-20-15-A-PCVM:~$ iscsiadm -m session
tcp: [1] 192.168.20.53:3260,1 iqn.2010-06.com.nutanix:calm-bbe2303c:nutanix-dvp-132376b8-cde5-4fb2-b6db-3c0835f0d1bb-tgt0 (non-flash)

そして /dev/sde として認識されています。

nutanix@NTNX-192-168-20-15-A-PCVM:~$ ls -l /dev/disk/by-path/ip-*
lrwxrwxrwx. 1 root root 9 Sep 12 01:29 /dev/disk/by-path/ip-192.168.20.53:3260-iscsi-iqn.2010-06.com.nutanix:calm-bbe2303c:nutanix-dvp-132376b8-cde5-4fb2-b6db-3c0835f0d1bb-tgt0-lun-0 -> ../../sde

/dev/sde は、Docker Volume として利用されています。

nutanix@NTNX-192-168-20-15-A-PCVM:~$ docker volume list
DRIVER              VOLUME NAME
pc/nvp:latest       calm-bbe2303c

calm-bbe2303c ボリュームは、epsilon コンテナの Elasticsearch のデータ格納で利用されているようです。

nutanix@NTNX-192-168-20-15-A-PCVM:~$ docker container inspect epsilon | grep -n '"Type": "volume"' -A7
272:                "Type": "volume",
273-                "Name": "calm-bbe2303c",
274-                "Source": "",
275-                "Destination": "/home/epsilon/elasticsearch/data",
276-                "Driver": "pc/nvp:latest",
277-                "Mode": "",
278-                "RW": true,
279-                "Propagation": ""
nutanix@NTNX-192-168-20-15-A-PCVM:~$ docker exec epsilon df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
overlay          40G   17G   22G  44% /
tmpfs            64M     0   64M   0% /dev
tmpfs            15G     0   15G   0% /sys/fs/cgroup
/dev/sdb3        40G   17G   22G  44% /home/certs
/dev/sdb1       9.8G  7.2G  2.5G  75% /usr/share/zoneinfo/UTC
shm              64M   20K   64M   1% /dev/shm
/dev/sde        9.8G   37M  9.2G   1% /home/epsilon/elasticsearch/data

以上。

©2021 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。