NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE の Calm で 2048 を起動してみる。

Nutanix Calm で、2048 ゲームを起動できる Linux VM を作成してみます。

今回の内容です。

今回の環境

下記の環境を利用します。

1. Nutanix クラスタ / Prism Central での事前準備

Prism Central(あるいは Prism Element)にて、Calm を利用するための事前準備をしておきます。

1-1. ネットワークの用意

Nutanix クラスタにて、IPAM が有効なネットワークも用意しておきます。このネットワークに接続された VM では、DHCP が利用可能になります。

f:id:gowatana:20211001085745p:plain

1-2. CentOS7 OS イメージの用意

イメージ サービス(Prism でのメニューは「イメージ設定」)にて、CentOS 7 の Cloud Image のディスク イメージ ファイルを登録しておきます。これは、あらかじめ cloud-init がインストールされているディスク イメージです。

イメージ ファイルは、下記からダウンロードできます。

ちなみに、Calm ではブループリントを展開するときにイメージをダウンロードすることもできます。

f:id:gowatana:20211001085447p:plain

2. Prism Central でのプロジェクトの準備

ブループリントからアプリケーション(として VM)をデプロイするために、「プロジェクト」も作成しておきます。

デフォルトで作成されている「default」プロジェクトの設定変更、もしくは、新規作成します。おもに下記を設定しておきます。

  • アカウント(という設定項目)での、Nutanix クラスタ登録
  • 利用するネットワークの指定

※ただし、具体的なプロジェクトの設定 / 新規作成については別途・・・・

f:id:gowatana:20211010234556p:plain

3. Calm ブループリント(JSON ファイル)の用意

Calm のブループリントは、JSON ファイルで作成できます。ただし、ブループリント の JSON ファイルをテキスト エディタで新規作成するのは困難なので、今回は、あらかじめ別環境の Calm で作成 → 保存した JSON ファイルを利用します。

Calm-BP-CentOS7-2048.json

gist.github.com

4. Calm での 2048 ブループリント作成

それでは Calm に、2048 のアプリケーション(つまり、2048 がインストールされた CentOS VM)を起動するブループリントを作成します。

4-1. JSON ファイル アップロードでのブループリント作成

Calm の Blueprint →「ブループリントのアップロード」をクリックして、用意しておいた JSON ファイル(Calm-BP-CentOS7-2048.json)をアップロードします。

そして、次のように入力して「アップロード」をクリックします。

  • ブループリント名を入力。(今回は Calm-BP-CentOS7-2048)
  • プロジェクトでは、default を選択。

f:id:gowatana:20211010235931p:plain

ブループリントがアップロードされました。

この時点だと、入力が必要なパラメータが残っているのでエラーが表示されます。

f:id:gowatana:20211011000327p:plain

ちなみに、エラー内容は下記のように表示されるはずです。

Credential is invalid


アプリケーションプロファイル Nutanix AHV > サービス 2048 Game > 仮想マシン
Nic not found, please select a valid Nic
Image not found, please select a valid image


認証情報 DefaultUser
Secret value for credential is empty

 

このエラーからは、次のパラメータの入力が必要なことがわかります。

  • デプロイする VM で、vNIC と、OS ディスク イメージの設定が必要
  • 認証情報(Credential)の、DefaultUser での入力が必要

4-2. ディスク イメージの指定

ブループリントに含まれる VM の OS ブート ディスクとして、Prism のイメージ サービスに登録しておいた ディスク イメージを指定します。

ブループリントの編集画面で VM(実際には「サービス」)のアイコンをクリックして、右側に表示される画面の「仮想マシン」タブ→「ディスク」にある「image」で、Prism で登録しておいた CentOS 7 のディスク イメージを選択しておきます。

f:id:gowatana:20211011001430p:plain

4-3. vNIC でのネットワーク指定

同じ画面のまま下にスクロールして、「NETWORK ADAPTERS (NICS)」にて Prism で作成したネットワークを指定します。

  • NIC 1: nw-vlan-11(このネットワークでは、DHCP を利用可能にしてある)
  • プライベート IP: 動的

f:id:gowatana:20211011002042p:plain

4-4. 認証情報の入力

CentOS の OS ユーザ(centos)に設定するパスワードを入力しておきます。

「認証情報」をクリックします。

f:id:gowatana:20211011002814p:plain

「DefaultUser」→「パスワード」で、centos ユーザのパスワード(たとえば nutanix/4u)を入力して、「保存」をクリックします。

f:id:gowatana:20211011002920p:plain

「ブループリントを保存しました!」と表示され、これまで表示された赤い「!」マークが消えるはずです。

「戻る」をクリックします。

f:id:gowatana:20211011003120p:plain

5. ブループリントの起動

ブループリントの編集画面が表示されているはずです。画面右上の「起動」をクリックして、2048 アプリケーションを起動します。

f:id:gowatana:20211011003548p:plain

アプリケーションの名前(例では vm-2048-01)を入力して、「作成」を起動します。

f:id:gowatana:20211011003712p:plain

アプリケーションが作成されます・・・

f:id:gowatana:20211011004144p:plain

少し待つと、起動したアプリケーションの画面に遷移します。「監査」メニューなどで、作成処理の進捗が確認できたりします。

f:id:gowatana:20211011004312p:plain

アプリケーション名のとなりにあるアイコンが「実行中」になると、処理が完了しています。ちなみに、進捗のアイコンによっては、開いていくと処理内容を表示できたりします。

f:id:gowatana:20211011004511p:plain

「サービス」メニューにて「2048 Game」をクリックすると、右側に情報が表示されます。そこから「ターミナルを開く」をクリックします。

f:id:gowatana:20211011004733p:plain

作成された CentOS の VM コンソールが開かれるので、「2048」と入力して Enter キーを押すと・・・

f:id:gowatana:20211011005016p:plain

2048 ゲームが起動できます。

f:id:gowatana:20211011005101p:plain

以上。

©2021 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。