NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix バイブルの AOS 6.1 対応について。(Nutanix Meetup 22.05)

Nutanix Meetup Online 22.05 にて、最近の Nutanix バイブルと、その日本語版について紹介しました。

nutanix.connpass.com

今回の内容です。

現行の Nutanix Bible について

Nutanix バイブルは、2020年06月に v2.0 にリニューアルされました。

現在は、英語版の更新が日本語版にすぐ反映されるようになっています。

The Nutanix Bible v2.0

以前の Nutanix Bible はシングル ページでしたが、Nutanix Bible v2.0 は内容ごとにページが分割されています。このページは Markdown で記載されていて、Jekyll で HTML ファイルに変換されています。

The Nutanix Bible v2.0 Classic UI / Classic Edition

そして Nutanix Bible v2.0 でも、以前のようにシングル ページのエディションが公開されています。これは、Classic UI(もしくは Classic Edition)と呼ばれています。

内容は分割ページの v2.0 と同じで、体裁が異なるだけです。

そして、日本語版はこの Classic UI に合わせています。

Nutanix バイブル(日本語版)

日本語版の Nutanix バイブルは、v1.0 の頃のようなシングル ページ構成ですが、内容は は v2.0 の Classic UI に合わせてあります。そして英語版で更新があると、たいてい1週間以内くらいで日本語版に反映されます。

ちなみに、バイブル冒頭には、誤植報告・修正提案フォームもあります。

日本語版 Nutanix バイブル更新の様子

Nutanix Bible の実体は、下記のようになっています。

英語版

  • GitHub Pages で公開されています。
  • Jekyll(静的サイト ジェネレータ)で、Markdown → HTML の変換

日本語版

  • 英語版とは別のプライベート GitHub リポジトリで管理されています。そして GitHub Pages ではなく Web サーバで公開されています。
  • HTML は直接編集しています。これは、v2.0 以前から直接 HTML を書いていたため。v1.0 のころに近い、古めの HTML 構造(v2.0 とは別物でタグ構成は揃っていない)になっています。

 

毎日、英語版のダウンロードして差分チェックしていて、変更があったら日本語版へ反映します。

そして、差分確認しやすいように、基本的には下記のような工夫しています。(差分確認の様子はまた後で)

  • 更新: 英語版といっしょに日本語版も更新しています。1つのコミット ログに、原文と日本語の HTML ファイルの両方を含まれます。
  • 追記: まず英語版を日本語版に組込み、そのあとで翻訳します。たとえば、1つめのコミット ログには原文のHTMLの差分が含まれます。そして、2つめのコミット ログに英語 → 日本語の翻訳による差分が含まれます。

 

日本語版バイブル更新の様子(基本パターン)

具体的な日本語版更新の流れは、下記のようになっています。

英語版に更新があると、自動的に人間が手作業で日本語版 HTML を更新します。

(画像はイメージです)

新しい内容が英語版に追記された場合は、「まず英語版を日本語版に組込み、そのあとで翻訳」といった工夫をしていますが、下記のような感じで英語 / 日本語の差分を確認できます。

差分確認しやすくするために、英語版から日本語版への組み込みでは、テキストはそのまま、HTML タグと改行位置を、手作業で調整しています。

そのうえで、ひたすら日本語に翻訳します。ちなみに私は、VS Code で差分確認しながら編集しています。

Nutanix Bible の、これまでの大きなイベント

私が更新に参加してからの、Nutanix Bible の大きなイベントを紹介します。

2019/06 ~ 2019/07 日本語版 全面刷新

  • しばらく更新が止まっており、1年分以上の差分を反映。
  • Nutanix Bible はまだ v1.0。
  • ここからGitHub管理開始。
  • そのときに、全体的にHTMLタグと改行レベルで英語版に揃えた(diff しやすく)
  • 2018年あたりからの差分&不足を全部反映。

2020/06 英語版 v2.0 リリース

2020/07 英語版 v2.0 Classic UI リリース → 日本語版の v2.0 対応

  • 英語版 v2.0 で、シングルページ バージョンが Classic UI として生成されるようになった。
  • 日本語版は、シングルページのまま Book 構成は 2.0 に準拠させた。
  • 英語版は全体更新されて diff 不可能になったので、目確認で日本語版を並び替え
    • 英語版 Git ログが入手できたので更新(2018/07~最新)が反映されているか確認
    • ここから HTML タグ レベルでの完全一致は諦めた。

日本語版(翻訳)の最近のトレンド

  • 現在 13200行。長すぎタグが深すぎて項目追記がつらい。
  • 意外とBook冒頭の文が漏れている(v2.0でさり気なく追記されていた部分)
  • 困ったら、アルファベットをそのままカタカナで。(レジリエントキャパシティ など)
  • バイブル内のリンク切れどうしようか・・・
    • 見出しのアンカーは自動生成。
    • 実は見出しのアンカーは自動生成なので、日本語版バイブルに参照リンクを張る場合は( https://nutanixbible.jp/ )が無難。

直近の Nutanix バイブルの主な更新

2022年に入ってからの、Nutanix バイブルの主な更新です。日付は英語版バイブルの Change Log のものです。

 

2021/11/19: Change Logs と PDF 版 の追加

いきなり 2022年より前ですが・・・

 

2022/03/16: Book of Network Services の更新

更新というか刷新。もともとは Nutanix Flow マイクロセグメンテーションだけだったのですが、下記の3つが更新 / 追記されました。

  • Flow Network Security
    • 旧 Flow。マイクロセグメンテーション (分散ファイアウォール)
    • 名前の書き換えだけでなく、けっこう追記あり。
    • 翻訳はできるだけ Prism Central UI 表記にあわせた(つもり)
  • Security Central
  • Flow Virtual Networking
    • 新機能。VPC や Geneve オーバーレイ ネットワーク

 

2022/03/18: Stargate の I/O ロジックの説明 更新

例1: Intel Optane のような新しめのデバイスについての更新

OpLogは、ハイブリッドクラスタでは常にSSD上にあり、Optane+NVMeのクラスタではOptaneとNVMe SSDの両方に存在します。

例2: コアな仕様についての更新

AOS 5.19より前は、OpLogのサイズはvDiskごとに6GBに制限されていました。 AOS 5.19以降は、個々のvDiskのOpLogは、IOパターンの要求に従ってノードごとに使用されるOpLogインデックスメモリの上限まで、6GBを超えて拡張し続けることができます。この設計上の決定により、I/Oの観点でアクティブなvDiskが少ない仮想マシンがある場合、アクティブでない他のvdiskを費やして、必要に応じてOpLogを拡張できるという柔軟性が得られます。

AOS 5.20 (LTS)時点では、オールフラッシュクラスタ上に新規作成されるコンテナでは、AESがデフォルトで有効になります。

 

2022/04/08: 新機能の追記

  • vDisk シャーディング 追記
    • vDisk を分けられなくても I/O 性能改善

2022/04/08: 古い機能の記載削除

  • Cloud Connect(パブリック クラウドへのバックアップ機能)記載削除

2022/04/08: プロダクト改称の対応

  • Nutanix Clusters → Nutanix Cloud Clusters(NC2)の更新
  • NC2 は改称だけでなく追記もあり
  • 図版も更新された

2022/04/15: Resilient Capacity 追記

  • 障害時にリビルドできる分を考慮した上で、クラスタで利用可能な容量。
  • Resilient Capacity の翻訳名がなんともしがたく、そのままカタカナで「レジリエントキャパシティー」
  • Resilient Capacity の容量計算の例がちょっと疑問(KB 計算式と比較すると)。原文ベースで翻訳したが、そのうち検証したい・・・

2022/05/03: Book of Cloud Native Services の追記

NKEと、Kubernetes ディストリビューションのサポートについて追記された。

  • Nutanix Kubernetes Engine(NKE)
    • 旧 Karbon。
    • Karbon としては NKE に改称されただけだが、 バイブルの Karbon の説明は、そもそも殆どが仕組みの異なる Acropolis Container Services のままだった。
  • Nutanix とパートナー Kubernetes ディストリビューション
    • Red Hat OpenShift などの認定について
    • あと Kubernetes 概要の説明

 

2022/05/09: AHV 仮想マシン 新機能などの解説 追記

  • AHV の 仮想マシン テンプレート
    • AOS 6.1 新機能。
    • Prism Central で確認すると、新しい API を使用している?(/api/vmm/v4.0.a1/templates)
  • AHV でのメモリ オーバーコミット
  • AHV の 仮想マシン アフィニティ ポリシー

AOS 6.1 新機能関連の更新について

今回の Nutanix Meetup のテーマである AOS 6.1 新機能関連についても、徐々に更新されています。

新機能については、見出し単位で追加されることもあれば、さりげなく1文が更新されたりすることもあります。

たとえば下記のように 1文が追記されたりします。

自律型エクステントストア(AES:Autonomous Extent Store)

AOS 6.1(STS)以降で要件が満たされている場合には、ハイブリッド(SSD + HDD)クラスタで作成された新規コンテナではAESが有効になります。

単一vDiskのシャーディング

AOS 6.1以降では、vDiskコントローラーが機能拡張され、それぞれが自身のスレッドを持つコントローラーのシャードを作成することで、単一のvDiskへの要求が、現在では複数のvDiskコントローラーに分散されるようになりました。

Flow Virtual Networking

PC.2022.1とAOS 6.1から、VPCでは最大2つの外部ネットワークが選択できるようになりました。

前述の「AHV の 仮想マシン テンプレート」はまったくの新機能なので、当然ながら項目自体が追加されています。

最後に

Nutanix バイブルだけでなく、正しくは、リリースノート、ドキュメント、KB あたりを参照とよいと思います。

録画

セッションの録画が公開されました。

www.youtube.com

以上。

 

©2021 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。