NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE から SNMP で情報取得してみる。

Nutanix CE 5.18 から、SNMP で情報取得してみます。

ドキュメントでは下記のあたりに説明があります。

https://portal.nutanix.com/page/documents/details?targetId=Prism-Central-Guide-Prism-v5_18:mul-snmp-configure-pc-t.html

今回の環境

Linux クライアントから、snmpwalk で情報取得します。

[root@lab-vm-02 ~]# cat /etc/system-release
Oracle Linux Server release 7.9

net-snmp-utils をインストールしてあります。

[root@lab-vm-02 ~]# yum install -y net-snmp-utils

net-snmp-utils のバージョンです。

[root@lab-vm-02 ~]# rpm -q net-snmp-utils
net-snmp-utils-5.7.2-49.el7_9.1.x86_64
[root@lab-vm-02 ~]# snmpwalk -V
NET-SNMP version: 5.7.2

MIB ファイルの取得

Prism Element から、MIB ファイルをダウンロードしておきます。

MIB ファイルは、Prism の「設定」→「SMMP」→「トランスポート」「MIB ビュー」からダウンロードできます。

f:id:gowatana:20201217000944p:plain

MIB ファイルのダウンロード URL を確認しておき、今回は snmpwalk を実行する Linux で直接ダウンロードします。

f:id:gowatana:20201216235713p:plain

確認したダウンロード URL から curl でダウンロードします。「lab-nxce-01.go-lab.jp」は、この環境の Prism Element のアドレスです。

[root@lab-vm-02 ~]# curl -k -O https://lab-nxce-01.go-lab.jp:9440/console/app/scripts/docs/NUTANIX-MIB

ファイルが保存されました。

[root@lab-vm-02 ~]# head -n 18 ./NUTANIX-MIB
NUTANIX-MIB DEFINITIONS ::= BEGIN

  IMPORTS
    enterprises, MODULE-IDENTITY, OBJECT-TYPE, Integer32, Counter64,
    NOTIFICATION-TYPE, Unsigned32
      FROM SNMPv2-SMI
    DisplayString
      FROM SNMPv2-TC;

  nutanix MODULE-IDENTITY
    LAST-UPDATED         "201909171715Z"
    ORGANIZATION         "Nutanix Inc."
    CONTACT-INFO         "support@nutanix.com"
    DESCRIPTION          "Nutanix Cluster Managment Information Base"
    REVISION             "201909171715Z"
    DESCRIPTION          "SNMP MIB for Nutanix Cluster software."
    ::= { enterprises 41263 }

Nutanix Cluster MIB の OID です。

[root@lab-vm-02 ~]# snmptranslate -m ./NUTANIX-MIB -On NUTANIX-MIB::nutanix
.1.3.6.1.4.1.41263

MIB ツリーも、snmptranslate で確認できます。

[root@lab-vm-02 ~]# snmptranslate -m ./NUTANIX-MIB -Tpd .1.3.6.1.4.1.41263 > ./NUTANIX-MIB_tree.txt
[root@lab-vm-02 ~]# head ./NUTANIX-MIB_tree.txt
+--nutanix(41263)
   |
   +--softwareVersionTable(1)
   |  |
   |  +--svtEntry(1)
   |     |  Index: svtIndex
   |     |
   |     +-- -R-- Integer32 svtIndex(1)
   |     |        Range: 1..2147483647
   |     +-- -R-- String    svtControllerVMId(2)

そして、出力したテキストは下記のようになっています。

Nutanix Cluster MIB の内容。 · GitHub

Prism Element での SNMP 設定

Prism の「設定」→「SNMP」から、SNMP 接続に関連する設定をします。

「トランスポート」タブで、プロトコルとポート番号を指定します。

  • PROTOCOL: UDP
  • PORT: 161

f:id:gowatana:20201216235816p:plain

「ユーザー」タブで、ユーザー名と認証関連の情報を指定します。

今回は下記のように設定しています。キーには、あえてデモらしい文字列を入力しています。

  • ユーザー名: snmpuser
  • プライベートタイプ: AES
  • プライベートキー: nutanix/4u
  • 認証タイプ: SHA
  • 認証キー: nutanix/4u

f:id:gowatana:20201217000026p:plain

snmpwalk での確認

とりあえず、Nutanix クラスタ名を取得してみます。クラスタ名「lab-nxce-01」が取得できました。

[root@lab-vm-02 ~]# snmpwalk -v3 -l authPriv -u snmpuser -x AES -X nutanix/4u -a sha -A nutanix/4u lab-nxce-01.go-lab.jp .1.3.6.1.4.1.41263.501
SNMPv2-SMI::enterprises.41263.501.0 = STRING: "lab-nxce-01"

以上。

©2020 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。