NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix REST API v2 でクラスタ健全性チェックの定義を見てみる。

Nutanix REST API v2 で、クラスタ 健全性チェックの定義を取得することができます。
Prism では、「健全性」→「Checks」あたりで見られるものです。
API v2 では、GET /health_checks/ から情報取得できます。

f:id:gowatana:20181214233919p:plain

定義情報は長大なので、今回はチェックの名前だけ取得してみます。
ntnx-n-01.go-lab.jp は、自宅ラボ内の Prism のアドレスです。

$ IDPASS='admin:パスワード'
$ curl -ks -u $IDPASS 'https://ntnx-n-01.go-lab.jp:9440/PrismGateway/services/rest/v2.0/health_checks'
| jq -r '.entities[].name' | head
E-mail alerts check
SSD Snapshot reserve space check
Metro aggressive break replication timeout check
Protection Domain File Conflict Check
Linked Clones in high frequency snapshot schedule
Incorrect Cluster Information in Remote Site
Vstore VM Files Consistency Check
Internal Consistency Groups Check
Cloud Gflags Check
Metro Vstore Symlinks Check

チェック項目は、400件以上あります。

    $ curl -ks -u $IDPASS 'https://ntnx-n-01.go-lab.jp:9440/PrismGateway/services/rest/v2.0/health_checks/' | jq -r '.entities[].name' | wc -l
411

xxフラグで、内部的なチェックの情報も取得できるようです。

$ curl -ks -u $IDPASS 'https://ntnx-n-01.go-lab.jp:9440/PrismGateway/services/rest/v2.0/health_checks/?include_internal_checks=true' | jq -r '.entities[].name' | wc -l
440

チェックの名前に "AHV" という文字列が含まれるものを探してみると、以外なことに3件でした。(AHV対象のチェックが3件というわけではなく、チェック項目名に AHV が含まれるものです)

[gowatana@infra-jbox-01 ~]$ curl -ks -u $IDPASS 'https://ntnx-n-01.go-lab.jp:9440/PrismGateway/services/rest/v2.0/health_checks/?include_internal_checks=true' | jq -r '.entities[].name' | grep -i AHV
AHV CVM Startup Dependency Check
AHV Read-Only Filesystem Check
AHV Crash File Check

ちなみに、今回も Nutanix 外部の Linux から curl / jq を実行しています。

$ cat /etc/oracle-release; jq -V
Oracle Linux Server release 7.5
jq-1.5

以上。

©2019 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。