NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix AHV vNIC での tap の名前付与の様子。

今回は、Nutanix AHV の vNIC で、tap の名前が自動付与される様子を確認してみます。

Nutanix AHV の VM に作成される vNIC には、対応する tap デバイスが作成されます。

tap デバイスの名前は、AHV ホストごとに一意の名前になっています。

そこで、Nutanix CE 2020.09.16 の Nutanix クラスタで、tap の様子を確認してみます。

今回の環境では「NTNX-1345a952-A」という AHV で起動されている vm01 の vNIC が接続される Port Name が「tap0」になっています。これは、tap デバイスと同じ名前になります。

Prism から確認すると、下記のような感じで VM をまたいで「tap0」から順に作成され、名前は自動的に付与されます。

そして、同じく AHV「NTNX-1345a952-A」で起動されている vm02 の Port Name は、「tap1」になっています。

ためしに、vm02 を別の AHV にライブ マイグレーションで移動してみます。

vm02 が、別の AHV に移動されました。

vm02 の Port Name(と tap デバイスの名前)は、自動的に「tap0」という名前に変更されました。

このように、AHV での tap デバイスの名前は、自動的に管理されています。

以上。

©2021 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。