NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix Files の Quota Policy を ncli で作成してみる。

Nutanix Files の SMB 共有フォルダに、ncli で Quota Policy を作成してみます。

以前に、Nutanix Meetup Online 21.11録画)で紹介したものを、もう少し具体的に紹介します。

今回の内容です。

 

今回の環境

今回のソフトウェアは下記です。

  • Nutanix CE 2020.09.16
  • Nutanix Files 3.8.1.1

SMB 共有フォルダ「共有零壱」を作成ずみです。Quota Policy は、まだ追加作成していません。ちなみに、「All Users」はデフォルトで作成されているポリシーです。

f:id:gowatana:20211210234630p:plain

 

ファイル サーバーと共有フォルダの UUID 確認

ncli での Nutanix Files 操作では、対象のファイル サーバーと共有フォルダを、UUID で指定します。

ncli は、CVM に SSH ログインして実行します。

 

まずは、ファイル サーバーの UUID を確認します。Name が「test-fs-01」のファイルサーバの UUID です。

CVM$ ncli fs list filter-criteria=Name search-string=test-fs-01 | grep '  Uuid' | cut -d: -f 2 | tr -d ' '
0a1bef2b-099c-4f52-9c89-eac01bd204bb

 

UUID は、後続のコマンドラインで指定しやすいように変数(FS_UUID)に格納しておきます。

CVM$ FS_UUID=$(ncli fs list filter-criteria=Name search-string=test-fs-01 | grep '  Uuid' | cut -d: -f 2 | tr -d ' ')
CVM$ echo $FS_UUID
0a1bef2b-099c-4f52-9c89-eac01bd204bb

 

つづけて、共有フォルダの UUID を取得します。

CVM$ ncli fs list-shares uuid=0a1bef2b-099c-4f52-9c89-eac01bd204bb | egrep "Name|Share UUID" | grep -B1 "共有零壱"
    Share UUID                : a03355aa-654b-4aa3-a4a5-6412614dcc58
    Name                      : 共有零壱

 

共有フォルダ UUID も、変数(SHARE_UUID)に格納しておきます。

CVM$ SHARE_UUID=$(ncli fs list-shares uuid=$FS_UUID | egrep "Name|Share UUID" | grep -B1 "共有零壱"  | grep UUID | cut -d: -f 2 | tr -d ' ')
CVM$ echo $SHARE_UUID
a03355aa-654b-4aa3-a4a5-6412614dcc58

 

Quota Policy の作成

それでは、Quota Policy を作成します。

Prism から作成する場合は、下記のような画面で作成します。

f:id:gowatana:20211210234742p:plain

 

(つづき)

f:id:gowatana:20211210234829p:plain

 

スクリーン ショットで入力していたパラメータで Quota Policy を作成するには、ncli では下記のようになります。「¥」はコマンドライン内での改行です。

ncli fs add-quota-policy \
uuid=$FS_UUID share-uuid=$SHARE_UUID \
principal-type=user \
principal-value=tech01 \
quota-size-gib=2 \
quota-enforcement-type=Hard \
send-quota-notifications-to-user=true \
notification-recipients=tech01@ntnx.jp

 

実行した様子です。

f:id:gowatana:20211210235057p:plain

 

これで、Quota Policy が作成されました。

CVM$ ncli fs list-quota-policies uuid=$FS_UUID share-uuid=$SHARE_UUID

    Quota Policy UUID         : 5ec91783-ae96-4447-be08-6299c9d15076
    Share UUID                : a03355aa-654b-4aa3-a4a5-6412614dcc58
    Principal Type            : user
    Principal Value           : _default
    Quota Size In GiB         : 0.0
    Quota Enforcement Type    : SOFT
    Send Quota Notificatio... : true
    Notification Recipients   : []

    Quota Policy UUID         : 6d64808b-e9fb-4985-9bea-c71b9b236136
    Share UUID                : a03355aa-654b-4aa3-a4a5-6412614dcc58
    Principal Type            : user
    Principal Value           : tech01
    Quota Size In GiB         : 2.0
    Quota Enforcement Type    : HARD
    Send Quota Notificatio... : true
    Notification Recipients   : [tech01@ntnx.jp]

 

Prism でも、Quota Policy が作成されたことが分かります。

f:id:gowatana:20211210235209p:plain

 

ちなみに、連携している Active Directory に存在しないユーザを指定すると、ちゃんとエラーになります。

f:id:gowatana:20211210235436p:plain

続く。

©2021 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。