NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE の X-Play を使用してみる。

Prism Central の X-Play という機能は、運用手順の自動化で使用できます。

今回は、Nutanix CE と CE 用 Prism Central で、X-Play の「プレイブック」を使用してみます。

今回の内容です。

今回の環境

Nutanix CE のバージョンは下記です。

  • Nutanix CE: ce-2020.09.16-stable
  • Prism Central: pc.2020.09.16

X-Play のプレイブックにより、vm01 という Linux VM(IP アドレスは 192.168.6.145)に SSH でコマンド実行してみます。

f:id:gowatana:20210131231423p:plain

プレイブックの作成

プレイブック(つまり X-Play)は、Prism Cntral から操作します。

画面左上 → 「オペレーション」→「プレイブック」を開きます。初回のみ表示される「プレイブックへようこそ」は「はじめに」をクリックして閉じます。

f:id:gowatana:20210131231956p:plain

「リスト」→「プレイブックの作成」を開きます。

f:id:gowatana:20210131232200p:plain

はじめに、トリガーを選択します。

今回は手動実行するので「Manual」を選択します。

f:id:gowatana:20210131232404p:plain

Entity Type で、「VM」を選択します。

f:id:gowatana:20210131232512p:plain

「新規アクション」で、アクションを選択します。画面を下の方にスクロールします。

f:id:gowatana:20210131232626p:plain

「VM SSH」を選択します。このアクションでは、自動的に VM の IP アドレスにむけて SSH コマンドを実行できます。

f:id:gowatana:20210131232706p:plain

次のようなパラメータを入力して、「保存して閉じる」をクリックします。

  • Username: SSH でのログイン ユーザ。
  • Password: Username で指定したユーザのパスワード。
  • Command to Run: 実行するコマンド。今回は Linux の wall コマンドで、コンソールに適当な文字列を表示してみます。

ちなみに、接続先の IP アドレスは、Prism で認識している VM の IP アドレスが利用されるようで、プレイブックには入力しません。

f:id:gowatana:20210131233152p:plain

プレイブックの名前(今回は test-playbook-01)を入力します。

そして、ステータスを「有効」に変更してから保存します。

f:id:gowatana:20210131233439p:plain

プレイブックの実行

Prism Central の VM 一覧画面から、X-Play のプレイブックの手動実行により、VM に対して SSH でコマンド実行してみます。

画面左上 → 「仮想インフラ」→「仮想マシン」を開きます。

f:id:gowatana:20210131233719p:plain

vm01 という起動中の VM があるので、VM コンソールを開いておきます。

f:id:gowatana:20210131231423p:plain

VM コンソールには、プレイブックで指定したユーザでログインしておきます。

f:id:gowatana:20210131234041p:plain

vm01 を選択して、「アクション」→「プレイブックを実行」を開きます。

f:id:gowatana:20210131234302p:plain

さきほど作成したプレイブック「test-playbook-01」を選択して、「実行」をクリックします。

f:id:gowatana:20210131234415p:plain

画面上部に、プレイブックが実行されたメッセージが表示されます。

f:id:gowatana:20210131234434p:plain

vm01 のコンソール画面に、プレイブックに入力した wall コマンドのメッセージが表示されます。

f:id:gowatana:20210131234608p:plain

以上。

©2020 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。