NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix AHV のメンテナンス モード。

Nutanix AHV にも、ESXi などのハイパーバイザと同様に、意図的に VM を起動しないようにできる「メンテナンス モード」があります。ためしに、Nutanix CE ce-2018.05.01-stable の AHV をメンテナンス モードにしてみました。

今回は、AHV 3ノード クラスタで、それぞれの AHV に VM が起動しています。

f:id:gowatana:20181217225135p:plain

AHV をメンテナンス モードに移行するには、CVM にログインして acli を使用します。

AHV は、3ホストとも VM が起動できる「Schedulable = True」になっています。

f:id:gowatana:20181217225539p:plain

メンテナンス モードに移行できるか、チェックしてみると OK でした。

CVM$ acli host.enter_maintenance_mode_check 192.168.20.21
"Ok to enter maintenance mode."

メンテナンス モードに移行します。

CVM$ acli host.enter_maintenance_mode 192.168.20.21
EnterMaintenanceMode: pending
EnterMaintenanceMode: complete

メンテナンスモードになり、acli vm.list コマンドで AHV の状態を確認すると、「Schedulable = False」となりました。

f:id:gowatana:20181217230919p:plain

メンテナンス モードにした AHV で起動していた VM は、自動的に別の AHV にライブ マイグレーションされました。vm01 が、vm02 と同じ AHV に移動されています。

f:id:gowatana:20181217230338p:plain

ためしに、メンテナンス モードの AHV(~ 192.168.20.21)に VM のライブ マイグレーション(Migrate)を試してみます。

f:id:gowatana:20181217230603p:plain

ライブ マイグレーションのタスクは開始されますが、期待どおり、移行先の AHV でスケジュールできない(VM が起動できない)というエラーになりました。

f:id:gowatana:20181217230739p:plain

メンテナンス モードを解除します。

CVM$ acli host.exit_maintenance_mode 192.168.20.21

解除され、「Schedulable = True」に戻りました。

f:id:gowatana:20181217231222p:plain

VM は自動的に、もとの AHV に戻りました。データ ローカリティをリストアしたというメッセージも出ています。

f:id:gowatana:20181217231335p:plain
以上。

©2019 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。