NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE での VG 統合。

Nutanix Volumes の 2つの Volume Group(VG)を、1つにまとめてみます。今回の Nutanix CE のバージョンは ce-2019.02.11-stable です。今回の VG は、Nutanix Volumes の Internal 接続(VM に直接接続)をしています。 

f:id:gowatana:20190715191846p:plain

初期状態

VG を 2つ作成し、VM に接続してあります。

Prism から見た VG

VG「vg01」、「vg02」を作成し、VM に接続してあります。それぞれの VG には、1つずつ vDisk を作成してあります。

f:id:gowatana:20190715182934p:plain

vg01 → 10GB vDisk x 1

f:id:gowatana:20190715183308p:plain

vg02 → 20GB vDisk x 1

f:id:gowatana:20190715183324p:plain

ゲスト OS

今回のゲスト OS は Oracle Linux 7 です。

[root@vm01 ~]# cat /etc/system-release
Oracle Linux Server release 7.6

それぞれの VG の vDisk は /dev/sdb、/dev/sdc と認識されています。パーティション& xfs ファイルシステムを作成して、マウント済みです。

  • /dev/sdb1 → /data01
  • /dev/sdc1 → /data02
[root@vm01 ~]# lsblk /dev/sdb1 /dev/sdc1
NAME MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sdb1   8:17   0  10G  0 part /data01
sdc1   8:33   0  20G  0 part /data02

vDisk にはテストデータを格納してあります。

[root@vm01 ~]# cat /data01/test.txt
vg no data 1.
[root@vm01 ~]# cat /data02/test.txt
vg no data 2.

VG の切断

ゲスト OS からアンマウント

ゲスト OS から vDisk のファイルシステムをアンマウントしておきます。

[root@vm01 ~]# umount /dev/sdb1
[root@vm01 ~]# umount /dev/sdc1

VM から vDisk を切断

acli で VM から VG を切断しておきます。

CVM$ acli vg.detach_from_vm vg01 vm01
DetachFromVm: pending
DetachFromVm: complete
CVM$ acli vg.detach_from_vm vg02 vm01
DetachFromVm: pending
DetachFromVm: complete

VG の統合

新規 VG「vg03」を作成します。

CVM$ acli vg.create vg03
vg03: pending
vg03: complete

vg03 に、に既存の VG から vDisk をクローンします。

CVM$ acli vg.disk_create vg03 clone_from_vmdisk=vg:vg01:0
DiskCreate: pending
DiskCreate: complete
CVM$ acli vg.disk_create vg03 clone_from_vmdisk=vg:vg02:0
DiskCreate: pending
DiskCreate: complete

vg01 と vg03 の vDisk のデータをもつ vg03 が作成されました。

CVM$ acli vg.get vg03
vg03 {
  disk_list {
    container_id: 1571
    container_uuid: "8370b79e-dbce-45e0-8e9d-02b8810f513b"
    index: 0
    vmdisk_size: 10737418240
    vmdisk_uuid: "4fe839fa-02cd-4171-9014-db87a44bb80e"
  }
  disk_list {
    container_id: 1571
    container_uuid: "8370b79e-dbce-45e0-8e9d-02b8810f513b"
    index: 1
    vmdisk_size: 21474836480
    vmdisk_uuid: "d5815fc2-2aef-4535-8490-e9ab1e45127a"
  }
  iscsi_target_name: "vg03-19f234e1-16ca-4473-b5c1-ba17d9fbc470"
  logical_timestamp: 3
  name: "vg03"
  uuid: "19f234e1-16ca-4473-b5c1-ba17d9fbc470"
  version: "kSecond"
}

Prism でも確認することができます。

f:id:gowatana:20190715190059p:plain

VG の VM への接続

vg03 を VM に接続します。

CVM$ acli vg.attach_to_vm vg03 vm01
AttachToVm: pending
AttachToVm: complete

ゲスト OS で vDisk が認識されます。

[root@vm01 ~]# lsblk /dev/sdb1 /dev/sdc1
NAME MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sdb1   8:17   0  10G  0 part
sdc1   8:33   0  20G  0 part

ゲスト OS でファイルシステムをマウントします。

[root@vm01 ~]# mount /dev/sdb1 /data01
[root@vm01 ~]# mount /dev/sdc1 /data02
[root@vm01 ~]# lsblk /dev/sdb1 /dev/sdc1
NAME MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sdb1   8:17   0  10G  0 part /data01
sdc1   8:33   0  20G  0 part /data02

もともと vg01 / vg02 に格納されていたデータが確認できます。

[root@vm01 ~]# cat /data01/test.txt
vg no data 1.
[root@vm01 ~]# cat /data02/test.txt
vg no data 2.

以上。

©2019 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。