NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix AHV の VM Snapshot を Ansible で取得してみる。

Nutanix RAST API v2 を利用して、Ansible で AHV の VM スナップショットを取得してみます。今回の Nutanix CE バージョンも ce-2018.05.01-stable です。

Ansible の uri モジュールを利用します。
uri - Interacts with webservices — Ansible Documentation

Ansible の実行環境は下記です。

$ cat /etc/oracle-release
Oracle Linux Server release 7.5
$ ansible --version
ansible 2.5.2
  config file = /home/gowatana/.ansible.cfg
  configured module search path = [u'/home/gowatana/.ansible/plugins/modules', u'/usr/share/ansible/plugins/modules']
  ansible python module location = /usr/lib/python2.7/site-packages/ansible
  executable location = /usr/bin/ansible
  python version = 2.7.5 (default, Apr 11 2018, 17:41:36) [GCC 4.8.5 20150623 (Red Hat 4.8.5-28.0.1)]

Prism で、VM の UUID を確認しておきます。

f:id:gowatana:20181225033733p:plain

今回は、下記のような Ansible Playbook を作成しました。
ahv_vm_uuid には、スナップショット取得対象の VM のUUID を指定します。
URL でのホスト指定で Prism にアクセスしているので、Ansible でのタスクの実行対象は localhost にしています。

gist.github.com

ansible-playbook で、Playbook を実行します。

$ ansible-playbook take_ahv_vm_snapshot.yml

f:id:gowatana:20181225033914p:plain

スナップショットが取得されました。

f:id:gowatana:20181225034024p:plain
以上。

©2019 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。