NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix AHV と名前重複した VM。

Nutanix AHV では、名前が重複する VM を作成することができます。そして、VM 名が重複する場合は VM の UUID などから見分ける必要があります。

VM「vm03」をいくつか作成してみます。

CVM$ acli vm.create vm03
vm03: pending
vm03: complete
CVM$ acli vm.create vm03
vm03: pending
vm03: complete
CVM$ acli vm.create vm03
vm03: pending
vm03: complete
CVM$ acli vm.list
VM name  VM UUID
vm01     885074b9-d128-4a25-86c7-9b08bf5850c4
vm02     e234fdbb-f13d-4319-b033-a7f2622c0719
vm03     25ceb26f-2e25-47b9-bd25-bf0fda5924c2
vm03     d30b1bd6-53ff-4ce4-bc77-43eb63403eaf
vm03     01a45097-9f97-461f-8e72-f1fbab5dd585

VM 名が重複している場合は、名前を指定した VM の操作がわかりにくくなります。cli ベースの作業でも、UUID での指定が必要になります。

CVM$ acli vm.get vm03
Ambiguous name, please provide an ID: vm03 (3 matches)
CVM$ acli vm.update vm03
Ambiguous name, please provide an ID: vm03 (3 matches)
CVM$ acli vm.delete vm03
Ambiguous name, please provide an ID: vm03 (3 matches)
CVM$ acli vm.get 25ceb26f-2e25-47b9-bd25-bf0fda5924c2
vm03 {
  config {
    allow_live_migrate: True
    machine_type: "pc"
    memory_mb: 2048
    name: "vm03"
    num_vcpus: 1
    vga_console: True
  }
  logical_timestamp: 1
  state: "kOff"
  uuid: "25ceb26f-2e25-47b9-bd25-bf0fda5924c2"
}

このとき acli では、対話的に実行しているのであれば、タブキーによる補完で VM 名 をもとに UUID の候補を探すことができます。

CVM$ acli
<acropolis> vm.get vm03:
vm03:01a45097-9f97-461f-8e72-f1fbab5dd585  vm03:25ceb26f-2e25-47b9-bd25-bf0fda5924c2  vm03:d30b1bd6-53ff-4ce4-bc77-43eb63403eaf
<acropolis> vm.get vm03:01a45097-9f97-461f-8e72-f1fbab5dd585
vm03 {
  config {
    allow_live_migrate: True
    machine_type: "pc"
    memory_mb: 2048
    name: "vm03"
    num_vcpus: 1
    vga_console: True
  }
  logical_timestamp: 1
  state: "kOff"
  uuid: "01a45097-9f97-461f-8e72-f1fbab5dd585"
}

ちなみに「VM 名:UUID」形式での指定は、実際は UUID の部分しか意味を持たないようです。VM 名の部分は適当な文字列でも、UUID で VM を識別します。

CVM$ acli vm.get aaaa:01a45097-9f97-461f-8e72-f1fbab5dd585
vm03 {
  config {
    allow_live_migrate: True
    machine_type: "pc"
    memory_mb: 2048
    name: "vm03"
    num_vcpus: 1
    vga_console: True
  }
  logical_timestamp: 1
  state: "kOff"
  uuid: "01a45097-9f97-461f-8e72-f1fbab5dd585"
}

可能な限り VM 名の重複は避けたほうが、運用的には安全そうかなと思います。

以上。