NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE で vDisk のストレージ コンテナ配置を簡易確認してみる。(Nutanix Cmdlets)

Nutanix CE で、vDisk とストレージコンテナの対応を確認してみます。
以前に、REST API v2 と curl + jq コマンドで確認したので、今回は PowerShell の Nutanix Cmdlets を利用します。

Nutanix クラスタに接続します。

PS> Connect-NutanixCluster -Server ntnx-n-01.go-lab.jp -UserName admin -AcceptInvalidSSLCerts

コマンド パイプライン位置 1 のコマンドレット Connect-NutanixCluster
次のパラメーターに値を指定してください:
(ヘルプを表示するには、「!?」と入力してください。)
Password: ************
[Warning]: Cluster version[2018.05.01] and Cmdlets version[5.5] do not match. This might cause some cmdlets to not function correctly. Do you still want to continue [Y/N]?: Y

VM と vDisk と、コンテナ ID の一覧です。

PS> Get-NTNXVirtualDisk | select attachedVMName,diskAddress,diskCapacityInBytes,containerId

attachedVMName diskAddress diskCapacityInBytes containerId
-------------- ----------- ------------------- -----------
vm03           scsi.0               2147483648 0005715d-3b16-d9fb-3669-005056b6008b::180322
vm02           scsi.0               2147483648 0005715d-3b16-d9fb-3669-005056b6008b::180322
vm03           scsi.2               2147483648 0005715d-3b16-d9fb-3669-005056b6008b::180323
vm04           scsi.0               2147483648 0005715d-3b16-d9fb-3669-005056b6008b::180323
vm01           scsi.0              17179869184 0005715d-3b16-d9fb-3669-005056b6008b::1734
vm05           scsi.0               2147483648 0005715d-3b16-d9fb-3669-005056b6008b::180323
vm03           scsi.1               2147483648 0005715d-3b16-d9fb-3669-005056b6008b::180323

一方、こちらはコンテナ名と ID の一覧です。。

PS> Get-NTNXContainer | select Id,name

id                                           name
--                                           ----
0005715d-3b16-d9fb-3669-005056b6008b::1734   st-container-01
0005715d-3b16-d9fb-3669-005056b6008b::180322 st-container-02
0005715d-3b16-d9fb-3669-005056b6008b::180323 st-container-03
0005715d-3b16-d9fb-3669-005056b6008b::4      default-container-47147988289403
0005715d-3b16-d9fb-3669-005056b6008b::5      NutanixManagementShare
0005715d-3b16-d9fb-3669-005056b6008b::744    SelfServiceContainer

まとめて表示してみます。

PS> $ctr = Get-NTNXContainer; Get-NTNXVirtualDisk | select attachedVMName,diskAddress,diskCapacityInBytes,@{N="container";E={$ctr_id = $_.containerId; ($ctr | where {$_.id -eq $ctr_id}).name}} | sort attachedVMName,diskAddress

attachedVMName diskAddress diskCapacityInBytes container
-------------- ----------- ------------------- ---------
vm01           scsi.0              17179869184 st-container-01
vm02           scsi.0               2147483648 st-container-02
vm03           scsi.0               2147483648 st-container-02
vm03           scsi.1               2147483648 st-container-03
vm03           scsi.2               2147483648 st-container-03
vm04           scsi.0               2147483648 st-container-03
vm05           scsi.0               2147483648 st-container-03

Nutanix Cmdlets のバージョンは、Nutanix CE ce-2018.05.01-stable に付属のものです。
そして PowerShell のバージョンは下記でした。

PS> Get-Host | select Version

Version
-------
5.1.17134.407

以上。

©2019 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。