NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix AHV へのアクセス経路。

Nutanix AHV は、実のところ Linux KVM なので操作するために様々なアクセス経路があります。そこで、一般的に利用しそうな経路を図にしてみました。

AHV には IPMI のリモートコンソール / ディスプレイ直結 / SSH などで直接ログインすることもできます。定常的な運用では AHV は直接ログインしないようにするのが好ましいとは思いますが、Prism ですべての AHV の設定ができるわけではないので、直接ログインする機会もあるはずです。

一般的には、GUI、CLI、API 直接利用、といった順に利用するのではないかなと思います。また個人的には無難そうなアクセス経路として、図での緑色の経路を優先的に利用するように心がけていたりします。

f:id:gowatana:20181202180935p:plain

以上。

 

元データはこちら。

https://1drv.ms/f/s!AnlE-3oEWaHs0zQRWtCbLpS9JVkK

©2019 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。