NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE への Prism Cental デプロイが失敗した時の対処。(acli でのディスク イメージ交換)

Nutanix CE に Prism Central を 1-Click デプロイで失敗した場合の対処については、以前に hanakara_milk さんが投稿されています。

私の環境の Nutanix CE ce-2018.01.31-stable に Prism Central をデプロイして失敗(物理マシンの搭載メモリ容量の都合かも)した場合にも、この対処が役立ちました。

ただ ce-2018.01.31 では、Prism Cental VM を Prism Element から設定変更できなかった(Update がグレーアウト)ので、acli から設定変更しました。その時の手順を残しておきます。

f:id:gowatana:20180503234515p:plain

続きを読む

Nutanix CE で support for network function VMs によるブリッジ構成変更を見てみる。(disable_bridge_chain / enable_bridge_chain)

Nutanix CE ce-2018.01.31-stable から、デフォルトのブリッジ構成が 大きく変更されました。これは以前のブリッジ構成に変更することもできます。

ce-2018.01.31-stable のブリッジの様子は、下記のようになっています。

商用版 Nutanix のドキュメントをもとに、「support for network function VMs」を無効化して、以前のブリッジ構成に戻してみます。(ただし今回の CE は AOS 5.5 想定ですが、このドキュメントは AOS 5.6 のものです)

https://portal.nutanix.com/#/page/docs/details?targetId=AHV-Admin-Guide-v56:ahv-nw-functions-enable-disable-t.html

今回の Nutanix CE のバージョンです。

nutanix@NTNX-54e60e4a-A-CVM:192.168.1.185:~$ cat /etc/nutanix/release_version
el7.3-release-ce-2018.01.31-stable-c3b9964290bf2f28799481fed5cf32f92ab3dadc
続きを読む

Nutanix CE の IPAM 無効ネットワークで IP を見てみる。(acli / ncli)

Prism には、VM に付与された IP アドレスが表示されます。これは、Nutanix の IPAM が無効の場合(静的設定 / 外部 DHCP サーバによる IP 設定)でも表示されます。ただし、CLI から確認する場合は acli ではなく ncli で確認することになるようです。

f:id:gowatana:20180429103506p:plain

今回は、Nutanix CE ce-2018-01-31-stable の acli / ncli で、VM の IP アドレスを見てみます。

nutanix@NTNX-d9bf69a4-A-CVM:192.168.1.232:~$ cat /etc/nutanix/release_version
el7.3-release-ce-2018.01.31-stable-c3b9964290bf2f28799481fed5cf32f92ab3dadc
続きを読む

Nutanix CE ではじめる AHV。

Nutanix CE などで AHV に取り組むときに、まず意識するとよいかなと思うところをいくつか挙げてみます。

「基本的に」・・・

  1. 通常運用の操作は、すべて Prism から実施する。
  2. コマンドラインでの操作は、CVM の acli を使用する。
  3. AHV にはできるだけ直接ログインしない。
    どうしてもアクセスしたい場合は、できるだけ CVM 経由にする。
  4. 仮想スイッチは設定変更しない。
    それでも設定変更するなら CVM の manage_ovs を使用する。
  5. AHV の Linux / KVM の設定は基本的に変更しない。
続きを読む