NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

AHV の Image Service 登録で Linux DISK イメージが起動できない場合の対処例。

今回は、Image Service で ESXi から Nutanix CE / AHV に移行した Oracle Linux 7 (OL7)のブート トラブルの対処をしてみます。

AHV では、vDisk として VirtIO デバイスを利用します。そのため、VM 移行では、移行元でゲスト OS に virtio デバイスのドライバをインストールしておく必要があります。

AHV でサポートされている Linux OS では Linux カーネルに VirtIO ドライバが含まれているので、あらためてドライバをインストールをする必要はありません。しかし RHEL7 / CentOS7 などでは OS ブートのなかで読み込まれる initramfs ファイルに VirtIO ドライバが含まれないため、下記のようにブートに失敗して「dracut:/#」プロンプトになってしまいます。

そこで、AHV でこの状態になった OL7 を起動できるようにしてみます。

f:id:gowatana:20190724082248p:plain

続きを読む

Nutanix CE の AHV / CVM ホスト名を変更してみる。

デモ環境などで、AHV / CVM の名前をわかりやすいものに変更したい場合があり、Nutanix CE の AHV と CVM のホスト名を変更してみます。

今回は下記のように変更します。

  • CVM: NTNX-43457035-A-CVM → NTNX-CE-A-CVM
  • AHV: NTNX-43457035-A → NTNX-CE-A

Prism から見たホスト名変更前の状態です。

f:id:gowatana:20190627002600p:plain

続きを読む

Nutanix CE の REST API v2 で VM のタイムゾーン設定を確認してみる。

Nutanix CE で、REST API から VM のタイムゾーン設定を確認してみます。AHV ではゲスト OS の種類(Windows / Linux)ごとに VM のタイムゾーン設定を変更するケースがあるので、その時の確認に利用できそうかなと思います。

今回は、Nutanix 外部の Linux クライアントから curl と jq コマンドを利用しています。

続きを読む
©2019 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。