読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE x Docker (ACS) をやってみた話。(Meetsup #16)

ACS Nutanix-meetup-Japan Docker

Nutanix Community Meetup #16 で、Nutanix で Docker を利用する Acropolis Container Services (ACS) についての紹介をしました。

内容は、下記のような感じです。

  1. Docker と Nutanix の関係
  2. Acropolis Container Services (ACS)とは
  3. ACS の様子
続きを読む

2016年の Nutanix CE 生活について。(Meetsup #16)

NTC Nutanix-meetup-Japan

昨年末、NTC 2017 を受賞しました。そして先日、Nutanix Community Meetup #16 で昨年の活動を紹介させていただきました。

nutanix.connpass.com

 

日本のNTC2017受賞者のみなさん(私も含めて4人います)にもお会いできました。

続きを読む

Nutanix Acropolis Container Services (ACS) の Docker Engine。

ACS Docker

Nutanix Acropolis Container Services (ACS)  の Docker Machine 用 Nutanix Doriver を使用してデプロイした、Docker Host VM の Docker Engine は、わりと新しいバージョンです。今だとデフォルトで Docker 1.13 系になります。

[gowatana@client01 ~]$ docker-machine ls
NAME           ACTIVE   DRIVER    STATE     URL                        SWARM   DOCKER    ERRORS
docker-vm-01   -        nutanix   Running   tcp://192.168.1.225:2376           v1.13.0
続きを読む

Nutanix CE は Ravello を認識する。

CE-on-Ravello

Nutanix CE の ce-2017.01.10-stable を Ravello にインストールしてみたところ・・・

f:id:gowatana:20170201231921p:plain

なんと、自分が Ravello の VM だと認識してました。

f:id:gowatana:20170201232115p:plain

/home/install/phx_iso/phoenix/sysUtil.py を見ると、どうやら 「Check NIC MACs for the Ravello Systems vendor code (2c:c2:60).」とあり、MAC アドレスのベンダーコード (OUI) をもとに判別しているようです。

ちなみに、判断基準としている 2c:c2:60 を今、IEEE の検索ページで調べると、「Oracle Corporation」でした。ORACLE。

以上。

ESXi 6.0 で Nested Nutanix CE を構成してみる。

Nutanix CE を ESXi 6.0 の VM にインストールして、シングル クラスタを構成してみます。

  • ESXi の管理には vCenter の vSphere Web Client を使用しています。
  • Nutanix CE のバージョンは ce-2017.01.10-stable です。
  • ESXi のデータストアは SSD を使用しています。

なお、今回は Nested Nutanix CE 特有の部分を中心に説明して、一般的な Nutanix CE インストール部分は簡単に済ませています・・・

続きを読む

Nutanix Technology Champions 2017 に選ばれました。

NTC

あけましておめでとうございます。

昨年末、Nutanix Technology Champions (NTC) 2017 に選ばれました。

next.nutanix.com

今年もひきつづき、Nutanix にかかわる不定期日記をつづろうと思います。そして Nutanix Meetup などで Nutanix CE の実験結果をお話できればと思います・・・

以上。

Nutanix Cmdlets のバージョン確認。

Nutanix-Cmdlets

Nutanix Cmdlets のバージョンを確認してみます。

PS C:\> Add-PSSnapin NutanixCmdletsPSSnapin
PS C:\> Get-NutanixCmdletsInfo

Key            Value
---            -----
version        4.7
BuildVersion   1.7-release4.7-dev-06182016
RestAPIVersion v1

ついでに PowerShell のバージョンを確認しておきます。

PS C:\> $PSVersionTable

Name                           Value
----                           -----
PSVersion                      5.1.14393.576
PSEdition                      Desktop
PSCompatibleVersions           {1.0, 2.0, 3.0, 4.0, 5.0, 5.1.14393.576}
BuildVersion                   10.0.14393.576
CLRVersion                     4.0.30319.42000
WSManStackVersion              3.0
PSRemotingProtocolVersion      2.3
SerializationVersion           1.1.0.1


PS C:\> Get-Host


Name             : ConsoleHost
Version          : 5.1.14393.576
InstanceId       : 5610b2b2-7d76-4d6c-9ef7-06e5bfa027db
UI               : System.Management.Automation.Internal.Host.InternalHostUserInterface
CurrentCulture   : ja-JP
CurrentUICulture : ja-JP
PrivateData      : Microsoft.PowerShell.ConsoleHost+ConsoleColorProxy
DebuggerEnabled  : True
IsRunspacePushed : False
Runspace         : System.Management.Automation.Runspaces.LocalRunspace


Nutanix Cmdlets と Nutanix Cluster のバージョンが合わない場合は Connect-NutanixCluster で下記のような警告がでますが、接続は可能です。

[Warning]: Cluster version[2016.10.12] and Cmdlets version[4.7] do not match. This might cause some cmdlets to not function correctly. Do you still want to continue [Y/N]?:Y

以上。