読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE を vRealize Log Insight で見る。(Curator の MapReduce)

CVM vRealize Log Insight

Nutanix Bible によれば、Nutanix では、Curator というコンポーネントが、MapReduce でNutanix クラスタ全体のディスク バランシングやスクラブなどの処理をしているそうです。Curatorは 6時間ごとにフルスキャン、1時間ごとに部分スキャンをしているらしいので見てみました。

Nutanix CE からログ転送している Log Insight のインタラクティブ分析で、Curator のログの傾向を見てみました。

  • フィルタは「product = nutanix」と「appname = curator」。
  • 時系列で appname によるグループ化をして、イベント数をカウント。
  • 表示するログの期間は48時間。
  • 1バーは 10分間隔。(見やすいので)

6時間ごとに、高い棒、そして1時間ごとに少し高い棒が見えました。本当に 6時間ごと、1時間ごとに何か処理をしてそうです。

6時間ごとの、高い棒のひとつで、イベントトレンドを見てみます。(グラフ中央あたりで白くなっている棒)

f:id:gowatana:20161024234210p:plain

たしかに MapReduce の Job Tracker による FullScan 関連っぽいログも見当たります。

2016-10-23T08:11:59.165671-07:00 NTNX-245e18fd-A-CVM curator: I1023 08:11:58.686034 4405 mapreduce_job_tracker.cc:859] Removing MapReduce job 367, FullScan MapReduce #4

1時間ごとの、少し高い棒を見てみます。(白くなっている棒のところ)

f:id:gowatana:20161024235141p:plain

部分スキャン風なログが見受けられます。

2016-10-23T09:13:52.928913-07:00 NTNX-245e18fd-A-CVM curator: I1023 09:13:50.038807 4273 mapreduce_job_tracker.cc:859] Removing MapReduce job 369, PartialScan MapReduce

ちなみに、Log Insight にはこんな感じでログ転送しています。

以上。

 

Nutanix CE のバージョンアップ途中での CVM 障害の観察。

CVM basic-setup

3 Node Cluster の Nutanix CE をバージョンアップしている途中で、たまたま CVM 障害が発生した時の様子を記録しておこうと思います。なお、うちの Nutanix CE は ESXi 上の Nested VM なのでよく落ちますが、ちゃんとした物理 Nutanix であれば、商用のアプライアンスでも、CE でも、こんなに落ちないのでしょう。

3 Node Cluster です。

f:id:gowatana:20161023002505p:plain

ちなみに、CPU 4コア (8スレッド) + メモリ 32 GB 搭載のマシンに、4 vCPU + 16 GB メモリ の Nutanix CE を 3台載せています。他にも VM を何台か・・・

続きを読む

Nutanix CE のログを vRealize Log Insight に転送してみる。

syslog vRealize Log Insight BlueMedora

Nutanix CE の Syslog を vRealize Log Insight 3.6 (vRLI) に転送してみました。
Blue Medora 社の「Nutanix - Clusters」コンテンツパックを使用します。

f:id:gowatana:20161020014326p:plain

vRealize Log Insight へのコンテンツパックのインストール

vRLI の画面の右上 →「コンテンツ パック」を開きます。

f:id:gowatana:20161020014607p:plain

続きを読む

Nutanix CE で Acropolis Container Services (ACS) 。Part.5

ACS ABS Docker

ACS の Nutanix Volume Plug-In による Docker Data Volume を 同じ Docker Host VM にある 2つのコンテナに接続して、データが永続化される様子を見てみようと思います。

前回はこちら。

今回は、Docker Machine を実行するクライアントから、直接 Docker Host に SSH して Docker コマンドを実行しています。

今回の構成

  • Docker Machine Client: vm01
  • Docker Host VM:  docker-vm-01
  • Docker Container #1: ct01
  • Docker Container #2: ct02
  • Docker Data Volume: ntnx-vg01 (Voluem Driver = nutanix)
続きを読む