NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE の iSCSI Data Service IP。

Nutanix クラスタに設定する External Data Services IP は、最近のバージョンで Prism から見ると iSCSI Data Services IP になりました。

Prism のクラスタ名をクリックすると、設定画面が表示されます。この Nutanix CE のバージョンは ce-2017.05.22-stable ですが、少し前のバージョンからすでに iSCSI Data Services IP でした。

f:id:gowatana:20170526082444p:plain

 

続きを読む

Nutanix CE で Linux ゲストを cloud-init 自動セットアップ。(acli 編)

Nutanix CE の acli を使用して、コマンドラインから cloud-init を利用してみます。

環境は、前回と同様です。ただし今回は、Image Service のディスク イメージは利用せず、cloud-init インストールずみの VM をクローンすることになります。

続きを読む

Nutanix CE で Linux ゲストを cloud-init 自動セットアップ。

Nutanix CE で AWS や OpenStack でおなじみの cloud-init を使用して、Linux ゲスト OS を自動セットアップしてみます。Nutanix の Prism & AHV では、VM 作成の標準機能として cloud-init によるカスタマイズができるようになっています。

環境

  • Nutanix CE ce-2017.02.23-stable を使用。
  • cloud-init で自動セットアップするゲスト OS は Oracle Linux 7.3
  • 接続するためのクライアント役の Linux (ホスト名は client01)を別に用意。

 

続きを読む

VM から Acropolis Image Service のディスクイメージを作成する。

Acropolis Image Service のイメージは、Prism の Web UI からでは 既存の VM から作成できないようです。Create Image 画面の IMAGE SOURCE では、「From URL」か、ローカルからの「Upload a file」が選択できます。

そこで、acli からイメージを作成します。

f:id:gowatana:20170506124519p:plain

 

今回の Nutanix CE です。

nutanix@NTNX-a768e551-A-CVM:192.168.1.232:~$ cat /etc/nutanix/svm-version
4.6r28

 

続きを読む

Nutanix CVM にある allssh の正体。

Nutanix の CVM のコマンドラインで、allssh というものが使われていることがあり、これは、すべての CVM にまとめて SSH でコマンド実行するもののようです。
CVM に設定コマンドを投入するときに使用されていることがあります。

今回の Nutanix CE の CVM のバージョンです。

nutanix@NTNX-a97be8ba-A-CVM:192.168.1.192:~$ cat /etc/nutanix/svm-version
4.6r28
続きを読む

クラウド環境で Nutanix CE をラボるために知っておくべき 10 のこと

はじめに

今回のクラウド環境は、Nutanix CE の Blueprint (VM のテンプレートのようなもの) が提供されている Ravello と、Nutanix 社による Test Drive を想定しています。
ただ、Nutanix CE をクラウド的にためすなら Ravello より Test Drive のほうがよいと思っています。

この投稿は Nutanix Community Meetup #17 でお話した内容を、若干補足修正しています。

nutanix.connpass.com

続きを読む