NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix Guest Tools 連携で Oracle のスナップショット作成してみる。

Nutanix CE で、Nutanix Guest Tools(NGT)の Application Consistent Snapshots で、Oracle Database の動作している VM のスナップショットを作成してみます。

今回は、NGT による /sbin/pre_freeze & /sbin/post_thaw スクリプト実行により、Oracle Database をバックアップ モードにすることで静止点を取得した状態にして Nutanix でのスナップショットを作成してみます。

/sbin/pre_freeze & /sbin/post_thaw の様子については下記もどうぞ。

続きを読む

Nutanix Guest Tools の Application Consistent snapshots を Linux で使用してみる。

Nutanix CE で、Nutanix Guest Tools(NGT)の Application Consistent Snapshots を、Linux で試してみます。

Linux での Application Consistent Snapshots では、ゲスト OS の下記のスナップショット事前/事後スクリプトが NGT によって実行されます。このスクリプトは NGT をインストールしても自動作成されないので、静止点を取得したいアプリケーションに合わせて作成する必要があるようです。ちなみに、下記2つのスクリプト ファイルを配置しないで Application Consistent Snapshot を作成すると Prism では Warning のアラートが出ます。

  • 事前: /sbin/pre_freeze
  • 事後: /sbin/post_thaw

今回は Nutanix CE ce-2017.07.20-stable と、Oracle Linux 7.4 を使用しています。

続きを読む

Nutanix CE の VIP のいる CVM を探す。

Nutanix CE の、Cluster Virtual IP Address と iSCSI Data Services IP が付与されている CVM を探してみます。

CVM のどれかにログインして、allssh で探してみます。
それぞれ、IP アドレスはこれです。

  • External IP Address → Cluster Virtual IP Address
  • External Data Services →  iSCSI Data Services IP
nutanix@NTNX-bd018e94-A-CVM:192.168.1.194:~$ ncli cluster info | grep Ext
    External IP Address       : 192.168.1.190
    External Data Services... : 192.168.1.195
nutanix@NTNX-bd018e94-A-CVM:192.168.1.194:~$

今回の環境では、192.168.1.194 の CVM に付与されていました。

nutanix@NTNX-bd018e94-A-CVM:192.168.1.194:~$ allssh "ip a show eth0 | grep :.$"
Executing ip a show eth0 | grep :.$ on the cluster
================== 192.168.1.191 =================
Connection to 192.168.1.191 closed.
================== 192.168.1.192 =================
Connection to 192.168.1.192 closed.
================== 192.168.1.193 =================
Connection to 192.168.1.193 closed.
================== 192.168.1.194 =================
    inet 192.168.1.190/32 brd 192.168.1.190 scope global eth0:1
    inet 192.168.1.195/32 brd 192.168.1.195 scope global eth0:2
Connection to 192.168.1.194 closed.
nutanix@NTNX-bd018e94-A-CVM:192.168.1.194:~$

以上。

NutanixCmdlets のプロンプトを工夫してみる。

NutainxCmdlets で、Nutanix Cluster に接続しているかひと目でわかるように工夫してみました。そして実験的に GitHub で公開してみました。Nutanix Cmdlets がインストール済みである Windows 10 環境を想定しています。

 

続きを読む

NutanixCmdlet で複数クラスタに接続してみる。

Nutainx Cmdlets で複数の Nutanix クラスタに接続してみました。

1クラスタ目

NTNX> Connect-NTNXCluster -Server ntnx-n01-cvm.go-lab.jp -UserName admin -AcceptInvalidSSLCerts -ForcedConnection

コマンド パイプライン位置 1 のコマンドレット Connect-NTNXCluster
次のパラメーターに値を指定してください:
(ヘルプを表示するには、「!?」と入力してください。)
Password: *************


Server                : ntnx-n01-cvm.go-lab.jp
UserName              : admin
Password              : System.Security.SecureString
AcceptInvalidSSLCerts : True
ForcedConnection      : True
ParameterSetName      : __AllParameterSets
MyInvocation          : System.Management.Automation.InvocationInfo
PagingParameters      :
InvokeCommand         : System.Management.Automation.CommandInvocationIntrinsics
Host                  : System.Management.Automation.Internal.Host.InternalHost
SessionState          : System.Management.Automation.SessionState
Events                : System.Management.Automation.PSLocalEventManager
JobRepository         : System.Management.Automation.JobRepository
JobManager            : System.Management.Automation.JobManager
InvokeProvider        : System.Management.Automation.ProviderIntrinsics
Stopping              : False
CommandRuntime        : Connect-NTNXCluster
CurrentPSTransaction  :
CommandOrigin         : Runspace
lastAccessTimestamp   : 2017/07/30 14:33:18
IsConnected           : True

2クラスタ目

NTNX> Connect-NTNXCluster -Server ntnx-gb-vip.go-lab.jp -UserName admin -AcceptInvalidSSLCerts -ForcedConnection

コマンド パイプライン位置 1 のコマンドレット Connect-NTNXCluster
次のパラメーターに値を指定してください:
(ヘルプを表示するには、「!?」と入力してください。)
Password: *************


Server                : ntnx-gb-vip.go-lab.jp
UserName              : admin
Password              : System.Security.SecureString
AcceptInvalidSSLCerts : True
ForcedConnection      : True
ParameterSetName      : __AllParameterSets
MyInvocation          : System.Management.Automation.InvocationInfo
PagingParameters      :
InvokeCommand         : System.Management.Automation.CommandInvocationIntrinsics
Host                  : System.Management.Automation.Internal.Host.InternalHost
SessionState          : System.Management.Automation.SessionState
Events                : System.Management.Automation.PSLocalEventManager
JobRepository         : System.Management.Automation.JobRepository
JobManager            : System.Management.Automation.JobManager
InvokeProvider        : System.Management.Automation.ProviderIntrinsics
Stopping              : False
CommandRuntime        : Connect-NTNXCluster
CurrentPSTransaction  :
CommandOrigin         : Runspace
lastAccessTimestamp   : 2017/07/30 14:33:48
IsConnected           : True

両方に接続できました。

NTNX> Get-NTNXConnectionInfo | select Server,UserName,IsConnected

Server                 UserName IsConnected
------                 -------- -----------
ntnx-n01-cvm.go-lab.jp admin           True
ntnx-gb-vip.go-lab.jp  admin           True

クラスタの情報を取得。

NTNX> Get-NTNXCluster | select name,clusterExternalIPAddress,version,id

name    clusterExternalIPAddress version    id
----    ------------------------ -------    --
ce-n01  192.168.1.130            2017.07.20 00055511-31e5-05f5-0443-0050568aade6::307089544640638438
ntnx-gb 192.168.1.230            2017.05.22 000550ea-00fc-5663-5766-408d5cfb036e::6297792104818738030

VM の情報を取得。

NTNX> Get-NTNXVM | select vmName,clusterUuid

vmName              clusterUuid
------              -----------
vm02                00055511-31e5-05f5-0443-0050568aade6
vm-template         00055511-31e5-05f5-0443-0050568aade6
NTNX-e33635fe-A-CVM 00055511-31e5-05f5-0443-0050568aade6
vm01                00055511-31e5-05f5-0443-0050568aade6
vm01                000550ea-00fc-5663-5766-408d5cfb036e
NTNX-f975aae3-A-CVM 000550ea-00fc-5663-5766-408d5cfb036e
db01                000550ea-00fc-5663-5766-408d5cfb036e
vm02                000550ea-00fc-5663-5766-408d5cfb036e
db02                000550ea-00fc-5663-5766-408d5cfb036e

微妙な方法ですが、VM の情報と一緒に clusterId ではなくクラスタ名を表示することもできます。

NTNX> Get-NTNXVM | select vmName,@{N="ClusterName";E={$uuid = $_.ClusterUuid; (Get-NTNXCluster | where {$_.uuid -eq $uuid}).name}}

vmName              ClusterName
------              -----------
vm02                ce-n01
vm-template         ce-n01
NTNX-e33635fe-A-CVM ce-n01
vm01                ce-n01
vm01                ntnx-gb
NTNX-f975aae3-A-CVM ntnx-gb
db01                ntnx-gb
vm02                ntnx-gb
db02                ntnx-gb

ちなみに、今回の Nutanix Cmdlets のバージョンです。

NTNX> Get-NTNXCmdletsInfo

Key            Value
---            -----
version        5.1
BuildVersion   2.0-release5.1-dev-28022017
RestAPIVersion v1

以上。

 

Nutanix CE の iSCSI Data Service IP。

Nutanix クラスタに設定する External Data Services IP は、最近のバージョンで Prism から見ると iSCSI Data Services IP になりました。

Prism のクラスタ名をクリックすると、設定画面が表示されます。この Nutanix CE のバージョンは ce-2017.05.22-stable ですが、少し前のバージョンからすでに iSCSI Data Services IP でした。

f:id:gowatana:20170526082444p:plain

 

続きを読む