NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE で vDisk のストレージ コンテナ配置を簡易確認してみる。

この投稿は、Nutanix Advent Calendar 2018 の 12/12 です。
クリスマスなのでささやかな Tips をお届けしようと思います。

Nutanix CE / AHV 環境で VM の vDisk と、それを配置しているストレージ コンテナを確認する方法が悩ましいので、Nutanix API v2 と curl / jq コマンドで工夫してみました。Nutanix CE は、ce-2018.05.01-stable です。

今回のクライアント環境は下記です。

$ cat /etc/oracle-release
Oracle Linux Server release 7.5
$ jq -V
jq-1.5

vDisk のパスを API の GET /virtual_disks/ で取得してみます。

  • 「ntnx-n-01.go-lab.jp」は、うちの CVM / Prism のアドレスです。
  • curl でのオプションは、コマンドラインをシンプルにするため省略できるものは省略しています。
  • CVM に直接ログインすると、もっと簡単に見れる気はしますが・・・
$ IDPASS='admin:パスワード'
$ curl -ks -u $IDPASS 'https://ntnx-n-01.go-lab.jp:9440/PrismGateway/services/rest/v2.0/virtual_disks/' | jq -r '.entities[] | [.attached_vmname, .disk_address, .disk_capacity_in_bytes, .nutanix_nfsfile_path] | @csv'
"vm03","scsi.0",2147483648,"/st-container-02/.acropolis/vmdisk/0aa8e6c9-3a54-4757-a310-e058fff64d59"
"vm02","scsi.0",2147483648,"/st-container-02/.acropolis/vmdisk/3607758e-70af-4dce-9541-1c026c30dcf3"
"vm03","scsi.2",2147483648,"/st-container-03/.acropolis/vmdisk/3ea900c0-d5fb-4987-847b-8e12454cbee6"
"vm04","scsi.0",2147483648,"/st-container-03/.acropolis/vmdisk/a869f872-570d-4cae-85f3-61495563029f"
"vm01","scsi.0",17179869184,"/st-container-01/.acropolis/vmdisk/c3f5da49-da7a-4b9d-9337-af943deabea2"
"vm05","scsi.0",2147483648,"/st-container-03/.acropolis/vmdisk/fb7afc59-d8e7-495c-a1c1-230ea55bd2eb"
"vm03","scsi.1",2147483648,"/st-container-03/.acropolis/vmdisk/fe5c823e-4618-4a6e-bd92-6da64289c240"

もうすこし簡易確認・・・

$ curl -ks -u $IDPASS 'https://ntnx-n-01.go-lab.jp:9440/PrismGateway/services/rest/v2.0/virtual_disks/' | jq -r '.entities[] | [.attached_vmname, .disk_address, .disk_capacity_in_bytes, .nutanix_nfsfile_path] | @csv' | sed "s|/\.acropolis.*\"|\"|g"
"vm03","scsi.0",2147483648,"/st-container-02"
"vm02","scsi.0",2147483648,"/st-container-02"
"vm03","scsi.2",2147483648,"/st-container-03"
"vm04","scsi.0",2147483648,"/st-container-03"
"vm01","scsi.0",17179869184,"/st-container-01"
"vm05","scsi.0",2147483648,"/st-container-03"
"vm03","scsi.1",2147483648,"/st-container-03"

Nutanix CE は、運用手順、コマンドライン、スクリプトの動作確認や試行錯誤などで活用することができます。

以上、メリークリスマスでした。

明日は、Toshihiro Komiya さんです。よろしくお願いします。