NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE の Open vSwitch で追加ブリッジ(br1)を削除してみる。

Nutanix CE の AHV で、Open vSwitch に追加削除したブリッジを削除してみます。今回も、Nutanix CE のバージョンは ce-2018.05.01-stable を利用しています。

初期状態は、下記のように br1 を追加作成していて、物理 NIC を2つでチーミングした状態にしています。

CVM$ manage_ovs show_uplinks
Bridge br1:
  Uplink ports: br1-up
  Uplink ifaces: ens161 ens256

Bridge br0:
  Uplink ports: bond0
  Uplink ifaces: ens192 ens224
 

物理 NIC の構成は下記で、br1 のアップリンクは、2つの 1Gbps NIC でチーミングしています。

CVM$ manage_ovs show_interfaces
  name  mode  link speed
ens161  1000 False  None
ens192 10000  True 10000
ens224 10000  True 10000
ens256  1000 False  None

manage_ovs にはアップリンクのボンドポートを削除するオプションがみつけられなかったのですが、いきなり delete_single_bridge を実行しても、ブリッジにアップリンクがあると削除できません。

CVM$ manage_ovs --bridge_name br1 delete_single_bridge
2018-12-06 13:32:26 ERROR manage_ovs:541 OVS error (192.168.5.1 delete_single_bridge): Bridge br1 still in use by ens161,ens256

そこで、AHV 側の ovs-vsctl でアップリンクを削除してみます。

CVM$ ssh root@192.168.5.1 ovs-vsctl del-port br1 br1-up
FIPS mode initialized
CVM$ manage_ovs show_uplinks
Bridge br1:
  Uplink ports:
  Uplink ifaces:

Bridge br0:
  Uplink ports: bond0
  Uplink ifaces: ens192 ens224

そして、ブリッジ br1 を削除します。

CVM$ manage_ovs --bridge_name br1 delete_single_bridge

br1 が削除され、br0 だけになりました。

CVM$ manage_ovs show_uplinks
Bridge br0:
  Uplink ports: bond0
  Uplink ifaces: ens192 ens224

CVM$ manage_ovs show_bridges
Bridges:
br0

ちなみに、削除したブリッジにひもづく Acropolis の Network があっても、後から削除できるようです。

CVM$ acli net.list
Network name       Network UUID                          Type      Identifier  Subnet
net-br1-vlan-0050  c46d6f43-2091-4cdc-9045-b85264e82fe4  kBridged  50
vlan-0             47226b9d-85b5-46ee-ab05-90274a8554d2  kBridged  0
CVM$ acli net.delete net-br1-vlan-0050
CVM$ acli net.list
Network name  Network UUID                          Type      Identifier  Subnet
vlan-0        47226b9d-85b5-46ee-ab05-90274a8554d2  kBridged  0

以上。