NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE で IPAM 有効なネットワークを作成してみる。

Nutanix CE で、IPAM(IP アドレス管理)が有効な AHV ネットワークを作成してみます。ちなみに、AHV のネットワークは、Prism Element / Prism Central のどちらからでも作成できます。

今回の Nutanix CE は下記。

  • Nutanix CE 5.18(ce-2020.09.16-stable)
  • Prism Central pc.2020.09.16

今回の流れ。

  • Prism Element での AHV ネットワーク作成(IPAM 有効)
  • Prism Central での AHV ネットワーク作成
  • おまけ
続きを読む

Nutanix CE 5.18 で Karbon を有効化してみる。

Nutanix CE 5.18 で Karbon を有効化してみました。Nutanix Karbon は、AHV の Nutanix クラスタに Kubernetes クラスタを作成できるプロダクトです。

今回の環境

Nutanix のソフトウェア

Nutanix CE はインストール&クラスタ作成ずみ、Prism Central デプロイずみです。

  • Nutanix CE 5.18(ce-2020.09.16-stable)※ 1ノードクラスタ
  • Prism Central pc.2020.09.16
  • Karbon 2.0.2(この投稿時点でダウンロード インストールできる最新版。有効化はこれから)
続きを読む

Nutanix Meetup Online 20.12 の仮想スイッチ クイズ(回答編)

Nutanix Meetup Online 20.12 にて、Nutanix CE の仮想スイッチについて話してきました。まとめのかわりの、AHV 仮想スイッチ クイズの回答編です。忘年会などで活用してください。

nutanix.connpass.com

当日の内容はこちら。

続きを読む

Nutanix CE の管理ネットワーク VLAN ID 設定で理解する AHV の仮想スイッチ。

Nutanix Meetup Online 20.12 にて、Nutanix CE の仮想スイッチについて話してきました。

Nutanix AHVは仮想スイッチによるL2ネットワークを提供します。ただ「ウチは一般家庭だからネットワーク機器も少ないしVLAN追加する予定もないし...」と考える方もいると思います。今回はあえてのNutanix CEでのAHVとCVMの管理ネットワークVLAN設定変更をとおし、AHVでの仮想スイッチ活用の仕組みを再確認してみます。

今回の話題は Nutanix CE 5.18 を基本としています。

nutanix.connpass.com

アジェンダはこちら。

  • Nutanix CE(の AHV)と仮想スイッチの関係
  • AHV の仮想スイッチを、もう少し具体的に
    • AHV の仮想スイッチ(外部との通信)
    • AHV の仮想スイッチ(内部の通信)
  • AHV の仮想スイッチを、さらにもう少し具体的に(おまけ)
  • Nutanix CE での管理ネットワーク VLAN ID 変更
  • さいごに、AHV の仮想スイッチ クイズ
続きを読む

Nutanix CE 管理ネットワークの VLAN ID を変更してみる。

AHV と CVM の管理ネットワークで、VLAN ID を変更してみます。例として使用している Nutanix CE のバージョンは 2020.09.16 です。

手順については、AHV のベスト プラクティス ガイドなどが参考になります。

https://portal.nutanix.com/page/documents/solutions/details?targetId=BP-2071-AHV-Networking:top_vlans_for_ahv_hosts_and_cvms.html

今回の流れ。

  • 管理ネットワーク VLAN ID 変更の概要
  • 設定変更前の Nutanix クラスタ停止
  • AHV 管理ネットワークの VLAN ID 変更
  • CVM 管理ネットワークの VLAN ID 変更
  • VLAN ID 変更後の様子
続きを読む

Nutanix CE 5.18 の ISO インストール。(ESXi のネステッド環境)

Nutanix CE 2020.09.16(Nutanix CE 5.18)は、インストーラが USB イメージから、ISO イメージ ファイルに変更されました。今回は ESXi 上の VM(ネステッド環境)でインストールしてみます。

ただし、現時点ではインストール ドキュメントが更新されていないようなので、設定値などは前バージョンまでの経験をもとにしています。

手順は下記のような流れです。

  • ISO イメージ ファイルの入手
  • Nutanix CE VM の作成
    • VM の作成
    • VM の設定変更
    • ISO イメージ ファイルの接続
  • ISO イメージ ファイルでのインストール
  • Nutanix クラスタの作成
  • Prism へのログイン
  • VMware Tools のインストール
続きを読む

Nutanix CE のバージョンアップ。(2019.11.22 → 2020.09.16)

Nutanix CE 2020.09.16 がリリースされたので、ためしに 2019.11.22 からバージョンアップしてみました。

  • 既存環境
  • ソフトウェアの入手
  • 普通にアップデート(これは失敗する)
  • Prism Central の登録解除(と削除)
  • AHV での空き容量の確認 / 容量確保
  • Nutanix CE のアップグレード
  • LCM での AHV のアップグレード
  • AHV の復旧(この環境の場合のみ)
    • 以前の Linux カーネルで起動
    • Open vSwitch Bridge(br0)への NIC 追加
    • AHV のメンテナンスモード解除
  • Prism Central のデプロイ

既存環境

  • Nutanix CE 2019.11.22
  • シングル ノード構成
  • ハードウェア: Intel NUC Gen10(BXNUC10i5FNH)
  • インストール イメージ USB: 8GB
  • ディスク(m.2): 250 GB SSD(SATA)
  • ディスク(2.5"): 500 GB SSD
  • Prism Central 2019.11.22 登録ずみ。
続きを読む

Nutanix API v2 で VM の IP アドレスを取得してみる。(Python)

Nutanix CE で起動する VM の IP アドレスを、Nutanix REST API v2 で確認してみます。あわせて、IPAM 利用の有無によるフィールド情報の違いも見てみます。

以前の投稿 Nutanix API v2 で VM の IP アドレスを取得してみる。 から、少しサンプル スクリプトも改修しています。

続きを読む

Nutanix を Python から操作してみる投稿集。

このブログでの Nutanix CE x Python 関連投稿のまとめページです。

基本的に、投稿時は Python2 を利用しましたが、Python3 でできるはずです。

  • 実行環境の準備
  • クラスタや AHV ホストの情報取得 / 操作
  • VM の情報取得 / 操作
  • 関連ソリューション
続きを読む

Nutanix AHV に手軽に Linux VM を用意する。(REST API & Python3)

このブログで Python での Nutanix REST API を投稿しているので、その Python 実行環境の準備方法も紹介しておきます。

環境は下記です。

  • Nutanix CE: ce-2019.11.22-stable
  • Linux: CentOS 7
  • Python: Python 3.6.8 ※CentOS 7 の Yum リポジトリにあるもの。
続きを読む
©2020 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。