NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE に acli で VM を作成してみる。

Nutanix CE での VM 作成は、一般的には Web UI(Prism)から実施します。この投稿では、あえて CLI でやってみます。Nutanix CE 2019.11.22 を使用しています。

クラスタ設定は ncli で実施ずみで、acli を使用して、ISO ファイルの登録、ネットワークの作成、VM の作成などを実施します。

前回(クラスタの設定)はこちら。

acli は、ncli と同様で、CVM に SSH ログインしてコマンド実行します。

続きを読む

Nutanix CE の Prism 日本語化について。

Nutanix CE は、デフォルトだと英語表示なので、日本語に変更してみます。今回の Nutanix CE バージョンは、2019.11.22 です。

  • ユーザの言語変更
  • ユーザ作成時の言語設定

ユーザの言語変更

Prism の言語は、ユーザごとに設定することになります。Nutanix クラスタを作成した時点では admin ユーザのみなので、ここでは admin でログインしています。

Prism の「Settings」メニューを開きます。

f:id:gowatana:20200315220225p:plain

続きを読む

Nutanix CE を ncli で初期設定してみる。

Nutanix CE のクラスタ作成後の設定は、Prism から実施できます。しかしここでは、あえて CLI で実施してみます。

Nutainx HCI を操作する主要な CLI として ncli と acli があります。どちらも CVM にログインすると実行できる CLI ですが、それぞれ担当範囲が異なります。

  • ncli → おもに Nutanix クラスターの部分。
  • acli → おもに AHV(ハイパーバイザ)の設定。

今回は、ncli の部分です。

続きを読む

ESXi で Nested Nutanix CE を構成してみる。(ce-2019.11.22-stable 対応版)

Nutanix CE を ESXi 6.7 の VM にインストールについて、ひととおりの流れを記載してみます。なお、Nested Nutanix CE 特有の部分を中心に説明して、一般的な Nutanix CE インストールと共通する部分は簡単に済ませています。

★ただし・・・

  • この構成(ce-2019.11.22-stable でネステッド環境)だと、なぜか ゲスト OS がうまく起動できません。ただ、VM が起動できなくても Nutanix クラスタまで用意すれば手順確認などで使い道もあるので、いったん投稿公開しています。
  • ひとつ前バージョンの ce-2019.02.11-stable であれば、ゲスト OS まで起動可です。

今回の環境

  • Nutanix CE のバージョンは、ce-2019.11.22-stable。
  • ESXi 6.7 U3。管理には vCenter Server 6.7 U3 の vSphere Client (HTML5)を使用。
続きを読む

Nutanix CE 環境構築の流れ。(2020 年版)

Nutanix CE の環境構築について、Nutanix CE 上で VM を作成できるようになるまでの流れを、簡単にまとめてみます。

★最近ほかの投稿も見直しているので、それにあわせて、しばらくこのページも随時更新中・・・

続きを読む

acli で VM 削除自動化くん。(Bash スクリプト編)

以前に、acli で AHV 上にある VM の一括削除をしてみました。

しかし、コマンドライン1行での実行だと柔軟性があまりないので、今回は Bash スクリプトを作成して、リスト ファイルにない VM を一括削除してみます。

続きを読む

Prism の Nutanix REST API のリクエスト内容を確認してみる。(Chrome 編)

この投稿は、Nutanix Advent Calendar 2019(3枚目)の 13日目です。

Nutanix REST API でオブジェクトの作成や設定変更などを実施する場合、パラメータを指定した JSON 形式のデータが必要になります。今日は、13日の金曜日なので Prism Element の裏側で REST API の、JSON データを見てみます。
今回は、Google Chrome のデベロッパー ツールを利用します。ちなみに、利用した Google Chrome のバージョンは、「78.0.3904.108(Official Build) (64 ビット)」です。

続きを読む
©2019 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。