NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE むけ acli 踏み台を構築してみる。

Nutanix CE / AHV で acli を利用するときに、通常は CVM に SSH ログインすることになります。自宅ラボ運用を便利にすべく、Linux サーバで acli 踏み台を構築してみました。

まず、SSH 鍵認証で CVM にアクセスできるようにしておきます。

これでパスワードなしで acli が利用できるようになります。

[gowatana@infra-jbox-01 ~]$ ssh -i ntnx-lockdown nutanix@ntnx-n-11-cvm.go-lab.jp /usr/local/nutanix/bin/acli host.list
Nutanix Controller VM
Hypervisor address       Host UUID                             Schedulable  Hypervisor Type  Hypervisor Name
ntnx-n-11-ahv.go-lab.jp  5836f28a-99d4-4fdf-a64e-312617d172da  True         kKvm             AHV
ntnx-n-12-ahv.go-lab.jp  cadb6537-aa8b-421b-b89e-5ab838642417  True         kKvm             AHV
ntnx-n-13-ahv.go-lab.jp  df52e3b3-72b4-4ee1-9a9b-674170f2c603  True         kKvm             AHV

ユーザあたりの Nutanix クラスタが 1つだけの環境にて、さらに工夫してみます。
まず、作成した鍵ファイルを、それらしいディレクトリに移動しておきます。

[gowatana@infra-jbox-01 ~]$ mv ./ntnx-lockdown ~/.ssh/

ホームディレクトリ配下に .ssh/config ファイルを作成し、下記のような設定を追記します。

  • ファイルのパーミッションは 600 にしています。
  • Hostname は Nutanix クラスタの VIP にあたるアドレスです。
  • VIP はノードを移動するので StrictHostKeyChecking no も指定しておきます。
[gowatana@infra-jbox-01 ~]$ ls -l ~/.ssh/config
-rw------- 1 gowatana ldap-users 255 Dec 20 00:35 .ssh/config
[gowatana@infra-jbox-01 ~]$ cat ~/.ssh/config
Host ntnx-n-10.go-lab.jp
  Hostname ntnx-n-10.go-lab.jp
  User nutanix
  IdentityFile ~/.ssh/ntnx-lockdown
  StrictHostKeyChecking no

これで、コマンドラインで「-i」オプションで SSH 鍵ファイルを指定しなくても、パスワードなしで acli が実行できるようになります。

[gowatana@infra-jbox-01 ~]$ ssh ntnx-n-10.go-lab.jp /usr/local/nutanix/bin/acli host.list
Nutanix Controller VM
Hypervisor address       Host UUID                             Schedulable  Hypervisor Type  Hypervisor Name
ntnx-n-11-ahv.go-lab.jp  5836f28a-99d4-4fdf-a64e-312617d172da  True         kKvm             AHV
ntnx-n-12-ahv.go-lab.jp  cadb6537-aa8b-421b-b89e-5ab838642417  True         kKvm             AHV
ntnx-n-13-ahv.go-lab.jp  df52e3b3-72b4-4ee1-9a9b-674170f2c603  True         kKvm             AHV

さらに、ユーザーの .bash_profile に下記を追記して、ログインしなおしてプロファイルを読み直します。

[gowatana@infra-jbox-01 ~]$ cat .bash_profile | tail -n 1
alias acli='ssh -t ntnx-n-10.go-lab.jp /usr/local/nutanix/bin/acli'

そうすると、acli が実行できる Linux サーバのできます。

[gowatana@infra-jbox-01 ~]$ cat /etc/oracle-release
Oracle Linux Server release 7.5
[gowatana@infra-jbox-01 ~]$ acli host.list
Nutanix Controller VM
Hypervisor address       Host UUID                             Schedulable  Hypervisor Type  Hypervisor Name
ntnx-n-11-ahv.go-lab.jp  5836f28a-99d4-4fdf-a64e-312617d172da  True         kKvm             AHV
ntnx-n-12-ahv.go-lab.jp  cadb6537-aa8b-421b-b89e-5ab838642417  True         kKvm             AHV
ntnx-n-13-ahv.go-lab.jp  df52e3b3-72b4-4ee1-9a9b-674170f2c603  True         kKvm             AHV

以上。

©2019 gowatana
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスこの 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。