NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

AHV で Nested Nutanix CE の VM を作成する。

Nutanix AHV でも、ネステド ハイパーバイザが実行できるようになりました。

そこで、Nutanix CE むけの VM をコマンドラインで作成してみます。

事前準備

  • イメージサービスに、Nutanix CE の USB イメージファイルを登録しておく。
  • Nutanix CE にする VM を接続するネットワークを作成しておく。
  • ストレージ コンテナを作成しておく。(default-container-~ でもよい)

CVM のプロンプトは、見やすく「CVM$」にしています。

$ PS1='CVM$ '

Nutanix CE の USB イメージ ファイルは、ディスクイメージとして登録しています。

CVM$ acli image.list
Image name              Image type  Image UUID
ce-2018.05.01-stable    kDiskImage  c08618ce-27be-4070-9918-6ce0757557ab

ネットワークは、あらかじめ VLAN ID 0 のものを作成してあります。

CVM$ acli net.list
Network name  Network UUID                          Type      Identifier  Subnet
vlan-0        18578dd4-795e-434e-a439-52de9080b891  kBridged  0

Nutanix CE にする VM の作成

VM を作成します。

  • 今回の VM 名は「nest-ce-01」です。
  • ネストでハイパーバイザを利用するため、cpu_passthrough=true を設定します。
CVM$ acli vm.create nest-ce-01 num_vcpus=4 memory=22G
CVM$ acli vm.update nest-ce-01 cpu_passthrough=true

vDisk を作成します。USB イメージ ファイル、200GB、500GB の順に作成します。

CVM$ acli vm.disk_create nest-ce-01 clone_from_image=ce-2018.05.01-stable
CVM$ acli vm.disk_create nest-ce-01 create_size=200G container=st-container-01 
CVM$ acli vm.disk_create nest-ce-01 create_size=500G container=st-container-01

vNIC を作成します。モデルは e1000 にします。

CVM$ acli vm.nic_create nest-ce-01 network=vlan-0 model=e1000

VM を起動して、コンソールから Nutanix CE のインストールを進めます。インストール後、CVM へのネットワーク接続もできるはずです。

CVM$ acli vm.on nest-ce-01

ちなみに経験上・・・

  • Nutanix CE のインストールがうまくいかない場合、CVM だけの再インストールで成功することがある。
  • わりとネストの CVM がネットワーク接続できなくなることがあるが、ネスト AHV ごと再起動すれば復活する。

以上。