NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE への Prism Cental デプロイが失敗した時の対処。(acli でのディスク イメージ交換)

Nutanix CE に Prism Central を 1-Click デプロイで失敗した場合の対処については、以前に hanakara_milk さんが投稿されています。

私の環境の Nutanix CE ce-2018.01.31-stable に Prism Central をデプロイして失敗(物理マシンの搭載メモリ容量の都合かも)した場合にも、この対処が役立ちました。

ただ ce-2018.01.31 では、Prism Cental VM を Prism Element から設定変更できなかった(Update がグレーアウト)ので、acli から設定変更しました。その時の手順を残しておきます。

f:id:gowatana:20180503234515p:plain

Prism Central のディスクイメージの登録

あらかじめ、Prism Central のディスクイメージを登録しておきます。

今回は、ce-pc-deploy-2018.01.31.tar に含まれる qcow2 ファイルを下記の名前でイメージ サービスに登録してあります。

  • ce-pc-2018.01.31_boot.qcow2 → ce-pc-2018.01.31_boot
  • ce-pc-2018.01.31_home.qcow2 → ce-pc-2018.01.31_home

ディスク イメージの交換

Prism Central VM は「ntnx-pc01」という名前にしてあります。VM「ntnx-pc01」は停止しておきます。CVM のプロンプトは、見やすく「CVM$」にしています。

CVM$ acli vm.off ntnx-pc01
ntnx-pc01: pending
ntnx-pc01: complete

scsi の vDisk は4つ接続されています。もとのファイルパスを確認しつつディスクイメージを交換します。

CVM$ acli vm.disk_list ntnx-pc01
Device bus  Device index
ide         0
scsi        0
scsi        1
scsi        3
scsi        4

まず、boot の vDisk です。

CVM$ acli vm.disk_get ntnx-pc01 disk_addr=scsi.0
scsi.0 {
  addr {
    bus: "scsi"
    index: 0
  }
  container_id: 4
  container_uuid: "838e56c8-ed16-4dde-91ac-d37b95cb55c4"
  device_uuid: "3336caf7-1720-4c54-a8c1-7354e93b771c"
  source_nfs_path: "/default-container-33013026607952/ce-pc-2018.01.31_boot.img"
  vmdisk_size: 10485760
  vmdisk_uuid: "6d6b68e5-5922-4da1-bc3a-b46e03bc3bcf"
}

交換します。ディスクのアドレスをあわせて vm.disk_delete → vm.disk_create を実行しています。

CVM$ acli vm.disk_delete ntnx-pc01 disk_addr=scsi.0
Delete existing disk? (yes/no) yes
DiskDelete: pending
DiskDelete: complete
CVM$ acli vm.disk_create ntnx-pc01 bus=scsi index=0 clone_from_image=ce-pc-2018.01.31_boot
DiskCreate: pending
DiskCreate: complete
CVM$ acli vm.disk_get ntnx-pc01 disk_addr=scsi.0
scsi.0 {
  addr {
    bus: "scsi"
    index: 0
  }
  container_id: 8873
  container_uuid: "8f5557f5-3fb9-4b99-8f2c-8be7bff3b8db"
  device_uuid: "33a006cf-eb0b-49eb-8b30-c8da4f13efbe"
  source_nfs_path: "/ctr-01/.file_repo/d98f3168-8b4a-4d3d-be03-e5023208ca27"
  vmdisk_size: 10485760
  vmdisk_uuid: "e69d80d0-dd43-4449-a38e-b536533a35e1"
}

home のイメージです。

CVM$ acli vm.disk_get ntnx-pc01 disk_addr=scsi.1
scsi.1 {
  addr {
    bus: "scsi"
    index: 1
  }
  container_id: 4
  container_uuid: "838e56c8-ed16-4dde-91ac-d37b95cb55c4"
  device_uuid: "dacb7e6a-64a4-45e4-b323-5a8ee4768e7a"
  source_nfs_path: "/default-container-33013026607952/ce-pc-2018.01.31_home.img"
  vmdisk_size: 75161927680
  vmdisk_uuid: "79384d83-b39f-4825-b263-d8d65befedb8"
}

同様に交換します。

CVM$ acli vm.disk_delete ntnx-pc01 disk_addr=scsi.1
Delete existing disk? (yes/no) yes
DiskDelete: pending
DiskDelete: complete
CVM$ acli vm.disk_create ntnx-pc01 bus=scsi index=1 clone_from_image=ce-pc-2018.01.31_home
DiskCreate: pending
DiskCreate: complete
CVM$ acli vm.disk_get ntnx-pc01 disk_addr=scsi.1
scsi.1 {
  addr {
    bus: "scsi"
    index: 1
  }
  container_id: 8873
  container_uuid: "8f5557f5-3fb9-4b99-8f2c-8be7bff3b8db"
  device_uuid: "581aa315-87bd-40fb-a9aa-c0798f4386a7"
  source_nfs_path: "/ctr-01/.file_repo/e75055df-ce14-4ff7-a287-a0abd6ac80d5"
  vmdisk_size: 75161927680
  vmdisk_uuid: "f5da53d1-295d-431a-a7f1-2db017864769"
}

メモリ容量の変更

私の環境だと Prism Central がメモリ容量不足で起動できなかったので、メモリ容量も下記のように変更しました。

CVM$ acli vm.update ntnx-pc01 memory=12G
ntnx-pc01: pending
ntnx-pc01: complete

ただしメモリ容量を減らすと、Prism Central の機能には無効化されるものがあります。

f:id:gowatana:20180503235326p:plain

VM の起動

VM を起動して、ディスク イメージ交換のあとの対処をします。

CVM$ acli vm.on ntnx-pc01
ntnx-pc01: pending
ntnx-pc01: complete

以上。