NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE で CVM のメモリ割り当てを製品仕様より下げてみる。

Nutanix CE の CVM は、最小でも 12GBに設定されます。CE の最小要件である 16GB しかメモリ容量がないマシンにインストールすると VM をあまり起動できないので、10GB に下げてみます。(ただし魔改造構成なので UI の使用感をためす程度の利用目的の場合のみに限ったほうがよいです。)

Prism から設定できるメモリ容量

Prism でも、CVM のメモリ容量を設定できます。現状は 12GB です。
(画面は ce-2017-07.20-stable です。)

f:id:gowatana:20171009011209p:plain

設定できる容量は、16GB 以上です。

f:id:gowatana:20171009011301p:plain

設定

AHV に root ユーザでログインします。

[root@NTNX-2d52e41a-A ~]# virsh list
 Id    Name                           State
----------------------------------------------------
 2     NTNX-2d52e41a-A-CVM            running

[root@NTNX-2d52e41a-A ~]# virsh dumpxml 2 | grep -i memory
 <memory unit='KiB'>12582912</memory>
<currentMemory unit='KiB'>12582912</currentMemory>

CVM をシャットダウンします。

[root@NTNX-2d52e41a-A ~]# virsh shutdown 2
Domain 2 is being shutdown

メモリ容量を 10GB(10485760 KiB)に設定して、VM を起動します。

[root@NTNX-2d52e41a-A ~]# virsh setmem 2 --config --size 10485760KiB

[root@NTNX-2d52e41a-A ~]# virsh dumpxml NTNX-2d52e41a-A-CVM | grep -i memory
 <memory unit='KiB'>12582912</memory>
<currentMemory unit='KiB'>10485760</currentMemory> [root@NTNX-2d52e41a-A ~]# virsh setmaxmem NTNX-2d52e41a-A-CVM --config --size 10485760KiB [root@NTNX-2d52e41a-A ~]# virsh dumpxml NTNX-2d52e41a-A-CVM | grep -i memory <memory unit='KiB'>10485760</memory>
<currentMemory unit='KiB'>10485760</currentMemory>

CVM を起動します。Id は、VM を起動するたびに増えていきます。

[root@NTNX-2d52e41a-A ~]# virsh start NTNX-2d52e41a-A-CVM
Domain NTNX-2d52e41a-A-CVM started

[root@NTNX-2d52e41a-A ~]# virsh list
 Id    Name                           State
----------------------------------------------------
 3     NTNX-2d52e41a-A-CVM            running

CVM のメモリ容量が 10GB になりました。

f:id:gowatana:20171009012953p:plain

以上。