読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE の iSCSI と Oracle VM Server。

Nutanix Advent Calendar 2016 の2日目の投稿です。
今回は、 Nutanix と Oracle VM Server を接続してみた話です。

なんと、Oracle VM 3.4 で、Nutanix の iSCSI 接続がサポートされました。
Oracle Linux や Oracle Database なら用途が想像つきますが、Oracle VM Server です。

Hardware Certification List for Oracle Linux and Oracle VM
https://linux.oracle.com/pls/apex/f?p=117:4:::NO::P4_STOR_CERT_ID:1704

「Storage Connect: Generic Plugin Support」なので、Oracle VM の標準的な iSCSI 接続機能で Acropolis Block Services (ABS) の Volume Group に接続できるはずです。

f:id:gowatana:20161202072337p:plain

商用版を持ってないので、試しに Nutanix CE を Oracle VM Server for x86 に接続してみました。

はじめに

Oracle VM では、2つの共有ストレージが必要です。

  • ハイパーバイザの Server Pool 情報もつ、Pool File System。
  • VM や ISO ファイルなどを格納するリポジトリ。

Oracle VM には、Oracle VM Manager / Server がいます。
iSCSI による共有ストレージは、Oracle VM Manager で設定することで、Oracle VM Server が接続します。

  • Oracle VM Manager → 管理サーバ。
  • Oracle VM Server → ハイパーバイザ。

Nutainx クラスタでは、iSCSI 接続先となる Data Service IP アドレスを、クラスタで1つだけ設定できます。

  • 接続先が1つなので iSCSI 接続経路は Nutanix 側、Oracle VM Server 側どちらも、NIC のチーミング / ボンディングになるはずです。(複数ネットワークセグメントは用意しない)

Oracle VM Server から見た様子

Oracle VM Server 3.4.2 です。ちなみに、デフォルトで iSCSI Initiator がインストールされているので、接続設定ではその IQN を指定します。

[root@ovms342-1 ~]# cat /etc/oracle-release
Oracle VM server release 3.4.2
[root@ovms342-1 ~]# cat /etc/iscsi/initiatorname.iscsi
InitiatorName=iqn.1988-12.com.oracle:17a873be3e12
[root@ovms342-1 ~]#

複数のサーバがいる場合は、それぞれ iSCSI Initiator の IQN が異なります。

[root@ovms342-2 ~]# cat /etc/oracle-release
Oracle VM server release 3.4.2
[root@ovms342-2 ~]# cat /etc/iscsi/initiatorname.iscsi
InitiatorName=iqn.1988-12.com.oracle:3a47814e8ace

今回の Volume Group は 2つの vDisk をもち、それぞれ Nutanix クラスタ内の CVM のうちどれかに接続されます。

[root@ovms342-1 ~]# iscsiadm -m session -P1 | egrep "^Target|Portal"
Target: iqn.2010-06.com.nutanix:vg-ntnx-ovm01-8e946e71-391e-4610-aeed-cef349cd2eb0-tgt0 (non-flash)
        Current Portal: 192.168.1.191:3205,1
        Persistent Portal: 192.168.1.195:3260,1
Target: iqn.2010-06.com.nutanix:vg-ntnx-ovm01-8e946e71-391e-4610-aeed-cef349cd2eb0-tgt1 (non-flash)
        Current Portal: 192.168.1.192:3205,1
        Persistent Portal: 192.168.1.195:3260,1

iSCSI 接続した 2つの vDisk は /dev/sdb、/dev/sdc として認識されました。「~NUTANIX_NFS_~」のような名前が見えますが、Oracle VM Server からは iSCSI 接続です。

[root@ovms342-1 ~]# lsblk -l
NAME MAJ:MIN RM  SIZE RO TYPE  MOUNTPOINT
sda    8:0    0   16G  0 disk
sda1   8:1    0  500M  0 part  /boot
sda2   8:2    0 12.2G  0 part  /
sda3   8:3    0    3G  0 part  [SWAP]
sda4   8:4    0  304M  0 part
sdb    8:16   0   15G  0 disk
1NUTANIX_NFS_1_0_867_9137132d_03ba_457c_880d_0fe358f1e080 (dm-0)
     251:0    0   15G  0 mpath /poolfsmnt/0004fb0000050000fd38d1dfa1b696c3
sdc    8:32   0   40G  0 disk
1NUTANIX_NFS_1_0_869_0fc8e6c6_7373_4d35_a47b_abedd7b5223b (dm-1)
     251:1    0   40G  0 mpath /OVS/Repositories/0004fb00000300000bb3996e6150a806
sr0   11:0    1  825M  0 rom

Nutanix CE の Prism から見た様子

ABS で、1つの Volume Group に、2つの vDisk を含めています。

f:id:gowatana:20161202073940p:plain

この Volume Group には、接続する Oracle VM Server の IQN すべてを登録します。

f:id:gowatana:20161202080801p:plain

Oracle VM Manger から接続設定する時に指定する Data Service IP アドレスは、クラスタで 1つだけ設定できます。

f:id:gowatana:20161202080708p:plain

Oracle VM Manager から見た様子

iSCSI Target として Nutanix Cluster を登録するときには、Data Service IP アドレスを指定します。

f:id:gowatana:20161202081005p:plain

Nutanix は NTNX01 という名前をつけて登録しました。これは、SAN Servers として登録されます。
それぞれの vDisk には、自動的に NUTNIX(1)、NUTANIX(2) と名前が付きました。

f:id:gowatana:20161202081117p:plain

Nutanix Cluster を複数の SAN Servers として登録することはできないようなので、今回は 2つの vDisk を 1つの Volume Group にまとめてしまっています。

f:id:gowatana:20161202082203p:plain

Pool File System の共有ストレージには、NUTANIX(1) を割り当ててみました。

f:id:gowatana:20161202081535p:plain

リポジトリには、NUTANIX(1) を割り当ててみました。

f:id:gowatana:20161202081648p:plain

以上。