読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE で OpenStack。Part1: Ravello で環境構築

OpenStack

Nutanix CE での OpenStack 環境構築を構築してみます。
Nutanix では、Acropolis OpenStack サービス VM(OVM)というものを提供しているので、それを使用してみました。

Nutanix Bible 日本語版 - OpenStack

http://nutanixbible.jp/#anchor-openstack-39

いままで入手方法が謎だったのですが、下記のサイトのリンクから DL できてしまった nutanix_openstack-2015.1.0-1.ovm.qcow2 を使用しています。

www.cannybag.com

環境の準備

今回も、Ravello で Nutanix CE On Demand を使用しています。ただし Nutanix CE は 2016.03.13 にバージョンアップしています。

nutanix@NTNX-bb10a8de-A-CVM:10.1.1.11:~$ cat /etc/nutanix/release_version
el6-release-ce-2016.03.13-stable-93b61febe28a6e6140d351ec72c9bcaae107b9ef
nutanix@NTNX-bb10a8de-A-CVM:10.1.1.11:~$ cat /etc/nutanix/svm-version
4.6r11

通常の商用版 Nutanix を使用するのであれば、OVM は Nutanix 上で VM として起動すればよいのですが、今回は 独立した VM としてデプロイしています。
Ravello では、1VM あたりのメモリ容量が 16GB に制限されています。Nutanix CE のインストール要件は満たせるのですが、そのうえで OVM を起動するのは無理のようでした。

OVM のディスクイメージのインポート

ダウンロードした OVM のディスクイメージを、Ravello VM Import Tool で Ravello にアップロードします。

Create a new VM by uploading existing disk files を選択して、「Next」。

f:id:gowatana:20160407211539p:plain

アップロードするディスクイメージを選択して、VM name を入力してから Upload をクリックします。Type は QCOW を選択しています。

f:id:gowatana:20160407211639p:plain

100% になるまで待ちます。

f:id:gowatana:20160407211657p:plain

Ravello の UI にログインすると、先ほど指定した VM name で Library に登録されています。VM として使用するためには、いったん「Edit & Verify VM」をクリックして設定を変更する必要があります。

f:id:gowatana:20160407212025p:plain

設定を編集して「Finish」で保存すると、Library から VM として配置できるようになります。

f:id:gowatana:20160407212245p:plain

OVM を独立した VM としてデプロイ

Ravello で、Nutanix CE と、Nutanix OVM をそれそれ 別の VM として配置しました。
OVM の VM は、下記のような設定をしています。

System の設定

割り当てすぎるとかえって遅くなりそうなので、あえて OVM の要件より少なめにしました。

  • 1 CPU
  • 8GB Memory

Network の設定

  • Device をデフォルトの E1000 から VirtIO に変更します。
    これは、CentOS で eth0 として認識させたいので、AHV に合わせました。
  • Nutanix CE と同じセグメントの IP アドレスを指定。
    ちょっと微妙なところがありますが・・・
  • Gateway、DNS も Nutanix CE のものに合わせます。

Services の設定

  • TCP 22 番ポートの SSH を開放。
  • TCP 443 番ポートの HTTPS を開放。これは Horizon Dashboard 用です。

Nutanix CE のとなりに、Library から OVM の VM を並べています。

f:id:gowatana:20160407224449p:plain

OVM の VM を選択して、System で CPU と メモリ容量を指定しています。

f:id:gowatana:20160408004440p:plain

Network の Devise で VirtIO を選択しています。

f:id:gowatana:20160408003832p:plain

Services では Supplied Services を 2つ設定しています。

f:id:gowatana:20160408004054p:plain

それぞれのメニューで設定を Save したら、「Publish」で起動します。
Optimize for では、Cost ではなく Performance(Nutanix CE OnDemand の推奨) を選択しています。

f:id:gowatana:20160408004640p:plain

5分 ~ 10分くらい待つと、OVM が起動するので Console でアクセスします。

f:id:gowatana:20160408005155p:plain

OVM は CentOS 7 ベースで、root ユーザ(初期状態パスワードは「admin」)でログインできます。この時点では、まだ NW 設定されていないため、コンソールから作業開始します。

f:id:gowatana:20160408005342p:plain

つづく。