NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE でディザスタリカバリ。Part9: Activate した Remote Site からの切り戻し

Nutanix CE で DR 環境を構成して、意図的に Main / DR 両方のサイトがアクティブになってしまっている状態にしてみました。

今回はその状態から、Main サイト側の Nutanix クラスタ(の Protection Domain)のみがアクティブの状態に戻してみます。

Main サイト側 Nutanix で切り戻し準備

ここまでの流れでは、Main 側のクラスタで障害が発生して、DR 側をアクティブにしました。そこで、今回は DR サイト側から Main サイト側への切り替えをしてみます。

Protection Domain を切り替える(Migrate する)ために、すでに Active になってしまっている Migrate 先の Protection Domain(PD) を削除します。PD を削除するためには、その PD に含まれる Local Snapshot と、スナップショットの Schedule を削除しておく必要があります。

Mian サイト「ce-main」クラスタでアクティブになっている PD「dr03」を削除するため、まず Local Snapshot をすべて削除します。

f:id:gowatana:20160406215523p:plain

削除の確認画面で「Yes」。

f:id:gowatana:20160406215734p:plain

そして、Schedule もすべて「×」で削除します。

f:id:gowatana:20160406215915p:plain

これも、削除の確認画面で「Yes」。

f:id:gowatana:20160406215934p:plain

PD「dr03」 も、「× Delete」で削除します。

f:id:gowatana:20160406220057p:plain

削除の確認画面で「Yes」。

f:id:gowatana:20160406220157p:plain

PD が削除されました。

f:id:gowatana:20160406220310p:plain

そして、今回は PD に含まれる VM も削除しておきました。

DR サイト側 Nutanix での、Main サイト側への切り戻し

DR サイト側の Nutanix クラスタ「ce-dr」でアクティブになっている PD「dr03」を Migrate します。宛先の Remote Site は、Main サイトの「ce-main」です。

f:id:gowatana:20160406220510p:plain

DR サイト側の「dr03」は Inactive になり、アイコンも灰色になりました。

f:id:gowatana:20160406220751p:plain

Main サイト側 Nutanix の様子

Main 側には PD「dr03」が自動的に作成されて、アクティブ状態になりました。

f:id:gowatana:20160406221731p:plain

PD は再作成されたものなので、スナップショットの Schedule は何もない状態です。必要に応じて、また作成します。

f:id:gowatana:20160406221913p:plain

PD に含まれる VM も Main サイト側にレプリケーションされて、自動登録されます

ただし、このとき Main サイト側でレプリケーション対象の VM が既に存在していて起動したままだと、DR 側の VM のデータが反映されずに PD が Active になるようです。

以上。しかしつづくかもしれない。