NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE でディザスタリカバリ。Part8: DRサイト側への切り替え(その3)

前回は、Nutanix CE の DR 構成で、あえて Main サイト側をダウンさせて DR サイト側を「Activate」してみました。

今回は、そのまま Main サイトを復旧して、おたがいが Active な状態したらどうなるか見てみます。

Main サイトの復旧

前回に停止した Main サイト側の CVM を起動します。

[root@CE-Ravello-A ~]# virsh list --all
 Id    Name                           State
----------------------------------------------------
 -     NTNX-Ravello-A-CVM             shut off

[root@CE-Ravello-A ~]# virsh start NTNX-Ravello-A-CVM
Domain NTNX-Ravello-A-CVM started

[root@CE-Ravello-A ~]# virsh list
 Id    Name                           State
----------------------------------------------------
 5     NTNX-Ravello-A-CVM             running

しばらくすると、Main サイト側「cd-main」クラスタの Prism にログイン可能になり、Remote Site(DR サイト側)への Test Connection も OK になります。

f:id:gowatana:20160406073837p:plain

このとき、DR 側の Protection Domain がアクティブになっているのですが、復旧した Main サイト側の Protection Domain も、停止前と同様にアクティブになっています。

f:id:gowatana:20160406074153p:plain

Main サイトで Snapshot を取得してみる

ためしに、DR サイト側にレプリケーションするために Main サイト側で Snapshot を取得してみました。

f:id:gowatana:20160406074424p:plain

Local Snapshots として、ID 2777 のスナップショットが取得されました。 

f:id:gowatana:20160406074518p:plain

しかし Remote Snapshots には、ID 2777 が表示されません。

f:id:gowatana:20160406074703p:plain

Alerts タブを見ると、Protection Domain が Remote Site 側でアクティブとなっていることが検知されているようです。

f:id:gowatana:20160406075102p:plain

Main サイト側で、DR サイトへの切り替え(Migrate)をしてみる

ためしに Main サイト側から、すでにアクティブの DR サイト側に Migrate 実行してみました。

f:id:gowatana:20160406075535p:plain

期待通り、ダメでした。

f:id:gowatana:20160406075735p:plain

DR サイト側で、Main サイトへの切り替え(Migrate)をしてみる

逆に、Activate ずみの DR サイトから、復旧してアクティブになっている Main サイトへの Migrate を実行してみました。

f:id:gowatana:20160406080023p:plain

やはり、対向側がアクティブであることを検知してるようで、失敗します。

f:id:gowatana:20160406080051p:plain

Protection Domain 2か所でアクティブになった場合には、それぞれ独立して、間違って Migrate できないようになっているようです。この状態になった場合は、Migrate 先の Protection Domain を削除してから Migrate を実行すると、切り替えることができました。

つづく・・・