読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE でディザスタリカバリ。Part7: DRサイト側への切り替え(その2)

DR

前回、Nutanix CE の DR 構成で、DR サイトへの切り替えを「Migrate」で試してみました。ただし、これは Main サイト側とDR サイト側と、どちらも正常な状態で切り替えるケースです。

今回は同様の構成で、Main サイトの Nutanix CE が停止した時の切り替えっぽいDR 側での「Activate」を試してみます。

切り替え(Activate)実行前の状態

前回と同様のクラスタ名を使用しています。クラスタ名は Prism の左上に表示されているので、これで Main / DR どちら側の Prism なのか見分けられます。

  • Main サイト側の Nutanix クラスタ名: ce-main
  • DR サイト側の Nutnaix クラスタ名: ce-dr

Main サイト側 Nutanix CE

VM (vm01 と vm02)が起動している状態です。

f:id:gowatana:20160405214115p:plain

レプリケーションの単位となる、Protection Domain 「dr03」も Main サイト側でアクティブ(緑色)になっています。そして、起動中の VM 2台をレプリケーション対象にしています。

f:id:gowatana:20160405214244p:plain

DR サイト側 Nutanix CE

DR サイト側の Nutanix CE には、VM が登録されていません。

f:id:gowatana:20160405214630p:plain

Main サイト側がアクティブなので、DR サイト側の Protection Domain「dr03」は灰色になっています。

f:id:gowatana:20160405214643p:plain

DR サイト側で Acrivate 実行

Main サイトの強制停止

まず、Main サイトを障害っぽい状態にするために、Main サイト側の Nutanix CE で、CVM を停止しました。

AHV にログインして、

[root@CE-Ravello-A ~]# virsh list
 Id    Name                           State
----------------------------------------------------
 2     NTNX-Ravello-A-CVM             running
 3     e9c78de6-c83a-4f14-a500-5fb7d1627d07 running
 4     de1cc723-9561-47bd-97d8-02daefbaa609 running
 

CVM の VM を

[root@CE-Ravello-A ~]# ps -ef | grep NTNX-Ravello-A-CVM
qemu      1042     1 99 18:57 ?        01:55:31 /usr/libexec/qemu-kvm -name NTNX-Ravello-A-CVM -S -machine pc-i440fx-rhel7.1.0,accel=kvm,usb=off,mem-merge=off -cpu host,+kvm_pv_eoi -m 12288 -realtime mlock=off -smp 2,sockets=2,cores=1,threads=1 -uuid 040e4121-f14c-42e5-955f-0898d0671c63 -no-user-config -nodefaults -chardev socket,id=charmonitor,path=/var/lib/libvirt/qemu/NTNX-Ravello-A-CVM.monitor,server,nowait -mon chardev=charmonitor,id=monitor,mode=control -rtc base=utc -no-shutdown -boot menu=off,strict=on -device piix3-usb-uhci,id=usb,bus=pci.0,addr=0x1.0x2 -device virtio-scsi-pci,id=scsi0,bus=pci.0,addr=0x5 -drive file=/var/lib/libvirt/NTNX-CVM/svmboot.iso,if=none,id=drive-ide0-1-0,readonly=on,format=raw -device ide-cd,bus=ide.1,unit=0,drive=drive-ide0-1-0,id=ide0-1-0,bootindex=1 -drive file=/dev/disk/by-id/scsi-0QEMU_QEMU_HARDDISK_disk0,if=none,id=drive-scsi0-0-0-0,format=raw,cache=none,aio=native -device scsi-hd,bus=scsi0.0,channel=0,scsi-id=0,lun=0,drive=drive-scsi0-0-0-0,id=scsi0-0-0-0,vendor=ATA,product=QEMU HARDDISK -drive file=/dev/disk/by-id/scsi-0QEMU_QEMU_HARDDISK_disk1,if=none,id=drive-scsi0-0-0-1,format=raw,cache=none,aio=native -device scsi-hd,bus=scsi0.0,channel=0,scsi-id=0,lun=1,drive=drive-scsi0-0-0-1,id=scsi0-0-0-1,vendor=ATA,product=QEMU HARDDISK -netdev tap,fd=20,id=hostnet0,vhost=on,vhostfd=21 -device virtio-net-pci,netdev=hostnet0,id=net0,mac=52:54:00:06:3e:e5,bus=pci.0,addr=0x3 -netdev tap,fd=22,id=hostnet1,vhost=on,vhostfd=23 -device virtio-net-pci,netdev=hostnet1,id=net1,mac=52:54:00:d8:a7:d0,bus=pci.0,addr=0x4 -chardev file,id=charserial0,path=/tmp/NTNX.serial.out.0 -device isa-serial,chardev=charserial0,id=serial0 -vnc 127.0.0.1:0 -device cirrus-vga,id=video0,bus=pci.0,addr=0x2 -device virtio-balloon-pci,id=balloon0,bus=pci.0,addr=0x7 -msg timestamp=on
root     11414 10924  0 20:17 pts/0    00:00:00 grep --color=auto NTNX-Ravello-A-CVM

停止します。

[root@CE-Ravello-A ~]# kill -9 1042
[root@CE-Ravello-A ~]# ps -ef | grep NTNX-Ravello-A-CVM
root     11698 10924  0 20:19 pts/0    00:00:00 grep --color=auto NTNX-Ravello-A-CVM

1 Node クラスタなので、このままクラスタは停止します。
CVM が停止して、ほかの UVM (vm01 と vm02 にあたる)も停止します。

[root@CE-Ravello-A ~]# virsh list --all
 Id    Name                           State
----------------------------------------------------
 3     e9c78de6-c83a-4f14-a500-5fb7d1627d07 running
 4     de1cc723-9561-47bd-97d8-02daefbaa609 running
 -     NTNX-Ravello-A-CVM             shut off

[root@CE-Ravello-A ~]# virsh list --all
 Id    Name                           State
----------------------------------------------------
 -     NTNX-Ravello-A-CVM             shut off

Prism から見た様子

Main サイトの Prism は、そこそこ操作できますが、エラーになります。
当然ながら、ブラウザをリロードするとアクセスできなくなります。

f:id:gowatana:20160405215648p:plain

DR サイト側では、Remote Site(Main サイト)への Test Connection が「×」になります。

f:id:gowatana:20160405215923p:plain

DR サイト側での Activate

少し待つと、DR サイト側の Prism でもエラーが表示されるようになりましたが、
Protection Domain「dr03」はまだ灰色です。
Main 側が ダウンしていて、当然ながら Main サイトからの 「Migrate」 が実行できないので、DR サイト側で「Activate」を実行します。

f:id:gowatana:20160405220337p:plain

Protection Domain を Activate するか確認されるので「Yes」。

f:id:gowatana:20160405220551p:plain

Protection Domain「dr03」が Active になり、アイコンが緑色になりました。

f:id:gowatana:20160405220716p:plain

Protection Domain に含まれていた VM が、DR サイト側の Nutanix クラスタに登録されました。手動で Power on することができます。

f:id:gowatana:20160405220958p:plain

まだつづく。