読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

ストレージコンテナに ISO ファイルを配置してみる。(NFS でコピー)

VM にゲスト OS を新規インストールするべく、ISO ファイルを使えるようにしてみようと思います。

Nutanix CE でローカルディスクに ISO を配置してみます。

  1. ローカルディスクをストレージプールとして認識させる。
  2. ストレージプールに、ストレージコンテナを作成する。
  3. ISO ファイルを NFS 経由で転送。(というかコピー)
  4. VM に ISO ファイルを接続。

今回も CLI を使ってみます。

ストレージプールの作成

すでに ncli を起動した状態です。

ストレージプールを作成して、ローカルディスクを追加します。

ncli> storagepool create name=st-pool-01 add-all-free-disks=true

    ID                        : 0005209d-156f-ecec-1a81-005056a0097d::3883
    Name                      : st-pool-01
    Disk Count                : 5
    Disk Ids                  : 0005209d-156f-ecec-1a81-005056a0097d::21, 0005209d-156f-ece
c-1a81-005056a0097d::22, 0005209d-156f-ecec-1a81-005056a0097d::23, 0005209d-156f-ecec-1a81-
005056a0097d::31, 0005209d-156f-ecec-1a81-005056a0097d::32
    ILM Threshold             : 75%
    Capacity (Physical)       : 1.63 TiB (1,796,769,514,904 bytes)
    Used (Physical)           : 0 bytes
    Free (Physical)           : 1.63 TiB (1,796,769,514,904 bytes)

ストレージコンテナの作成

ストレージプールに、ストレージコンテナを作成します。

ncli> container create name=cont-iso sp-name=st-pool-01

    ID                        : 0005209d-156f-ecec-1a81-005056a0097d::3885
    Name                      : cont-iso
    Storage Pool ID           : 0005209d-156f-ecec-1a81-005056a0097d::3883
    Free Space (Logical)      : 836.69 GiB (898,384,757,452 bytes)
    Used Space (Logical)      : 0 bytes
    Allowed Max Capacity      : 836.69 GiB (898,384,757,452 bytes)
    Used by other Containers  : 0 bytes
    Explicit Reservation      : 0 bytes
    Thick Provisioned         : 0 bytes
    Replication Factor        : 2
    Oplog Replication Factor  : 2
    NFS Whitelist Inherited   : true
    Container NFS Whitelist   :
    VStore Name(s)            : cont-iso
    Random I/O Pri Order      : SSD-PCIe, SSD-SATA, DAS-SATA
    Sequential I/O Pri Order  : SSD-PCIe, SSD-SATA, DAS-SATA
    Compression               : off
    Fingerprint On Write      : none
    On-Disk Dedup             : none
    Erasure Code              : off

ISO ファイルの転送

ストレージコンテナに、NFSマウントを許可するホワイトリストの設定をします。

今回は、192.168.1.0/24 のネットワークからのマウントを許可しています。

ncli> container add-to-nfs-whitelist name=cont-iso ip-subnet-masks=192.168.1.0/255.255.255.0

    ID                        : 0005209d-156f-ecec-1a81-005056a0097d::3885
    Name                      : cont-iso
    Storage Pool ID           : 0005209d-156f-ecec-1a81-005056a0097d::3883
    Free Space (Logical)      : 837.69 GiB (899,458,499,276 bytes)
    Used Space (Logical)      : 0 bytes
    Allowed Max Capacity      : 837.69 GiB (899,458,499,276 bytes)
    Used by other Containers  : 0 bytes
    Explicit Reservation      : 0 bytes
    Thick Provisioned         : 0 bytes
    Replication Factor        : 2
    Oplog Replication Factor  : 2
    NFS Whitelist Inherited   : false
    Container NFS Whitelist   : 192.168.1.0/255.255.255.0
    VStore Name(s)            : cont-iso
    Random I/O Pri Order      : SSD-PCIe, SSD-SATA, DAS-SATA
    Sequential I/O Pri Order  : SSD-PCIe, SSD-SATA, DAS-SATA
    Compression               : off
    Fingerprint On Write      : none
    On-Disk Dedup             : none
    Erasure Code              : off

適当な Linux で、ストレージコンテナをマウントして、ISO をコピーします。

[root@sv01 ~]# mount 192.168.1.190:/cont-iso /mnt
[root@sv01 ~]# ls /mnt
[root@sv01 ~]# df -h /mnt
Filesystem          サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
192.168.1.190:/cont-iso
                      838G     0  838G   0% /mnt
[root@sv01 ~]# cp -p photon-1.0TP2.iso /mnt/
[root@sv01 ~]# umount /mnt/

CVM 側では、nfs_ls コマンドでファイルが配置されたことが確認できます。

nutanix@NTNX-e6c2498c-A-CVM:192.168.1.191:~$ nfs_ls -l
/cont-iso:
-rw------- 1 0 0 Sep 27 11:31 961488896 photon-1.0TP2.iso

nutanix@NTNX-e6c2498c-A-CVM:192.168.1.191:~$ nfs_ls -l /cont-iso
-rw------- 1 0 0 Sep 27 11:31 961488896 photon-1.0TP2.iso

VM に ISO 接続

VM に vDisk 追加するときに、ISO ファイルを指定します。

<acropolis> vm.disk_create vm01 bus=ide cdrom=true container=cont-vm-01 clone_from_nfs_file=/cont-iso/photon-1.0TP2.iso
DiskCreate: complete

 

以上。