読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NTNX>日記

個人的な趣味による Nutanix Community Edition 日記。Japanese のみですみません。

Nutanix CE セットアップをコマンドラインで。(ncli パート)

Nutanix CE のクラスタ構成後の設定を、コマンドラインで実施してみます。

ncli と、acli を使用します。お互いに担当範囲が違います。

  • ncli → 主に CVM の設定。Nutanix 特有の部分。
  • acli → 主に Acropolis (KVM)ハイパーバイザの設定。

 今回は、ncli の部分です。

ncli の起動

ncli は、CVM に nutanix ユーザでログインして「ncli」コマンドで起動します。

  • そのままオプションなどを続けて「ncli ~」と実行することができる。
  • 「nci」とだけ実行すると「ncli>」プロンプトになり、対話形式で実行できる。

SSH で CVM に接続している場合は、ncli を対話形式で実行するとタイムアウトによる自動切断を避けることができ、TABキーによるコマンド補完ができるようになります。おちついて操作したい場合は対話モードが便利です。

対話モードを実行すると、下記のような感じになります。
※この例は、以降の実行例とはちがう Nutanix 環境ですが・・・

nutanix@NTNX-60373d86-A-CVM:192.168.1.191:~$ ncli

Welcome, admin
You're now connected to 3874503399472936091 (Unnamed) at 127.0.0.1

ncli>

参照 DNS サーバの設定

この DNS の設定だけは必須です。
このあとWeb インターフェース(Prism) で初回ログインするときに、オンラインライセンスがあるためです。

今回は、DNS サーバを1台だけ(自宅内の 192.168.1.254)参照させています。

ncli> cluster add-to-name-servers servers=192.168.1.254

    Name Servers              : 192.168.1.254

クラスタの仮想 IP アドレスの追加

クラスタの IP アドレスを指定します。
この IP アドレスを指定してアクセスすると、クラスタ内の CVM に接続できます。
この IP がなかったとしても リアル IP で CVM 接続は可能です。

設定しておくと、今後 CVM に接続してコマンドライン操作するときや、ストレージコンテナに接続してファイル転送をするときなどに指定できるため、便利になると思います。

ncli> cluster set-external-ip-address external-ip-address=192.168.1.190

    Cluster ID                : 00051fb6-0f4c-6f9c-4b44-005056a06e18::5423460196311658008
    Cluster Uuid              : 00051fb6-0f4c-6f9c-4b44-005056a06e18
    Cluster Name              : Unnamed
    Cluster Version           : 2015.07.16
    External IP Address       : 192.168.1.190
    Node Count                : 4
    Block Count               : 4
    Support Verbosity Level   : BASIC_COREDUMP
    Lock Down Status          : Disabled
    Shadow Clones Status      : Enabled
    Password Remote Login ... : Enabled
    Timezone                  : America/Los_Angeles
    Cluster Domain            :
    Has Self Encrypting Disk  : no

クラスタ名の設定

クラスタに名前を付けます。

クラスタを識別しやすくなります。
たとえば、クラスタからのアラートメールの件名にクラスタ名が記載されます。

ncli> cluster edit-params new-name=ntnx-ce

    Cluster ID                : 0005209d-156f-ecec-1a81-005056a0097d::1909808062032513405
    Cluster Uuid              : 0005209d-156f-ecec-1a81-005056a0097d
    Cluster Name              : ntnx-ce
    Cluster Version           : 2015.07.16
    External IP Address       : 192.168.1.190
    Node Count                : 3
    Block Count               : 3
    Support Verbosity Level   : BASIC_COREDUMP
    Lock Down Status          : Disabled
    Shadow Clones Status      : Enabled
    Password Remote Login ... : Enabled
    Timezone                  : Asia/Tokyo
    Cluster Domain            :
    Has Self Encrypting Disk  : no

タイムゾーン設定

自宅が日本なので、Asia/Tokyo にします。

ncli> cluster set-timezone timezone="Asia/Tokyo"

    Cluster ID                : 00051fb6-0f4c-6f9c-4b44-005056a06e18::5423460196311658008
    Cluster Uuid              : 00051fb6-0f4c-6f9c-4b44-005056a06e18
    Cluster Name              : Unnamed
    Cluster Version           : 2015.07.16
    External IP Address       : 192.168.1.190
    Node Count                : 4
    Block Count               : 4
    Support Verbosity Level   : BASIC_COREDUMP
    Lock Down Status          : Disabled
    Shadow Clones Status      : Enabled
    Password Remote Login ... : Enabled
    Timezone                  : Asia/Tokyo
    Cluster Domain            :
    Has Self Encrypting Disk  : no

参照 NTP サーバの設定

時刻同期の設定です。

ncli> cluster add-to-ntp-servers servers=192.168.1.254

    NTP Servers               : 192.168.1.254

ストレージプールの作成

 ストレージプールを作成します。Nutanix 環境でディスクをあつかうときには、まずストレージプールというものを作成してローカルディスクを追加します。

ncli> storagepool create name=st-pool-01 add-all-free-disks=true

    ID                        : 0005209d-156f-ecec-1a81-005056a0097d::3883
    Name                      : st-pool-01
    Disk Count                : 5
    Disk Ids                  : 0005209d-156f-ecec-1a81-005056a0097d::21, 0005209d-156f-ece
c-1a81-005056a0097d::22, 0005209d-156f-ecec-1a81-005056a0097d::23, 0005209d-156f-ecec-1a81-
005056a0097d::31, 0005209d-156f-ecec-1a81-005056a0097d::32
    ILM Threshold             : 75%
    Capacity (Physical)       : 1.63 TiB (1,796,769,514,904 bytes)
    Used (Physical)           : 0 bytes
    Free (Physical)           : 1.63 TiB (1,796,769,514,904 bytes)

ストレージコンテナの作成

そして、ストレージプールに、ストレージコンテナを作成します。

今回は、ISO 配置用、VM 配置用として 2つ作成してみました。
まず、ISO 配置用です。

ncli> container create name=cont-iso sp-name=st-pool-01

    ID                        : 0005209d-156f-ecec-1a81-005056a0097d::3885
    Name                      : cont-iso
    Storage Pool ID           : 0005209d-156f-ecec-1a81-005056a0097d::3883
    Free Space (Logical)      : 836.69 GiB (898,384,757,452 bytes)
    Used Space (Logical)      : 0 bytes
    Allowed Max Capacity      : 836.69 GiB (898,384,757,452 bytes)
    Used by other Containers  : 0 bytes
    Explicit Reservation      : 0 bytes
    Thick Provisioned         : 0 bytes
    Replication Factor        : 2
    Oplog Replication Factor  : 2
    NFS Whitelist Inherited   : true
    Container NFS Whitelist   :
    VStore Name(s)            : cont-iso
    Random I/O Pri Order      : SSD-PCIe, SSD-SATA, DAS-SATA
    Sequential I/O Pri Order  : SSD-PCIe, SSD-SATA, DAS-SATA
    Compression               : off
    Fingerprint On Write      : none
    On-Disk Dedup             : none
    Erasure Code              : off

VM を配置するべく、もう一つコンテナを作成してみます。

ncli> container create name=cont-vm-01 sp-name=st-pool-01

    ID                        : 0005209d-156f-ecec-1a81-005056a0097d::3887
    Name                      : cont-vm-01
    Storage Pool ID           : 0005209d-156f-ecec-1a81-005056a0097d::3883
    Free Space (Logical)      : 836.69 GiB (898,384,757,452 bytes)
    Used Space (Logical)      : 0 bytes
    Allowed Max Capacity      : 836.69 GiB (898,384,757,452 bytes)
    Used by other Containers  : 0 bytes
    Explicit Reservation      : 0 bytes
    Thick Provisioned         : 0 bytes
    Replication Factor        : 2
    Oplog Replication Factor  : 2
    NFS Whitelist Inherited   : true
    Container NFS Whitelist   :
    VStore Name(s)            : cont-vm-01
    Random I/O Pri Order      : SSD-PCIe, SSD-SATA, DAS-SATA
    Sequential I/O Pri Order  : SSD-PCIe, SSD-SATA, DAS-SATA
    Compression               : off
    Fingerprint On Write      : none
    On-Disk Dedup             : none
    Erasure Code              : off

つづく。

Nutanix CE セットアップをコマンドラインで。(acli パート)